吾妻鏡入門第廿五巻承久三年辛巳(1221)三寅(四歳)

正月 初雪雷鳴の祈祷三善善信の宅火事重要書類燒失
二月 七条院三条御所放火により燒失犯人探しに町野康俊上洛
三月 政子夢想により伊勢大神宮へ波多野朝定代参する
四月 雹降る 波多野朝定戻る後鳥羽院急に順徳天皇に譲位をせまる
五月 後鳥羽院が軍勢催促 政子関東御家人を叱咤激励 泰時上洛
六月 承久の乱勃発関東軍圧倒的勝利公家は捕虜に武士は斬罪
七月 朝廷側の後藤基C、佐々木廣綱等の御家人公卿処刑
八月 坊門忠C源光行許される加藤次景廉三善善信卒
九月 朝廷の勝利を祈った坊主神主は流罪 定雅八幡宮別当に
十月 泰時合戦の死者を弔う伽藍建立 乱張本人秀康秀澄逮捕
十月 土御門院土佐へ配流日吉の祢宜成茂夢の告げで許さる
十一月 義時の妻方違えの後、三条局邸で女児出産
十二月 讃岐中将嫁の義時の娘懐妊 義時室薬師如来像供養

廿六巻へ

inserted by FC2 system