吾妻鏡入門第廿九巻天福元年(貞永二年)癸巳(1233) 四月十五日改元

正月 垸飯時房泰時朝時の順、泰時頼朝法華堂で上らず供養
貞永二年(1233)二月大 欠
貞永二年(1233)三月大 欠
四月 大風前の出興返済は利子五割 将軍夫婦卯花撫子で連歌
五月 端午節句和歌 在京御家人統制 補陀落渡海 近衛基通死
六月 西園寺家本家分家諍い 杵築大社神主狼藉により入替え
七月 大風前の出興返済利子を西国にも徹底 前齋宮利子内親王入内
八月 放生会 前浜で殺人、諸道路を固め名越で犯人博打打確保
九月 頼経の姉藻壁門院懐妊死産で死亡 仏事費用御家人に割当て
十月 京都への使者戻り葬儀の次第報告 藤原定家出家す
十一月 毛利季光評定衆に選任 事務方評定所泊込に褒美
十二月 北条實泰の長男實時、急に元服 泰時が烏帽子親

文暦元年(天福二年)甲午(1234) 十一月五日改元

正月 椀飯一日時房二日泰時三日は御行き始めで泰時邸へ
二月 京都の北野天満宮燒失 これで三回目
三月 竹御所懐妊 泰時孫の經時元服 阿闍梨隆弁鎌倉下向
四月 泰時の請願として大般若経を書写する
天福二年(1234)五月 欠
六月 狩野為光評定衆参加 實泰小侍所別当辞任泰時扶持にて実時就任
七月 奉行から正義の起請文をとる 竹御所死産脳乱死す
八月 經時臨時の小侍所別当に 家令尾藤景綱死 平盛綱任命
天福二年(1234)九月 欠
天福二年(1234)十月 欠
十一月 前伊賀守里見義成死す(七十八)
十二月 将軍頼経、正三位に叙され、中納言辞す

嘉禎元年(文暦二年)乙未(1235) 九月十九日改元

正月 五大堂明王院の門の木造り始め 鎌倉中の僧徒の武装禁止
二月 五大堂の堂建立 大工に褒美 御所南面で涅槃経論議
三月 五大堂に鐘楼建立
四月 摂政九条教實死 政務は父の道家が。二階堂行久喪の使者
五月 九条教實の喪に参じた二階堂行久京都から帰る
六月 五大堂明王院の鐘を鋳損じ鋳直す 開眼供養 六月祓えは閏に
閏六月 結城朝光一月で評定衆辞任 起請後の効果喪失条件決定
七月 虚偽の境相論は所領没収 犯罪人の処分大番役の規定決定
八月 鎌倉に居た楽人多好方、道家の招請により京都へ上洛
九月 頼朝法華堂の湯屋失火 諏方盛重の破壊消火で 類焼を逃る 改元
十月 将軍家陸奥出羽按察使任命 京都に疱瘡 四条天皇も罹病
十一月 将軍家御不例 将軍頼経従二位に 京都で大嘗会
十二月 平家合戦没収の宇佐神領を少返す 将軍家疱瘡 春日社神木入洛

卅巻へ

inserted by FC2 system