吾妻鏡入門第十一巻建久二年辛亥(1191)

正月 伊達常陸入道念西の女大進局、頼朝落胤貞曉を産み京都へ
二月 八幡宮裏に氷室を作らせる。雪ノ下の地名の由来
三月 小町から出火八幡宮も幕府も全て焼ける頼朝涕泣
四月 八幡宮上の宮へ引越しする
五月 佐々木定綱次男叡山と騒動神鏡破壊で僧兵に殺される
六月 幕府の南門を建てる。一条能保女兼実息に嫁
七月 火事燃え御所寝殿対の屋御厩等完成、盛長家から引越
八月 大庭景能保元乱の為朝とのやり取りを語る。
九月 頼朝大倉観音堂へ 稲村ガ崎で小笠駆け  牧方上洛
十月 法住寺殿修理請負進行 大姫辛苦 大江広元明法博士辞任
十一月 大姫複本 牧方鎌倉へ下向 駿河守廣綱逐電の意味
十二月 鶴岡神事用のお神楽を習わせる。法住寺殿の修理を終える
閏十二月 時政脚気で伊豆へ療養。左大臣實定薨去。後白河法皇病気

十二巻へ

inserted by FC2 system