吾妻鏡入門第卅四巻仁治二年辛丑(1241)

正月 垸飯吉書弓始め 四条天皇元服 弓場にて遠笠懸小笠懸を
二月 天変出現 地震二日で五度 二所詣で 上野国で境相論 兄弟は惣領に
三月 地震 前浜から失火大火事 海野幸氏と武田信光境相論 大仏殿上棟式
四月 大地震 六浦道造作開始 武田信光謝罪 博打所領没収 囚人逃亡弁償
五月 馬を強盗,問注所奉行怠慢,博打は没収 六浦道工事 佐藤業時奇怪で流罪
六月 佐々木信綱遁世 一般訴訟は御教書を奉行人奉書に 囚人預人逃げりゃ罰
七月 泰時病気 経時・時頼八幡宮に泰時の息災を祈る 泰時病気治る
八月 放生会へ出発に剣が抜け落ち走湯神社へ奉納 北斗堂開眼供養
九月 承久の乱の表彰漏れに文書 細工への褒美 洛中に篝火 経時狩猟に
十月 大流星 群盗興福寺に潜伏か 武蔵野水田開発犯土 亀谷で盗人騒ぎ
十一月 博打禁止 武蔵野開発発行 御家人の京都在住禁止 三浦と小山喧嘩
十二月 過差禁止 時頼一村拝領 多摩川水田開発 武田信光倅を義絶で落前

欠落

仁治三年(1241)1 9日 四条天皇12才没(とわずがたりに有り)
仁治三年(1241)115日 新成敗式目発布
仁治三年(1241)120日 後嵯峨天皇即位
仁治三年(1241)228日 将軍頼経剣を厳島神社に奉納
仁治三年(1241)3 3日 勝長寿院僧の乱闘事件
仁治三年(1241)6月   豊後府中にて市中墓禁止令(やぐらに理由つけ)
仁治三年(1241)610日 關東申し次の女西園寺嬉子後嵯峨天皇の女房に。以後初女房は西園寺家からとなる。
仁治三年(1241)615日 泰時 60才 死去
仁治三年(1241)78日 すでに死んでいる顕徳院を後鳥羽院と改める。鎌倉の使者、隠岐の土を京都へ帰してやる。
仁治三年(1241)7月   九条道家(頼経父)置き文を書く(沢山)
仁治三年(1241)9月   順徳院 佐渡で死亡

卅五巻へ

inserted by FC2 system