吾妻鏡入門第十九巻承元二年戊辰(1208)

正月 実朝十七歳。三善善信の家火事書庫が焼けてがっくり
二月 実朝疱瘡を患うが月末までに治る
三月 政子新調の法服を八幡宮の坊さんにあげる
四月 八幡宮境内に神宮寺建立決定坊門忠清熊野詣に馬を要求
閏四月 小野義成卒 京都で十二町四方焼ける
五月 兵衛尉C綱、実朝に京都での競馬流鏑馬の様子を披露
六月 実朝鶴岡の坊主に雨乞いの祈りをさせ翌日雨ふる
七月 八幡宮境内に神宮寺棟上 永福寺阿弥陀堂で供養
八月 放生会欠席翌日の流鏑馬ご覧 里見の相続具申
九月 熊谷直家父熊谷直實の終末予告を受け立会いに京都へ
十月 東平太重胤京都への奉公から帰り熊谷直實最後を語る
十一月 出雲大社検校に内蔵孝元推薦 柏木家次息子のおかげで免許
十二月 中原親能卒 実朝正四位下に 政子熊野山から帰る

承元三年己巳(1209)

正月 実朝十八歳。神宮寺で初めて修正月会鬼走りを始める
二月 鷲宮の神殿が鳴動する
三月 高野山大塔が本所の備後国大田庄の年貢で相論
四月 八幡宮神宮寺で夏安居を始める 実朝従三位任官
五月 和田義盛上総国司職を望む 土屋宗遠梶原家茂を殺害
六月 土屋三郎宗遠家茂殺害を申出る 源近利雅楽師に加わる
七月 実朝和歌を住吉社へ奉納、他の和歌を定家に評価を求む
八月 定家和歌に合点を加え返し、口伝をよこす
九月 三井寺明王院の僧正公胤鎌倉へ来る
十月 僧正公胤、頼朝法華堂で供養の導師をしのち帰洛
十一月 実朝諸国守護の有方の検討提案 義盛の上総国司に良い返事
十二月 美作朝親小鹿嶋公業喧嘩 実朝頼朝時代の補任を聞く

承元四年庚午(1210)

正月 実朝十九歳。元日八幡宮詣でを復活但し代参
二月 月初めと月末に火事、阿弖川庄の地頭湯淺宗光安堵状受領
三月 高陽院殿の馬塲御所燒失 武蔵国の田文を作らせる
四月 大庭平太景能卒 坊門院崩御
五月 畠山重忠後家に喝命所安堵 三浦三崎へ逍遥 後鳥羽上皇熊野詣
六月 土肥と河村先祖の武勲で喧嘩 政子日向薬師へ参拝
七月 公暁の母出家 新任上総守の代官乱暴狼藉
八月 善光寺の地頭停止 政子実朝流鏑馬を見る
九月 熊野鳥居禅尼の養子への相続認める 彗星出現
十月 地震 御牧を興隆を命じる 彗星の変異にお祈り
十一月 前九年合戦絵巻を京都から取り寄せる 和田合戦の予告
十二月 後鳥羽上皇の命により土御門天皇が順徳天皇へ譲位

建暦元年(承元五年)辛未(1211) 三月九日改元

正月 実朝二十歳。正三位に叙す。美作權守に任。
閏正月 時房亭火事 永福寺から梅を御所へ移植
二月 実朝承元二年の疱瘡以来初めて八幡宮へ参拝
三月 九日改元 承元五年を建暦元年とする
四月 永福寺で不如帰が鳴いたというので出かけるが聞こえず
五月 三浦義村の小笠原牧奉行停止。平泉戦利品の縫ずの帷子を見る
六月 実朝御不例 訴訟の雑掌殺害 東海道に新宿設置を命じる
七月 地震 貞観政要を讀む 政子と嫁一緒に日向薬師へ
八月 放生会欠席、但し舞楽と流鏑馬は見物する
九月 頼家の子善哉出家して公暁となり京都へ仏教修行に行く
十月 鴨長明来る法華堂に和歌を書く 朝廷の滝口建物意味も無く転倒
十一月 政子金銅藥師三尊を供養 実朝貞観政要の談義を終了
十二月 義盛上総国司希望取下げ 実朝駿河武蔵越後の大田文整理を命ず

廿巻へ

inserted by FC2 system