吾妻鏡入門第十三巻建久四年癸丑(1193)

正月 東大寺修理料米を送る。三浦介義澄身内の離散をこぼす
二月 丹と兒玉が闘争に及ばんを畠山次郎重忠止める
三月 狩慣れの名人を集めるため信濃へ 武蔵入間野に於て狩をする
四月 那須野で狩、上州新田へ行く 佐々木定綱流罪を解かれる
五月 曾我兄弟の仇討ち、富士の夜襲 兄弟&工藤祐経
六月 虎御前出家して善光寺 八田知家大掾家をだます
七月 頼朝、小坪へ納涼に行く。門覚の横領に怒る
八月 源參河守範頼伊豆へ流される
九月 頼朝、大姫の病気平癒に岩殿寺と杉本寺へ
十月 佐々木左衛門尉定綱流罪を解かれ薩摩から帰る
十一月 安田義資、景季妾に聴講中に艶文を投げ梟首
十二月 安田遠江守義定の所領、當國淺羽庄地頭職収公

十四巻へ

inserted by FC2 system