吾妻鏡入門第十八巻建仁三年癸亥(1203)

序文 土御門院 摂政左大臣良経 摂政左大臣家実 順徳院 実朝 紹介
九月 実朝関東の長者将軍宣下。頼家修善寺へ流される
十月 実朝元服(十二)武蔵の御家人に北条時政への忠誠を命じる
十一月 頼家修善寺から近習を呼んで、安達景盛殺要求手紙を
十二月 政子、八幡宮五重塔再建を止める

元久元年(建仁四年)甲子(1204)二月廿日改元

正月 正月行事初詣弓始め二所詣での精進但し義時代参
二月 実朝由比ガ浜で小笠懸遠笠懸をみる政子逆修を四方田地頭停止
三月 伊賀平氏挙兵平賀武藏守朝雅に討伐命令畿内御家人へも命令
四月 伊勢平氏挙兵平賀朝雅の攻撃で三日で平定三日平氏の乱
五月 平賀朝雅伊勢守護に 実朝頼朝の発給文書を集め写し
六月 実朝愛染明王三十三体供養 伊勢平氏討伐追賞時政裁決
七月 頼家修善寺で殺される 実朝将軍の直裁を始める
八月 実朝足利義兼娘の縁談を断る 石清水領地頭撤退
九月 頼朝法華堂別当房に盗人、昼間の法事の布施を盗られる
十月 坊門信清の娘を嫁とりに若者京へ出発 地頭前例を守るべし
十一月 北條時政嫡男政範京都への途中で死亡 平賀朝雅と畠山重保口論
十二月 坊門姫到着 政子観音図供養す 姫の家来に地頭職付与

元久二年乙丑(1205)

正月 実朝正五位下に叙任
二月 実朝右中将の叙書到着
三月 坊門から扇三十本櫛箱届く 勝長寿院領菅生庄二分別当供僧に
四月 佐々木太郎定綱卒 稲毛重成は北條時政に呼ばれ鎌倉へ
五月 御家人鎌倉へ集る
六月 畠山重忠二俣川に没 稲毛重成榛谷重朝三浦に殺される
七月 政子、重忠討伐の勲功をおこなう
閏七月 北條時政出家伊豆 河野通信伊予水軍守護管理停止復活
八月 宇都宮頼綱謀反発覚 宇都宮出家の上鎌倉へ陳謝
九月 新古今和歌集京都から 山内經俊伊勢伊賀守護の返補嘆願書
十月 比叡山放火で炎上
十一月 政子綾小路娘(稲毛重成孫)を呼び寄せ 相馬次郎師常卒
十二月 政子公暁を鶴岡別当尊曉に弟子入させる 二階堂行村上総奉行に

建永元年(元久三年)丙寅(1206) 四月廿七日改元

正月 頼朝から拝領の地は、大罪以外は取上げないと決定
二月 実朝名越えに雪見で和歌の会 後鳥羽上皇百座仁王経を命ず
三月 実朝従四位下に叙任 もずの鷹狩を見て喜ぶ
四月 二十七日建永元年と改元
五月 加藤太光員祭主大中臣に伊勢の領地を訴えられるが却下
六月 公暁着袴の儀  実朝相撲を見る
七月 伊勢平氏の乱の不参御家人の取上げた領地を理由があれば返す
八月 放生会、翌日の流鏑馬は大雨で夜まで延びた
九月 記事なし
十月 公暁実朝の猶子に 朝時(名越)元服(数え十三)
十一月 東重胤実朝の呼出しに応ぜず怒られる 佐々木義C御出奉行に
十二月 東平太重胤義時にとりなしてもらい門下の忠節を誓う

承元元年(建永二年)丁卯(1207) 十月廿五日改元

正月 実朝数え十六歳。從四位上に敍さる。時房武蔵守に任
二月 八幡宮神人横領により注意指導、時房武蔵国先例重視を命じられる
三月 桜梅の木を永福寺から移植。武蔵野開発を命じる
四月 実朝病にかかるが一週間で治る
五月 端午の節句の八幡宮のお祭り
六月 天野遠景恩賞要求 冷害 御室紀伊土民高野山領狼藉の訴え
七月 幕府の西の対の屋、大風で転倒
八月 実朝放生会の供奉人の行粧の華美を諌め吾妻四郎出仕停止処分
九月 掃部入道寂忍中原親能近江謀反人盤五家次を鎌倉へ連行
十月 若宮大路で火事 掃部頭親能京都へ帰る
十一月 改元の勅書到来 伊勢小幡村地頭停止 願成就院に塔建立
十二月 義時の御蔭で吾妻四郎御所で青鷺を矢で生け捕り出仕許可

十九巻へ

inserted by FC2 system