吾妻鏡入門第十二巻  

建久三年壬子(1192)各頁のを押すとこの頁へ戻ります

建久三年(1192)正月 永福寺の工事始まる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)二月 摩々局早川から遊びに来る。上総五郎兵衛尉忠光を梟首す・・・・・・・・・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)三月 十三日後白河法皇逝去。山内に於て百ケ日の温室有り・・・・・・・・・・・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)四月 常陸入道姉に生ませたご落胤(七歳)を京都へ行かせるよう乳母夫を決める・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)五月 ご落胤を仁和寺へ送り出す。多賀重行金剛丸泰時の前を乗打ちして所領没収・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)六月 本領安堵の下し文を政所下し文に取り替える・ご落胤貞暁仁和寺へ入坊・・・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)七月 12日征夷大将軍に任命される。26日に勅旨来る三浦介義澄受領の使者をする・読下し・現代語完了

建久三年(1192)八月 五日将軍家政所始めをする。千葉介常胤は頼朝の直判を欲しがる、9日実朝誕生読下し・現代語完了

建久三年(1192)九月 畠山重忠永福寺で一丈の庭石を動かす。常陸大掾氏解体・義時朝宗女を嫁とり・読下し・現代語完了

建久三年(1192)十月 政子、実朝を連れて幕府へ帰る・永福寺に総門を立て、仏壇の後壁に仏画を描く読下し・現代語完了

建久三年(1192)十一月 熊谷次郎直実、久下權守直光と境争論で頭へ着て出家する・・・・・・・・・読下し・現代語完了

建久三年(1192)十二月 走湯山住侶專光房、直実の京都行きを思いとどませる・・・・・・・・・・・読下し・現代語完了

十三巻へ

吾妻鏡入門第十二巻  

inserted by FC2 system