吾妻鏡入門第二十巻建暦二年(1212)壬申

正月 椀飯義時大江 大須賀胤信調度役を辞退し勘気を蒙る
二月 実朝相模川の橋を迷信を担がず修理するよう命じる
三月 三崎へご遊覧 前浜を屋地として御家人に与える
四月 実朝病気、君恩父徳に報いん為大倉郷に一寺を作事
五月 朝時女官に夜這いして勘当され、駿河へ蟄居 洪水
六月 御所の警備兵が乱闘して配流に 仏舎利を手にする
七月 乱闘の穢れから侍所を破却し寿福寺に寄付する
八月 鷹狩を禁止する 平塚の片岡前鳥の二社を祈願所に
九月 津料川手の通行税を地頭の反対で停止できず
十月 大慈寺建設を賢覧 縁起を作る 鶴岡に羽蟻飛散
十一月 梶原景高の子荻野景継誤って常燈を消し出家
十二月 鎌倉の中で騒ぎが起こる 謀反人と予感している

廿一巻へ

inserted by FC2 system