吾妻鏡入門第八巻文治四年戊申(1188)

正月 佐野基綱の巌谷不動下の家火災。人屋数十類焼。
二月 奇怪島を攻め終えた天野藤内遠景、鎌倉へ帰還する
三月 東大寺再建の重源から、援助と材木の供出依頼
四月 後白河法皇、地頭撤退を強く申し入れてくる
五月 天野遠景等喜界島占領。宇都宮信房勲功にて領地を取り返す
六月 大姫田植え祭り。後白河法皇、地頭撤退をしつこく
七月 加々美信濃守遠光の娘「大二局」参上。頼家鎧着けの儀式
八月 岡崎義實、波多野義景の領地を奪おうとし裁判に負ける
九月 大弐局、頼朝対面。城長茂許されるが面会作法を知らず恥かく
十月 鶴岡に警固の詰所設置、奥州の泰衡に義経追討の宣旨を再発行
十一月 大庭平太景能狐の祟りで、父の墓を荒らされる
十二月 義経追討の院宣使、鎌倉へ来る。頼朝走湯山へ参る

九巻へ

inserted by FC2 system