吾妻鏡入門第十七巻建仁元年(正治三年)辛酉(1201)

正月 頼家の的始めと椀飯 御所で般若心経会
二月
 越後平氏城長茂蜂起するが宣旨をえず 改元
三月
 越後平氏 城長茂滅ぶ。千葉介常胤卒
四月
 越後平氏 城小太郎資盛越後で蜂起す佐々木盛綱追討に
五月
 城資盛の姨母、坂額御前活躍するが足に矢を受ける
六月
 坂額御前鎌倉へ連行。阿佐利義遠願って板額を嫁に
七月
 頼家百日の蹴鞠を始め 豊嶋朝經土佐の守護に任命
八月
 台風で鎌倉中被害にあう 鶴岡の回廊八足門倒れる
九月
 頼家蹴鞠に夢中、闘犬を飼う 泰時取巻きに諫言を
十月
 泰時頼家の怒りを警戒し伊豆へ下向 回廊八足門上棟
十一月
 蹴鞠、佐々木経高入道頼朝の月忌供養を政子参加
十二月
 頼家左衛門督を辞 佐々木経高領地を少し返還

建仁二年壬戌(1202)

正月 新田義重卒大地震頼家蹴鞠に夢中政子に怒られ中止
二月
 頼家正三位に。政子義朝の沼間の宅を寿福寺に寄付
三月 京の舞女微妙父を探しに鎌倉へ、頼家の漁色から政子が守る
四月 掃部頭親能の亀谷の屋敷で蹴鞠をするが風が強くて
五月 頼家早川庄を中分し総地頭土肥遠平を退け箱根神社へ寄付
六月 政子蹴鞠を見る 鼓判官知康時連の名をけなし政子怒る
七月 頼家、伊豆へ狩猟に七泊八日
八月 舞女微妙父の死に堪らず出家、彼氏の古郡怒って坊主を叩く
九月 伊豆駿河へ狩猟に行き、新田四郎忠常の宅に遊ぶ
十月 頼家御所に松を立てさせる行景良悪を云って御家人怒る
閏十月 頼家守護人の新しい雑務要求を禁じる
十一月 善哉(公暁)初めて八幡宮へお参りをする
十二月 鷹場見の帰りに鼓判官知康古井戸に落ち小袖廿を貰う

建仁三年(1203)癸亥

正月 頼家の子一万八幡宮へお参り、巫女の占いで継げないと
二月 実朝八幡宮へお参り八幡宮に前に焼けた五重塔を建るか
三月 八幡宮と永福寺で一切経供養。頼家にわかに病気すぐ治る
四月 河野通信もとの河野水軍支配許可の御教書を賜はる
五月 阿野全定謀反容疑で逮捕妻阿波局を要求するが政子断る
六月 駿河の狩で和田胤長新田忠常洞穴へ 阿野全成誅さる
七月 八幡宮で鳩が死ぬ頼家にわかの病気阿野全成の息誅さる
八月 相続を頼家息一幡と千幡(実朝)とに分ける
九月 比企能員暗殺され、比企一族滅亡す

十八巻へ

inserted by FC2 system