吾妻鏡入門 

氏名出演一覧 氏名は、訓読みの五十音順にしております。                                                                    

皇室・将軍  公卿武家の あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら・わ行雜色・庶民・神主 僧侶・他国人

愛甲小太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

愛甲小太郎同三郎21巻建暦3年(1213)5月6日

愛甲小太郎同五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

愛甲左衛門21巻建暦3年(1213)5月6日

愛甲左衛門同太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

愛甲季隆(三郎)第1巻治承4年(1180)12月20日。第2巻養和2年(1182)4月5日、寿永1年(1182)6月7日3巻寿永3年(1184)3月18日、4月1日5巻文治1年(1185)10月24日。8巻文治4年(1188)1月6日。11巻建久2年(1191)3月13日、9月21日。12巻建久3年(1192)1月5日。13巻建久4年(1193)5月8日・15日・28日、11月27日。14巻建久5年(1194)8月8日、閏8月1日、10月9日、11月21日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月12日、8月16日。18巻建仁3年(1203)10月9日18巻建仁3年(1203)10月9日、建仁4年(1204)2月12日、元久2年(1205)6月22日。19巻承元5年(1211)1月9日。20巻建暦2年(1212)1月11日。31巻嘉禎3年(1237)7月19日

粟飯原小次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

粟飯原太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

粟飯原藤五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

藍沢二郎5巻文治1年(1185)10月9日

青木重光(兵衛尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

青木重元(兵衛五郎)脱漏嘉禄3年(1227)5月23日

青木真道(丹五)10巻建久1年(1190)11月7日、15巻建久6年(1195)3月10日

青栗四郎21巻建暦3年(1213)2月16日

青栗七郎21巻建暦3年(1213)2月15日

青根三郎25巻承久3年(1221)6月18日

縣左近将監25巻承久3年(1221)6月18日

縣佐藤四郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

吾妻助光(四郎)18巻建仁4年(1204)1月10日、建永2年(1207)8月17日、承元1年(1207)12月3日。19巻承元3年(1209)1月6日

吾妻太郎15巻建久6年(1195)3月10日

吾妻八郎2巻養和2年(1182)1月28日、

秋田致文(三郎)9巻文治5年(1189)8月7日・13日

赤兄(左大臣)4巻元暦2年(1185)6月21日

赤頭9巻文治5年(1189)9月28日

赤田次郎(泰衡郎従)9巻文治5年(1189)8月10日、9月6日

阿加田澤小太郎10巻建久1年(1190)11月7日

安芸権守→範高

安芸宗内左衛門尉25巻承久3年(1221)6月3日

安芸右馬助31巻嘉禎2年(1236)8月4日

章貞(明法博士)4巻元暦2年(1185)4月26日

章貞(六位尉)4巻元暦2年(1185)6月23日

明定(?坂上カ)18巻元久1年(1204)4月1日

秋葉小三郎32巻嘉禎4年(1238)1月20日

明政(官人・検非違使)20巻建暦2年(1212)7月8日。21巻建暦3年(1213)3月6日

秋葉小三郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

明基(志)4巻元暦2年(1185)6月23日

秋本左衛門次郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

飽間太郎18巻元久2年(1205)6月22日

秋山光朝(太郎、加々美)第1巻治承4年(1180)10月19日、4巻元暦2年(1185)1月6日

悪路王9巻文治5年(1189)9月28日

朝夷名義秀(三郎)16巻正治2年(1200)9月2日。21巻建暦3年(1213)4月27日、5月2日・3日・4日・6日。31巻嘉禎3年(1237)4月19日

阿坂余三10巻建久1年(1190)11月7日

安積左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

安積祐長(六郎左衛門尉)31巻嘉禎2年(1236)8月4日、31巻嘉禎3年(1237)4月22日。32巻嘉禎4年(1238)2月22日・28日

浅沼二郎→阿曽沼廣綱

浅沼廣綱(四郎)→阿曽沼廣綱

淺羽三郎(遠江)10巻建久1年(1190)11月7日

淺羽庄司三郎15巻建久6年(1195)3月10日

羽宗信(庄司)第2巻治承5年(1181)3月13日、14日、第2巻治承5年(1181)4月卅日、4巻元暦2年(1185)6月9日、4巻元暦2年(1185)7月2日、6巻文治2年(1186)4月21日、以上三人同人の可能性あるか

淺羽行長(五郎)9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日

淺羽行光(小三郎)7巻文治3年(1187)8月15日、10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

朝日判官代25巻承久3年(1221)6月3日

浅見實高(太郎・阿佐美)9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日、15巻建久6年(1195)3月10日

浅海公久(橘六)18巻元久2年(1205)閏7月29日

浅海光達(新三郎)18巻元久2年(1205)閏7月29日

浅海頼季(太郎)18巻元久2年(1205)閏7月29日

阿佐美六郎兵衛尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

淺利遠義→長義(冠者)信濃守9巻文治5年(1189)6月9日、7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日、7月28日。14巻建久5年(1194)2月2日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月10日・12日、5月20日

浅利知義(太郎)脱漏嘉禄2年(1226)5月4日・16日

阿佐利義遠(与一)17巻正治3年(1201)6月29日

足洗四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

足利有綱(七郎)寿永2年(1183)2月23日、28日

足利忠綱(太郎)寿永2年(1183)2月23日(又太郎)25日、9月7日19巻承元4年(1210)9月11日

足利七郎五郎10巻建久1年(1190)11月7日

足利七郎四郎10巻建久1年(1190)11月7日

足利七郎太郎5巻文治1年(1185)10月24日、10巻建久1年(1190)11月7日

足利親成(太郎)14巻建久5年(1194)11月21日

足利俊綱(太郎、藤性足利氏)第1巻治承4年(1180)9月卅日、10月13日、寿永2年(1183)9月7日13日、

足利長氏(五郎)15巻建久6年(1195)3月10日、5月15日。27巻安貞2年(1228)7月23日、10月15日、寛喜1年(1229)9月17日、10月22日、12月10日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日・9日、嘉禎3年(1237)4月19日・22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月28日、6月5日

足利秀康(淡路守・右馬助)22巻建保4年(1216)3月22日

足利秀康(能登守藤性・上と同一人カ?)25巻承久3年(1221)6月3日・5日・6日・8日・12日・14日・15日・25日、10月12日・16日

足利秀能(大夫尉・出羽守)22巻建保4年(1216)3月22日

足利盛家(内藤六藤性足利氏)4巻元暦2年(1185)1月6日

足利泰氏(新丹後守・宮内少輔)31巻嘉禎2年(1236)12月11日、嘉禎3年(1237)1月2日、4月19日・22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日、2月7日・23日・28日、6月5日

足利義氏(上総三郎・前武蔵守・陸奥守・左馬頭)18巻元久2年(1205)6月22日。21巻建暦3年(1213)5月2日・3日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日24巻建保7年(1219)1月27日、7月19日、承久2年(1220)5月20日、12月1日。25巻承久3年(1221)5月19日・22日・25日、6月5日・13日・14日。26巻承久4年(1222)1月1日・2日、2月6日、貞応3年(1224)6月10日・26日、9月5日。脱漏嘉禄1年(1225)12月29日。28巻寛喜3年(1231)2月11日。31巻嘉禎2年(1236)1月23日、3月9日、4月19日。32巻嘉禎4年(1238)2月9日17日

足利義兼(冠者、蔵人、上総介)第1巻治承4年(1180)12月12日。第2巻治承5年(1181)2月1日、養和1年(1181)11月5日、養和2年(1182)1月3日、4月5日。3巻元暦1年(1184)5月1日、8月6日、8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、6月7日、文治1年8月24日、29日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)6月11日。7巻文治3年(1187)12月16日。8巻文治4年(1188)1月6日、20日、3月15日。9巻文治5年(1189)7月19日、9月18日。10巻文治6年(1190)1月13日、2月11日・12日(上総前司)、建久1年8月3日。11巻建久2年(1191)1月28日、2月4日、7月28日、8月1日、8月6日・18日・15日。12巻建久3年(1192)11月25日、12月5日。13巻建久4年(1193)一月1日、5月8日・16日・29日、9月11日。14巻建久5年(1194)1月1日、2月2日8月8日、閏8月1日、10月18日、11月13日・14日、12月26日、15巻建久6年(1195)1月1日・13日、3月9日・10日・12日、5月20日。18巻元久1年(1204)8月4日

足利義兼妻(政子妹)7巻文治3年(1187)12月16日

足利義兼息女18巻元久1年(1204)8月4日

足利義房(判官代)治承4年(1180)5月26日、

葦敷重義(三郎)第2巻治承5年(1181)2月12日、

葦名為清(法師、為保の父)6巻文治2年(1186)6月9日

葦名為保(北面)6巻文治2年(1186)6月9日

蘆原小次郎16巻正治2年(1200)1月20日

飛鳥井雅経(二条中将)21巻建暦3年(1213)8月17日

梓刑部丞13巻建久4年(1193)8月18日

按察局4巻元暦2年(1185)3月24日、4月11日

麻生胤国(平太)14巻建久5年(1194)8月20日

阿曽沼親綱(小次郎)15巻建久6年(1195)3月10日、5月20日

阿曽沼朝綱(次郎・広綱と同一人らしい)25巻承久3年(1221)6月6日

阿曾沼広綱(浅沼次郎、浅沼四郎・民部丞)寿永2年(1183)2月23日3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日。5巻文治1年(1185)10月24日。9巻文治5年(1189)7月19日。13巻建久4年(1193)5月8日(浅沼)。23巻建保6年(1218)7月8日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)6月6日(朝綱)・18日

阿曽沼六郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

阿多忠景(平権守)7巻文治3年(1187)9月22日

安達景盛(弥九郎・左衛門尉・出羽城介・秋田城介・入道)16巻建久10年(1199)7月16日・20日、8月18日・19日・20日、10月27日・28日、正治2年(1200)2月26日。18巻建仁3年(1203)10月8日(左衛門尉)、11月6日・15日、12月14日(右)、元久2年(1205)2月17日、6月22日、8月7日、建永2年(1207)1月22日、3月3日。19巻承元4年(1210)9月11日、建暦1年(1211)7月8日。20巻建暦2年(1212)8月27日。21巻建暦3年(1213)2月2日・16日・25日、8月20日・26日。22巻建保2年(1214)2月3日、建保3年(1215)1月11日、4月2日、11月8日。23巻建保6年(1218)3月16日、6月27日、7月8日、10月27日、11月25日。24巻建保7年(1219)1月24日・27日・28日(出家)。25巻承久3年(1221)1月27日、5月19日、6月5日・7日

安達景盛の妾女16巻建久10年(1199)7月16日・20日・26日

安達C恒(新三郎)3巻元暦1年(1184)8月3日6巻文治2年(1186)2月27日、3月1日、閏7月29日。9巻文治5年(1189)9月8日。11巻建久2年(1191)6月9日、7月11日。13巻建久4年(1193)6月25日。15巻建久6年(1195)2月8日、8月29日

足立九郎21巻建暦3年(1213)1月3日

足立太郎15巻建久6年(1195)3月10日

安達親長(足立源三左衛門尉)16巻正治2年(1200)1月24日、2月20日9月25日、11月7日。25巻承久3年(1221)6月12日・14日

足立親成(十郎太郎)5巻文治1年(1185)10月24日

足立遠親(木工助)31巻嘉禎2年(1236)7月25日

足立遠元(右馬允・藤原・左衛門尉)第1巻治承4年(1180)10月2日、8日、養和2年(1182)4月5日。3巻元暦1年(1184)6月1日、8月28日、10月6日。4巻元暦2年(1185)4月13日、6月7日。5巻文治1年(1185)9月5日、10月24日。6巻文治2年(1186)1月3日、28日、12月1日。7巻文治3年(1187)8月15日、9月9日。8巻文治4年(1188)3月15日、7月10日・15日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月19日。10巻建久1年(1190)4月11日、11月7日・11日・29日、12月1日(前右馬允)・11日(左衛門尉)。11巻建久2年(1191)6月9日、8月18日。12巻建久3年(1192)11月25日。13巻建久4年(1193)3月13日。14巻建久5年(1194)2月2日、8月8日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月10日、4月15日、5月20日、8月15日。16巻建久10年(1199)4月2日、6月30日10月28日。18巻建仁3年(1203)10月9日、11月15日、12月14日、元久2年(1205)1月1日、建永2年(1207)3月3日

足立遠元の女18巻元久2年(1205)6月22日

足立八郎18巻建仁3年(1203)10月10日、元久2年(1205)1月1日

足立木工助32巻嘉禎4年(1238)2月17日

足立元氏(三郎)27巻安貞2年(1228)7月23日、8月13日。28巻貞永1年(1232)閏9月10日

足立元春(八郎・兵衛尉)20巻建暦2年(1212)2月23日。21巻建暦3年(1213)1月3日。22巻建保4年(1216)3月26日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日、承久1月19日

安達盛長(藤九郎)第1巻治承4年(1180)6月24日、7月10日、8月4日、17日、20日、23日、9月4日、9日、10月23日、12月12日、20日、22日。第2巻養和2年(1182)1月3日第3巻壽永3年(1184)4月1日、元暦1年(1184)7月16日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)1月2日、8月20日、10月23日、12月1日。7巻文治3年(1187)4月4日。8巻文治4年(1188)3月15日。9巻文治5年(1189)6月9日・29日、7月19日、8月18日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)3月4日・13日、6月9日、7月28日。12巻建久3年(1192)8月9日・11日、11月5日・29日。14巻建久5年(1194)1月8日、2月2日閏8月22日、10月17日、12月1日・2日。15巻建久6年(1195)1月4日、3月10日、12月22日。16巻建久10年(1199)4月2日(蓮西)、8月19日・20日、10月24日・27日・28日。18巻元久2年(1205)閏7月20日

安達義景(城太郎・秋田城介)脱漏嘉禄3年(1227)3月27日。27巻安貞2年(1228)3月9日、6月26日、7月23日・24日・25日、10月15日、寛喜1年(1229)10月22日、寛喜2年(1230)2月19日。28巻寛喜3年(1231)10月19日、貞永1年(1232)閏9月10日。29巻天福2年(1234)7月26日。30巻文暦2年(1235)1月3日・21日、6月29日。31巻嘉禎2年(1236)1月2日、嘉禎3年(1237)3月9日、4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日、2月17日・28日、6月5日

あつさ(梓)の新大夫6巻文治2年(1186)3月27日

敦助(本府生)10巻建久1年(1190)12月1日

敦久19巻承元2年(1208)5月29日

敦通(右近衛次将)21巻建暦3年(1213)3月6日

阿野四郎24巻承久1年(1219)9月22日

阿野全成(醍醐・阿野上総・法橋)第1巻治承4年(1180)8月26日、10月1日、11月19日、17巻建仁3年(1203)5月19日・20日・25日、6月23日(死)、7月25日。24巻建保7年(1219)2月15日

阿野全成の妻→阿波局

阿野時元(冠者)24巻建保7年(1219)2月15日・19日・22日・23日(死)

安野頼高(次郎)24巻建保7年(1219)2月22日

阿野頼全(全成子・安野三郎入道)17巻建仁3年(1203)6月24日、7月25日(死)。24巻建保7年(1219)2月22日

阿波局12巻建久3年(1192)8月9日

あひこの三郎21巻建暦3年(1213)5月6日

あひこの三郎同四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

安陪有道26巻貞応3年(1224)6月6日。脱漏嘉禄1年(1225)11月15日、12月17日

安倍家氏32巻嘉禎4年(1238)9月1日

安陪家秀26巻貞応2年(1223)9月10日

安陪清貞(雅楽助)28巻貞永1年(1232)閏9月10日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安倍清基32巻嘉禎4年(1238)9月1日

安陪國継(大舎人権助)脱漏嘉禄3年(1227)4月12日・13日・29日、9月9日、11月16日。27巻安貞2年(1228)5月22日・25日、安貞3年(1229)3月1日、寛喜1年(1229)5月21日、寛喜2年(1230)6月6日・14日、11月13日。28巻貞永1年(1232)5月17日。29巻嘉禎1年(1235)12月18日・20日・26日。30巻文暦2年(1235)12月18日・20日・26日。31巻嘉禎2年(1236)6月26日、7月10日、8月3日、嘉禎3年(1237)6月22日。32巻嘉禎4年(1238)9月1日

安陪國道(陰陽権助・朝臣)25巻承久3年(1221)11月3日。26巻承久4年(1222)2月12日、貞応1年(1222)4月26日、8月20日、12月12日、貞応2年(1223)11月30日、12月20日、貞応3年(1224)3月14日、4月28日、6月6日・12日、元仁1年(1224)12月2日・26日。脱漏嘉禄1年(1225)5月1日・6日、6月2日・21日、8月2日、10月4日・13日・20日・27日、11月15日・20日、12月2日・9日・18日・20日、嘉禄2年(1226)8月7日、11月2日。31巻嘉禎2年(1236)8月3日(故)

安陪惟範(左京亮・天文博士・陰陽頭)18巻建永2年(1207)6月29日。27巻安貞2年(1228)5月21日。32巻嘉禎4年(1238)2月22日、閏2月13日・15日

安倍貞任(厨川次郎)第1巻治承4年(1180)10月12日、3巻元暦1年(1184)11月23日、9巻文治5年(1189)9月2日・6日・18日・27日、12巻建久3年(1192)4月3日。13巻建久4年(1193)3月25日

安陪定昌(権暦博士)31巻嘉禎2年(1236)7月10日、8月5日

安陪重氏(備中大夫)29巻嘉禎1年(1235)12月27日。30巻文暦2年(1235)12月27日

安陪成光28巻寛喜3年(1231)4月28日

安陪重宗(右京亮・前左京亮)25巻承久3年(1221)1月22日、12月3日。26巻貞応1年(1222)4月26日、11月25日、貞応2年(1223)2月27日、9月10日、11月19日、貞応3年(1224)6月6日、10月16日。脱漏嘉禄1年(1225)6月2日、10月27日、嘉禄2年(1226)11月3日、4月29日、嘉禄3年(1227)11月18日・23日、安貞1年(1227)12月13日。27巻安貞2年(1228)10月30日、安貞3年(1229)3月1日、寛喜2年(1230)6月6日・14日。28巻寛喜3年(1231)4月28日、10月6日、11月9日、貞永1年(1232)5月17日、閏9月10日、10月2日

安陪重宗(陰陽大夫・散位)26巻貞応2年(1223)9月10日。嘉禄3年(1227)3月27日、4月13日

安倍季尚31巻嘉禎3年(1237)5月29日

安倍季弘(掃部頭)3巻元暦1年(1184)8月20日、3巻元暦1年(1184)9月28日、11巻建久2年(1191)12月24日。31巻嘉禎3年(1237)5月29日

安部資兼11巻建久2年(1191)5月12日

安陪資允17巻正治3年(1201)9月22日

安陪資俊(大膳亮・掃部大夫)29巻文暦2年(1235)6月30日、嘉禎1年(1235)12月20日・27日。30巻文暦2年(1235)3月18日、6月30日、7月8日・11日、9月24日、10月2日、12月20日・27日。31巻嘉禎3年(1237)3月30日、4月23日、5月15日

安倍資成第2巻治承5年(1181)2月9日

安陪資光(陰陽頭・朝臣)24巻承久1年(1219)12月29日

安部資元(主計頭)16巻建久10年(1199)3月6日、6月8日。19巻承元4年(1210)6月20日、10月12日。31巻嘉禎3年(1237)5月29日

安倍C明第1巻治承4年(1180)10月9日、

安陪忠尚(陰陽権助)23巻建保6年(1218)6月27日。29巻嘉禎1年(1235)11月19日、12月20日・27日・28日。30巻文暦2年(1235)1月20日、3月18日・25日、6月10日・29日、7月18日、9月24日、10月2日、11月19日、12月20日・22日・27日・28日。31巻嘉禎2年(1236)1月9日、2月3日、3月13日、6月26日、7月10日、8月3日・4日

安陪忠業26巻貞応1年(1222)4月26日、26巻貞応2年(1223)1月25日、2月27日、4月30日、9月10日、12月20日、貞応3年(1224)6月6日・12日

安陪忠弘27巻寛喜2年(1230)11月13日

安陪親貞(近江大夫)脱漏嘉禄3年(1227)11月23日。27巻寛喜2年(1230)11月13日。28巻寛喜3年(1231)12月28日、貞永1年(1232)5月17日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安陪親職(陰陽少允・陰陽大允)19巻建暦1年(1211)12月28日。20巻建暦2年(1212)1月26日、4月8日。21巻建暦3年(1213)1月1日、4月27日、6月26日、8月18日・20日。22巻建保3年(1215)8月25日、9月21日、11月21日、建保4年(1216)閏6月24日。23巻建保5年(1217)6月21日、建保6年(1218)6月27日。24巻承久2年(1220)8月6日。25巻承久3年(1221)1月22日、5月19日、6月8日、12月3日。26巻承久4年(1222)2月12日、貞応1年(1222)4月26日、8月20日、11月25日、貞応2年(1223)1月25日、2月27日、4月30日、6月12日・28日、7月26日、9月10日・25日、11月30日、12月20日、貞応3年(1224)3月14日、6月6日・12日・18日、元仁1年(1224)12月2日・17日。脱漏嘉禄1年(1225)6月2日、7月12日、11月15日、12月9日・18日、嘉禄2年(1226)11月3日、嘉禄3年(1227)2月19日、閏3月29日、4月13日・22日・29日、7月28日・29日、9月9日、11月16日・24日、安貞1年(1227)12月13日。27巻安貞2年(1228)1月19日、5月22日、6月22日・25日、10月30日、安貞3年(1229)2月11日、寛喜2年(1230)2月17日、3月29日、6月6日・14日、10月6日、12月5日・9日、貞永1年(1232)5月17日、閏9月8日・10日、10月2日・5日・22日。29巻文暦2年(1235)2月10日、嘉禎1年(1235)12月20日・21日・28日。30巻文暦2年(1235)1月20日、2月4日・10日、3月18日、6月28日、9月24日、10月2日、12月20日・21日・28日。31巻嘉禎2年(1236)12月6日、嘉禎3年(1237)3月30日、4月24日。32巻嘉禎4年(1238)9月1日

安陪千代童子9巻文治5年(1189)9月18日

安陪経昌(前右京権亮)28巻寛喜3年(1231)11月9日、貞永1年(1232)5月17日、閏9月10日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日・27日。30巻文暦2年(1235)12月20日・27日

安陪俊定(相州権守)29巻嘉禎1年(1235)12月22日・27日。30巻文暦2年(1235)12月22日・27日

安陪知輔(主計大夫)25巻承久3年(1221)12月3日。26巻承久4年(1222)2月12日、貞応1年(1222)4月26日、貞応2年(1223)1月25日、2月27日、4月30日、9月10日、11月29日、11月30日、12月20日、貞応3年(1224)6月6日・12日・18日、元仁1年(1224)12月17日。脱漏嘉禄1年(1225)5月12日。31巻嘉禎3年(1237)5月15日、6月22日

安陪知輔子息脱漏嘉禄1年(1225)5月12日

安部長重28巻寛喜3年(1231)10月19日、11月9日

安陪宣賢(信賢・大夫・大監物)21巻建暦3年(1213)4月27日、6月8日・26日。22巻建保3年(1215)8月10日・25日、9月21日、12月30日。24巻建保7年(1219)1月25日。25巻承久3年(1221)1月22日、5月19日、6月8日。26巻貞応1年(1222)11月25日、貞応2年(1223)1月25日、2月27日、9月10日、11月30日、12月20日、貞応3年(1224)6月6日、10月16日。脱漏嘉禄1年(1225)6月2日、10月20日、12月17日、嘉禄2年(1226)8月7日、11月3日、嘉禄3年(1227)2月19日、3月8日・24日、4月22日・29日、7月28日、11月18日・23日。27巻安貞3年(1229)3月1日、寛喜2年(1230)6月6日(書き違い)。28巻寛喜3年(1231)4月28日、11月9日、貞永1年(1232)4月9日、閏9月5日・8日・10日、10月2日。29巻嘉禎1年(1235)12月27日・28日。30巻文暦2年(1235)12月27日・28日。31巻嘉禎2年(1236)1月9日、7月10日、8月3日、嘉禎3年(1237)4月23日、5月29日

安陪宣俊30巻文暦2年(1235)3月18日

安陪宣友(前漏刻博士)30巻文暦2年(1235)1月20日。31巻嘉禎2年(1236)7月10日

安陪晴賢(大蔵権大輔)26巻貞応2年(1223)1月25日、2月27日、4月30日、6月12日・28日・30日、9月10日・25日、11月30日、貞応3年(1224)6月6日。脱漏嘉禄1年(1225)10月27日、11月15日、12月17日、嘉禄2年(1226)8月7日、11月2日・3日、嘉禄3年(1227)3月24日・27日、4月13日・29、6月30日、7月28日・29日、8月10日、9月9日、11月16日・23日、安貞1年(1227)12月13日・28日。27巻安貞2年(1228)1月19日、2月3日、6月22日・25日、8月15日、10月8日・30日、安貞3年(1229)1月27日、寛喜1年(1229)5月21日、6月29日、寛喜2年(1230)3月29日、6月6日・7日・14日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)4月28日、10月6日・16日・20日、11月9日、寛喜4年(1232)1月4日、貞永1年(1232)4月9日、5月17日、閏9月5日・8日・10日、10月2日・5日・22日。29巻文暦2年(1235)2月10日、嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)1月20日、2月4日・10日、3月18日、6月28日、7月8日・11日、11月15日、12月20日。31巻嘉禎2年(1236)2月1日、3月20日、4月4日、6月5日・11日・26日、7月10日、8月3日、12月6日、嘉禎3年(1237)1月17日、3月8日・10日・30日、4月23日、5月15日、6月22日、8月15日、12月10日・12日。32巻嘉禎4年(1238)1月18日・28日

安陪晴貞(雅楽助)脱漏嘉禄3年(1227)3月27日。27巻寛喜2年(1230)11月13日。31巻嘉禎3年(1237)4月23日

安陪晴茂(晴重・陰陽権大允)26巻貞応2年(1223)11月30日。脱漏嘉禄1年(1225)11月15日、12月18日、嘉禄3年(1227)11月18日、安貞1年(1227)12月13日。27巻寛喜1年(1229)5月21日、寛喜2年(1230)11月13日。28巻寛喜3年(1231)10月19日、貞永1年(1232)5月17日、閏9月8日・10日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日・27日。30巻文暦2年(1235)12月20日・27日。31巻嘉禎2年(1236)7月10日、8月3日。32巻嘉禎4年(1238)9月1日

安陪晴継28巻貞永1年(1232)閏9月5日・8日

安陪晴俊脱漏嘉禄3年(1227)11月18日

安陪晴憲(陰陽大允)27巻寛喜2年(1230)6月18日

安陪晴秀(図書助)28巻寛喜3年(1231)11月9日・10日、貞永1年(1232)閏9月10日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安倍晴光31巻嘉禎3年(1237)5月29日

安陪晴職26巻貞応3年(1224)10月16日。脱漏嘉禄1年(1225)11月15日、12月18日、嘉禄2年(1226)11月3日、嘉禄3年(1227)4月29日、8月10日、11月18日。27巻安貞2年(1228)6月25日、安貞3年(1229)3月1日、寛喜2年(1230)6月6日・14日。28巻貞永1年(1232)5月17日

安陪晴幸26巻貞応2年(1223)9月10日、貞応3年(1224)6月6日、10月16日、元仁1年(1224)12月2日。脱漏嘉禄1年(1225)5月11日、12月17日、嘉禄3年(1227)2月19日、3月8日・24日、閏3月29日、4月22日・29、11月16日27巻安貞2年(1228)10月30日、寛喜2年(1230)6月6日・14日。28巻寛喜3年(1231)4月28日、5月7日、11月9日、貞永1年(1232)5月17日、閏9月5日・8日・10日・11日、10月2日

安陪晴吉(陰陽師大学助)24巻承久1年(1219)7月19日・26日。25巻承久3年(1221)1月22日、5月19日

安陪久方(縫殿助)29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安陪広資(主計大夫。広相)28巻寛喜3年(1231)11月9日、12月28日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日・27日。30巻文暦2年(1235)6月28日、12月20日・27日。31巻嘉禎2年(1236)7月10日、8月3日、嘉禎3年(1237)6月22日、8月15日

安陪広経31巻嘉禎2年(1236)10月13日、嘉禎3年(1237)3月30日、4月23日

安陪文親28巻寛喜3年(1231)11月9日・10日、貞永1年(1232)閏9月10日。31巻嘉禎3年(1237)6月22日

安陪文元(大監物)26巻貞応1年(1222)4月26日、貞応2年(1223)9月10日、貞応3年(1224)10月16日。脱漏嘉禄1年(1225)12月17日、嘉禄2年(1226)8月7日、11月3日、嘉禄3年(1227)2月19日、4月13日・22日、11月16日・23日、安貞1年(1227)12月13日。27巻安貞2年(1228)1月19日。28巻寛喜3年(1231)10月19日、貞永1年(1232)10月22日。29巻文暦2年(1235)2月10日、嘉禎1年(1235)12月21日・27日。30巻文暦2年(1235)1月20日、2月10日、3月18日、6月28日、7月11日、12月21日・27日。31巻嘉禎2年(1236)3月20日、4月4日、8月4日、12月6日、嘉禎3年(1237)3月8日・10日

阿部平六10巻建久1年(1190)11月7日

安陪道氏(大膳権亮)28巻貞永1年(1232)閏9月10日。29巻嘉禎1年(1235)12月21日。30巻文暦2年(1235)12月21日。31巻嘉禎2年(1236)8月3日

安陪道継(散位)脱漏嘉禄2年(1226)11月2日・3日、嘉禄3年(1227)3月27日、4月13日・29日、11月18日・23日

安陪道寛26巻貞応2年(1223)9月10日

安倍光高脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

安陪宗重脱漏嘉禄1年(1225)11月15日

安陪宗任(鳥海三郎)9巻文治5年(1189)9月18日・27日

安陪以平(陰陽小允)29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安陪泰貞(少輔大夫・大膳亮・前大膳亮)19巻承元4年(1210)10月16日、承元5年(1211)2月4日、建暦1年(1211)6月2日・3日、12月28日。20巻建暦2年(1212)4月8日。21巻建暦3年(1213)3月16日、4月27日、6月3日・26日、8月20日。22巻建保3年(1215)8月25日、建保4年(1216)閏6月24日。24巻建保7年(1219)1月25日。25巻承久3年(1221)1月22日、5月19日、6月8日、12月3日。26巻承久4年(1222)3月8日、貞応1年(1222)5月24日、11月25日、貞応2年(1223)1月25日、2月27日、4月30日、9月10日、11月30日、12月20日、貞応3年(1224)6月6日・12日・18日、7月11日。脱漏嘉禄1年(1225)6月2日、11月15日・20日、嘉禄2年(1226)6月20日、8月7日、12月10日、嘉禄3年(1227)2月19日、4月13日・16日・22日・29日、7月28日、11月16日・23日、安貞1年(1227)12月13日。27巻安貞2年(1228)6月25日、7月22日・26日、10月30日、寛喜2年(1230)6月6日・14日、11月13日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)4月28日、6月15日・16、10月6日・19日・20日、11月9日・27日、寛喜4年(1232)3月3日、貞永1年(1232)4月9日、閏9月8日・21日。31巻嘉禎2年(1236)7月10日、8月3日、10月13日、嘉禎3年(1237)3月8日・10日・30日、4月8日・23日、5月15日、6月22日。32巻嘉禎4年(1238)1月28日、閏2月14日、9月1日

安陪泰忠(陰陽頭)26巻貞応2年(1223)2月8日

安陪泰房(雅楽大夫)29巻嘉禎1年(1235)12月20日・27日。30巻文暦2年(1235)12月20日・27日

安陪泰宗(新大夫)27巻寛喜2年(1230)7月15日、11月13日。28巻貞永1年(1232)閏9月10日、10月2日。29巻嘉禎1年(1235)12月20日。30巻文暦2年(1235)12月20日

安陪頼時(本名頼義)9巻文治5年(1189)9月27日

安陪頼時娘9巻文治5年(1189)9月27日

安保右馬允25巻承久3年(1221)6月18日

安保刑部丞25巻承久3年(1221)6月18日(死)

阿保五郎5巻文治1年(1185)10月24日、10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日、15巻建久6年(1195)3月10日

安保左衛門次郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

安保左衛門八郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

安保實光(阿保次郎・刑部丞)3巻寿永3年(1184)2月5日9巻文治5年(1189)7月19日。25巻承久3年(1221)5月19日、6月6日・14日

安保三郎(兵衛尉)27巻安貞2年(1228)7月23日。30巻文暦2年(1235)6月29日

安保四郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

阿保泰実(次郎左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

阿保六郎10巻建久1年(1190)11月7日、15巻建久6年(1195)3月10日

甘糟小次郎25巻承久3年(1221)6月18日

甘糟小太郎25巻承久3年(1221)6月18日

甘糟廣忠(野次)3巻元暦1年(1184)8月18日、5巻文治1年(1185)10月24日、15巻建久6年(1195)3月10日

天野右馬太郎25巻承久3年(1221)6月18日

天野景氏(和泉次郎左衛門尉)27巻安貞2年(1228)7月23日、8月13日、10月15日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・23日、6月5日

天野左衛門尉脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

天野新左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

天野四郎左衛門尉25巻承久3年(1221)6月25日(死)

天野遠景(藤内・左衛門尉・民部丞・蓮景)第1巻治承4年(1180)8月6日、20日、24日、10月19日、23日。3巻元暦1年(1184)6月16日、8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、3月11日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)2月22日、28日、6月17日、12月10日。7巻文治3年(1187)2月20日、9月22日、11月5日。8巻文治4年(1188)2月21日、5月17日。11巻建久2年(1191)1月15日(左衛門尉)。15巻建久6年(1195)3月10日・12日。16巻建久10年(1199)10月28日(入道)。17巻建仁3年(1203)9月2日。18巻建永2年(1207)6月2日(蓮景)

天野倫重(大和前司)29巻天福1年(1233)11月3日・10日。31巻嘉禎2年(1236)11月15日

天野則景(六郎・右馬)9巻文治5年(1189)7月19日、9月7日。15巻建久6年(1195)3月10日。16巻正治2年(1200)2月26日

天野兵衛尉24巻承久1年(1219)7月19日

天野平内次郎25巻承久3年(1221)6月18日

天野平内太郎25巻承久3年(1221)6月18日

天野政景(六郎・左衛門尉・和泉守・和泉前司)第1巻治承4年(1180)8月20日。15巻建久6年(1195)3月10日18巻元久2年(1205)閏7月19日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日、承久1年(1219)7月19日。28巻寛喜4年(1232)1月1日、貞永1年(1232)7月15日、閏9月10日・20日、31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

天野政泰(和泉五郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

天野光家(平内)第1巻治承4年(1180)8月20日、24日、第2巻治承5年(1181)7月21日、5巻文治1年(1185)10月24日

天野保高(泰高・右馬允)9巻文治5年(1189)7月19日。17巻建仁2年(1202)1月9日。21巻建暦3年(1213)8月20日・26日

天羽直胤(庄司)3巻寿永3年(1184)1月17日

天羽直常(次郎)5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)1月1日。15巻建久6年(1195)3月10日

阿美小次郎脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

網戸尼→寒川尼27巻安貞2年(1228)2月4日(死)

綾小路師季(三位)18巻元久2年(1205)11月3日。23巻建保6年(1218)2月4日

綾小路師季息女(姫君・二才)18巻元久2年(1205)11月3日・4日。23巻建保6年(1218)2月4日

新居資重(新大夫)3巻元暦1年(1184)9月19日、

新居重次(藤次郎大夫)3巻元暦1年(1184)9月19日、

新居資光(藤大夫)3巻元暦1年(1184)9月19日、

新居長資(六郎)3巻元暦1年(1184)9月19日、

新居光高(藤新大夫)3巻元暦1年(1184)9月19日、

新居能資(新大夫)3巻元暦1年(1184)9月19日、

荒河武貞(太郎、清原武則息)9巻文治5年(1189)9月23日

荒四郎(小舎人)14巻建久5年(1194)閏8月16日

荒次郎12巻建久3年(1192)8月14日

荒瀬五郎12巻建久3年(1192)8月14日

新野太郎10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

有経(紀伊権守)6巻文治2年(1186)3月26日

有俊(蔵人大夫)23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日。24巻建保7年(1219)1月27日

在供(京都陰陽師)貞応2年(1223)12月20日

有範→藤原有範

在宣(主税頭)10巻建久1年(1190)12月1日

在衡32巻嘉禎4年(1238)閏2月14日

安房高重→能勢高重(判官代・源)

阿波局(幕府女房)12巻建久3年(1192)11月5日、17巻建仁3年(1203)5月20日、9月10日・15日。24巻建保7年(1219)2月15日。脱漏嘉禄3年(1227)11月4日(死)

安房局(幕府女官・阿波局と同一人らしい)15巻建久6年(1195)7月28日。16巻正治1年(1199)10月27日

安房平太→能勢高重

安房判官代→能勢高重

安房判官代高重→源高重→能勢高重

粟沢太郎父子21巻建暦3年(1213)2月16日

淡路左衛門尉31巻嘉禎2年(1236)8月4日

淡路時宗(四郎左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日

安西明景(太郎)3巻元暦1年(1184)8月8日、4巻元暦2年(1185)1月26日、

安西景益(三郎)第1巻治承4年(1180)9月1日、4日。2巻寿永1年(1182)8月11日。3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日。5巻文治1年(1185)10月24日。15巻建久6年(1195)3月10日

安西四郎18巻元久1年(1204)10月14日

安西大夫32巻嘉禎4年(1238)2月17日

安東右宗(これむね右馬大夫・安藤)16巻正治2年(1200)2月6日。17巻正治3年(1201)9月15日

安藤左近将監25巻承久3年(1221)5月22日。27巻寛喜2年(1230)5月27日

安藤次9巻文治5年(1189)8月10日

安藤二郎27巻寛喜2年(1230)5月27日

安東四郎兵衛21巻建暦3年(1213)5月6日

安東忠家(次郎・兵衛尉)21巻建暦3年(1213)2月16日、3月9日、4月2日、5月3日・4日・6日、8月1日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)5月25日、6月14日・18日

安東藤内左衛門尉25巻承久3年(1221)5月22日、6月18日(死)

安東平次兵衛尉25巻承久3年(1221)6月18日(死)

安東光成(新左衛門尉・左衛門尉)25巻承久3年(1221)6月24日・29日。26巻貞応1年(1222)12月13日、貞応3年(1224)6月28日。脱漏嘉禄2年(1226)10月12日。29巻天福1年(1233)9月29日。31巻嘉禎2年(1236)12月19日

井伊直綱(六郎・真綱)11巻建久2年(1191)4月30日、5月8日

伊井介15巻建久6年(1195)3月10日

飯田家義(五郎)第1巻治承4年(1180)8月23日、24日、10月20日、22日、10月23日。16巻正治2年(1200)1月20日・23日

飯田左近将監25巻承久3年(1221)6月18日(死)(泰時の手)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

飯田四郎16巻正治2年(1200)1月20日

飯田次郎8巻文治4年(1188)6月5日

飯田太郎第1巻治承4年(1180)10月20日、22日、

飯田太郎脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

飯富長能(源内)24巻承久1年(1219)7月19日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)3月8日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・22日・23日・28日

飯富宗季→飯富宗長

飯富宗長(源太・宗長と改む)5巻文治1年(1185)10月24日、9巻文治5年(1189)7月19日、8月10日10巻建久1年(1190)9月18日。16巻建久10年(1199)5月22日。17巻建仁3年(1203)9月2日

飯沼三郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

飯沼三郎子息25巻承久3年(1221)6月18日(死)

家景(右近将監)5巻文治1年(1185)10月24日。7巻文治3年(1187)2月28日。13巻建久4年(1193)7月24日

家員→白石家員

家兼21巻建暦3年(1213)3月6日

家C(備後歌島地頭)10巻建久1年(1190)4月19日行

家国3巻寿永3年(1184)2月7日

家貞(筑後守)7巻文治3年(1187)9月22日

家綱(散位、足利?)寿永2年(1183)9月7日

家経(前武者所)13巻建久4年(1193)3月13日

家宣20巻建暦2年(1212)7月8日

家信(右近衛次将)21巻建暦3年(1213)3月6日

家房(三位中将)11巻建久2年(1191)12月24日

家平→吉木家平

家平(少志)32巻嘉禎4年(1238)2月28日

家平(主馬大夫判官)32巻嘉禎4年(1238)2月28日

家通(検非違使別当)4巻元暦2年(1185)6月23日、6巻文治2年(1186)9月15日

家村(右馬允)4巻元暦2年(1185)4月11日

家村(平氏家人)4巻元暦2年(1185)5月16日

家行(左近衛次将)21巻建暦3年(1213)3月6日

家良(三位)21巻建暦3年(1213)3月6日

医王19巻承元3年(1209)3月21日

伊賀蔵人脱漏嘉禄1年(1225)12月20日。27巻安貞2年(1228)7月23日

いかの五郎6巻文治2年(1186)3月27日

いかの四郎6巻文治2年(1186)3月27日

いかの平太6巻文治2年(1186)3月27日

伊賀季村(四郎)脱漏嘉禄1年(1225)9月12日

伊賀守朝光(佐藤)19巻承元4年(1210)4月22日、5月29日、建暦1年(1211)10月22日。20巻建暦2年(1212)8月18日(前司)、12月2日。21巻建暦3年(1213)1月4日、3月19日、5月7日・9日、8月20日・26日。22巻建保2年(1214)1月22日、7月27日、建保3年(1215)1月1日、9月14日(死)・15日、建保4年(1216)8月19日。26巻貞応3年(1224)3月23日

伊賀守朝光の女18巻元久2年(1205)6月22日。24巻承久1年(1219)10月20日

伊賀太郎兵衛尉31巻嘉禎3年(1237)1月3日・11日

伊賀隆経(少将・朝臣)24巻建保7年(1219)1月27日

伊賀朝長(六郎左衛門尉)27巻安貞2年(1228)7月23日

伊賀朝行(四郎左衛門尉)24巻建保7年(1219)2月8日。25巻承久3年(1221)11月3日。26巻貞応2年(1223)1月5日、10月13日、貞応3年(1224)閏7月23日、8月29日、11月9日。脱漏嘉禄1年(1225)8月27日、10月28日・30日、12月20日。27巻安貞2年(1228)7月23日、10月15日、安貞3年(1229)1月15日

伊賀仲能(左近蔵人・右近蔵人・右馬助・伊賀助・木工権頭)21巻建暦3年(1213)2月2日、8月20日・26日。22巻建保2年(1214)7月27日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日、12月2日。脱漏嘉禄1年(1225)12月29日、嘉禄2年(1226)12月10日。28巻寛喜3年(1231)11月9日。29巻天福1年(1233)9月27日・29日、10月19日、天福2年(1234)3月5日、文暦2年(1235)8月18日。30巻文暦2年(1235)6月29日、7月11日、8月18日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日

伊賀の新平内17巻正治3年(1201)5月6日

伊賀光重(六郎右衛門尉・六郎左衛門尉・判官・左衛門大夫)26巻貞応2年(1223)1月25日、4月30日、10月13日、貞応3年(1224)3月18日、閏7月23日、8月29日、11月9日。脱漏嘉禄1年(1225)8月27日、12月20日。27巻安貞2年(1228)6月26日、7月24日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月3日・4日、10月13日、嘉禎3年(1237)1月3日、3月8日、4月5日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

伊賀光季(太郎・兵衛尉・左衛門尉・大夫判官)20巻建暦2年(1212)9月15日。21巻建暦3年(1213)8月20日・26日。22巻建保3年(1215)8月25日、建保4年(1216)8月19日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日、2月14日、閏2月28日、3月11日、承久1年7月25日、12月29日。25巻承久3年(1221)2月26日、5月19日・21日(死)。26巻貞応2年(1223)6月28日。脱漏嘉禄1年(1225)9月12日

伊賀光季子息四人26巻貞応2年(1223)6月28日

伊賀光資(三郎左衛門尉・朝光三男)21巻建暦3年(1213)1月2日。26巻貞応2年(1223)5月19日、貞応3年(1224)3月23日(死)

伊賀光綱(寿王冠者)25巻承久3年(1221)5月21日(死)

伊賀光房(次郎左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

伊賀光宗(宗光・二郎・兵衛尉・左衛門尉・式部丞・光西・式部大夫入道)19巻承元4年(1210)12月21日、建暦1年(1211)5月4日。20巻建暦2年(1212)11月21日。21巻建暦3年(1213)1月2日、2月1日・2日、5月7日。22巻建保4年(1216)8月19日。23巻建保6年(1218)7月22日。24巻承久1年(1219)9月6日、承久2年(1220)6月12日。25巻承久3年(1221)閏10月29日。26巻承久4年(1222)1月3日、2月27日、貞応2年(1223)4月19日・29日、5月5日、9月25日、貞応3年(1224)3月18日、6月28日、7月5日・17日・18日、閏7月3日・29日、8月27日・29日。脱漏嘉禄1年(1225)12月22日。28巻寛喜3年(1231)9月13日、10月6日・16日・20日・27日、11月18日、貞永1年(1232)10月22日。29巻天福1年(1233)5月5日。30巻文暦2年(1235)1月21日・26日、閏6月15日。31巻嘉禎2年(1236)6月27日、7月10日、嘉禎3年(1237)3月9日、8月15日

伊賀光盛(左衛門太郎)26巻貞応3年(1224)閏7月23日

伊賀光泰(三郎左衛門尉)31巻嘉禎3年(1237)6月23日

伊賀宗義(左衛門太郎・式部太郎)26巻貞応2年(1223)4月13日、貞応3年(1224)閏7月23日

五十嵐小豊次21巻建暦3年(1213)5月2日(死)・6日

伊賀良目高重(七郎)9巻文治5年(1189)8月8日

生沢(五郎)養和2年(1182)2月2日、

壱岐三郎左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

壱岐前司27巻寛喜2年(1230)1月4日

壱岐時清(三郎・小三郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日、31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日、6月5日

壱岐兵衛21巻建暦3年(1213)5月6日

壱岐兵衛同四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

壱岐判官知康平知康

伊具盛重(馬太郎)21巻建暦3年(1213)5月3日。25巻承久3年(1221)5月22日。26巻貞応1年(1222)7月3日、26巻貞応3年(1224)閏7月23日、11月14日

伊具六郎25巻承久3年(1221)6月18日

池二郎寿永2年(1183)2月23日

池次郎(小山政光郎従)9巻文治5年(1189)9月20日

池禪尼第3巻壽永3年(1184)4月6日、元暦1年(1184)6月1日、

池為盛(前兵衛佐)23巻建保6年(1218)6月21日

池上康親(藤七)32巻嘉禎4年(1238)2月28日

池上康光(藤兵衛尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

伊佐四郎蔵人32巻嘉禎4年(1238)2月17日

伊佐資綱(三郎)7巻文治3年(1187)4月29日、9巻文治5年(1189)7月19日、8月8日

伊佐大進太郎25巻承久3年(1221)6月14日

伊佐為家(四郎・左衛門尉)9巻文治5年(1189)8月8日、15巻建久6年(1195)3月10日。31巻嘉禎3年(1237)3月8日

伊佐為重(次郎)9巻文治5年(1189)7月19日、8月8日

伊佐為宗(皇后宮権少進)9巻文治5年(1189)6月9日、8月8日、13巻建久4年(1193)5月1日。14巻建久5年(1194)1月7日、閏8月8日、12月26日

伊佐太郎18巻建仁3年(1203)10月26日

伊佐時長(藤・朝宗・入道念西)6巻文治2年(1186)2月26日、9巻文治5年(1189)8月8日

伊佐時長の女(姉とも)→大進局

伊佐兵衛尉27巻安貞2年(1228)7月23日

伊佐行政(三郎)9巻文治5年(1189)6月9日、10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日。15巻建久6年(1195)3月10日。25巻承久3年(1221)6月6日

伊澤家景(左近將監)→留守家景

伊澤信光→武田信光

石井五郎第1巻治承4年(1180)8月24日、

石井次郎(和田義盛近親)18巻建永1年(1206)6月21日

石岡友景(三郎)10巻文治6年(1190)1月18日(死)

石河大炊助15巻建久6年(1195)3月10日

石河三郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

石河平五(泰時の手)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

石河義資(兵衛判官代)第2巻治承5年(1181)2月9日、3巻寿永3年(1184)1月21日元暦1年(1184)6月4日、12巻建久3年(1192)11月25日

石河六郎10巻建久1年(1190)11月7日

石黒三郎25巻承久3年(1221)6月8日

石田三郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

石田次郎3巻寿永3年(1184)1月20日

石田太郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

石原経景(源八)28巻寛喜4年(1232)2月26日

石山禅尼(石山局)26巻貞応2年(1223)4月11日・29日。27巻寛喜2年(1230)3月16日・17日。31巻嘉禎2年(1236)1月17日

伊豆有綱→源有綱

伊豆江四郎第2巻治承5年(1181)1月5日、

伊豆前司(源仲綱?)脱漏嘉禄3年(1227)3月9日

伊豆頼定(左衛門尉・判官・伊豆守)21巻建暦3年(1213)8月26日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日、12月20日。24巻建保7年(1219)1月27日。27巻安貞2年(1228)7月23日。31巻嘉禎3年(1237)8月16日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

和泉景氏(次郎左衛門尉)29巻天福2年(1234)7月26日

和泉蔵人脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

泉重光(太郎)第2巻治承5年(1181)3月10日、

和泉新右衛門尉31巻嘉禎3年(1237)4月22日

泉親平(小次郎)21巻建暦3年(1213)2月16日、3月2日

和泉景村(六郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日

和泉掾景家→景家

和泉掾国守(和泉大掾国守)→国守

泉季綱(次郎)16巻正治2年(1200)2月26日

泉忠衡(三郎)9巻文治5年(1189)6月26日(死23)

泉八郎10巻建久1年(1190)9月29日、11月7日15巻建久6年(1195)3月10日。25巻承久3年(1221)6月18日

泉秀綱(次郎)25巻承久3年(1221)6月18日

泉乃判官代7巻文治3年(1187)4月29日

泉六郎21巻建暦3年(1213)5月6日

泉田兵衛尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

出雲守長定→藤原長定

出雲侍従朝經→朝經

出雲国小三郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

出雲目代政綱→政綱

伊勢前司清定→清定

伊勢藤内左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

伊勢能盛(三郎)4巻元暦2年(1185)2月19日、3月24日、4月26日、5月17日、5巻文治1年(1185)11月3日

磯禅尼6巻文治2年(1186)3月1日、6巻文治2年(1186)5月14日、閏7月29日、9月16日

磯野小三郎21巻建暦3年(1213)2月16日

井田次郎10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

井田四郎25巻承久3年(1221)6月18日

井田四郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

板井種遠4巻元暦2年(1185)7月12日、5巻文治1年(1185)12月6日

板垣兼信(三郎、兼頼とも)第1巻治承4年(1180)10月13日、3巻寿永3年(1184)2月5日3月13日、6巻文治2年(1186)1月3日、8巻文治4年(1188)2月2日、9巻文治5年(1189)5月22日、10巻建久1年(1190)8月13日・19日、9月13日・17日、11月2日、14巻建久5年(1194)7月28日

市小七郎10巻建久1年(1190)11月7日

市時定(右衛門尉)脱漏嘉禄3年(1227)2月27日

市兵衛次郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

一河五郎7巻文治3年(1187)4月29日。

市河祐光(左衛門尉)24巻建保7年(1219)1月27日

市河行重(五郎・別当五郎)17巻建仁2年(1202)1月3日建仁3年(1203)9月2日。18巻建仁3年(1203)10月9日、元久2年(1205)1月3日。19巻承元5年(1211)1月9日。20巻建暦2年(1212)1月11日

市河行房(別當)第1巻治承4年(1180)8月25日、10月23日、6巻文治2年(1186)1月3日、7巻文治3年(1187)4月29日。13巻建久4年(1193)5月8日

市河義胤(四郎)16巻正治2年(1200)9月2日

市三郎脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

一条実有(大宮中納言)29巻天福2年(1234)3月10日

一条実雅(実俊・伊予守・少将・伊予中将・前右宰相中将)23巻建保6年(1218)3月16日。6月17日・27日。24巻建保7年(1219)1月27日、承久1年7月19日、10月20日、承久2年(1220)12月1日。25巻承久3年(1221)1月27日、8月2日・23日。26巻承久4年(1222)1月1日、2月6日、貞応1年(1222)7月3日、貞応2年(1223)9月16日、貞応3年(1224)1月6日、2月11日、4月28日、6月28日、閏7月3日・23日、8月22日・29日、10月10日・29日、11月14日。27巻安貞2年(1228)5月16日(死)

一条実雅室(義時女)24巻承久1年(1219)10月20日、承久2年(1220)8月6日。25巻承久3年(1221)12月3日。26巻承久4年(1222)1月16日、2月9日・12日

一条全子(一条太政大臣家御台所・能保女)脱漏嘉禄1年(1225)8月27日

一条高能(左典厩賢息)6巻文治2年(1186)3月12日、4月15日、10巻建久1年(1190)12月10日、14巻建久5年(1194)8月14日・15日・18日・26日、閏8月1日・3日、12月26日。19巻建暦1年(1211)11月4日。21巻建暦3年(1213)5月2日

一條忠頼(次郎)第1巻治承4年(1180)8月25日、9月10日、15日、24日、10月13日、3巻寿永3年(1184)1月20日27日、元暦1年(1184)6月16日(死)、18日、7月10日、20日、6巻文治2年(1186)3月9日、7巻文治3年(1187)7月23日、

一条長成(常盤再嫁)5巻文治1年(1185)11月3日

一条局24巻承久1年(1219)7月19日

一条信能(中将・中宮権亮・頭中将)19巻建暦1年(1211)9月12日。23巻建保6年(1218)6月20日・27日、7月8日、9月13日。24巻建保7年(1219)1月27日閏2月28日・29日。25巻承久3年(1221)5月21日、6月12日・25日、7月5日(死)

一条能氏(花山院侍従・高能子)21巻建暦3年(1213)1月26日、5月2日。23巻建保6年(1218)6月17日・27日、7月5日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)7月20日

一条能清(大夫)31巻嘉禎2年(1236)8月4日

一条能継(右少将)23巻建保6年(1218)5月25日。24巻建保7年(1219)1月27日

一条良成(義経同母弟、長成息)5巻文治1年(1185)11月3日、12月6日、

一条能保(左典厩、右武衛、右兵衛督、檢非違使別当・大理・中納言)第3巻壽永3年(1184)4月4日、11日元暦1年(1184)5月19日6月1日、20日。4巻元暦2年(1185)5月11日(左典厩)、17日、21日。5巻文治1年(1185)10月3日、22日、24日、11月10日、15日、12月7日。6巻文治2年(1186)1月3日、10日、24日、2月1日、6日、27日、3月12日、23日、4月15日、5月15日、25日、28日、29日、6月9日、22日、28日、7月8日、7月27日、閏7月10日、26日、8月3日、9月25日、29日、11月29日、12月15日。7巻文治3年(1187)1月19日、3月5日、18日、7月19日、8月12日、10月3日、7日、8巻文治4年(1188)2月29日、4月21日。8巻文治4年(1188)5月17日、6月4日・17日、7月17日、8月9日・17日、12月6日。9巻文治5年(1189)1月13日、2月12日、3月20日、閏4月1日・4日、6月24日、7月16日、8月23日、9月9日、)10月24日、11月3日・6日・7日。10巻文治6年(1190)1月13日、2月2日、3月14日、建久1年4月19日・20日・22日・5月3日・10日・19日、6月10日、9月13日、11月8日・19日、12月1日・10日。11巻建久2年(1191)1月15日・24日、3月20日、4月5日、5月2日、7月11日、十12月24日。12巻建久3年(1192)6月28日、7月20日、9月17日(黄門)、12月14日。13巻建久4年(1193)一月26日、4月29日、14巻建久5年(1194)5月10日、7月28日、閏8月16日。15巻建久6年(1195)5月18日・20日。19巻建暦1年(1211)11月4日。24巻承久1年(1219)10月20日。26巻貞応3年(1224)10月29日

一条能保室(頼朝姉)5巻文治1年(1185)10月24日、6巻文治2年(1186)1月28日、2月1日、6日、5月15日、10巻建久1年(1190)4月20日(死)・22日・5月3日・10日・19日、12巻建久3年(1192)12月14日

一条能保娘7巻文治3年(1187)7月4日、11巻建久2年(1191)6月9日

一条頼氏(大夫)23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)5月21日

一品坊昌寛(成勝寺執行法橋)第2巻治承5年(1181)5月23日、24日、7月3日、8月29日、養和2年(1182)5月26日、3巻寿永3年(1184)1月8日17日、元暦1年(1184)5月3日、8月8日、4巻元暦2年(1185)1月26日、5巻文治1年(1185)11月8日、7巻文治3年(1187)4月29日、8巻文治4年(1188)5月17日、9巻文治5年(1189)3月22日、4月19日、7月19日、10巻建久1年(1190)4月19日、7月12日、9月15日・20日、12月4日、11巻建久2年(1191)3月4日、10月10日、12巻建久3年(1192)4月3日。13巻建久4年(1193)3月13日。15巻建久6年(1195)1月15日、3月11日

一幡(一万)17巻建仁3年(1203)1月2日、8月27日、9月2日(死)・3日・4日

一村近村(小次郎)21巻建暦3年(1213)2月16日

逸見五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

逸見五郎同次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

逸見五郎同太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

逸見光長(冠者)第1巻治承4年(1180)10月13日、4巻元暦2年(1185)6月5日

伊藤家光(四郎)9巻文治5年(1189)6月9日。11巻建久2年(1191)11月22日15巻建久6年(1195)8月16日

伊藤左衛門尉25巻承久3年(1221)6月12日

伊東三郎9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

伊藤次第2巻治承5年(1181)1月21日、

伊東七郎21巻建暦3年(1213)7月11日

伊東祐清(九郎)養和2年(1182)2月15日、13巻建久4年(1193)6月1日

伊東祐清(九郎)が妻13巻建久4年(1193)6月1日

伊東祐親(次郎・法師)第1巻治承4年(1180)8月23日、10月19日、養和2年(1182)2月14日、15日、10巻建久1年(1190)9月7日、13巻建久4年(1193)5月28日・29日、14巻建久5年(1194)3月5日

伊東祐綱(三郎左衛門尉・次郎左衛門尉)29巻天福2年(1234)7月26日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日、6月5日

伊東祐時(兵衛尉・左衛門尉・伊豆・判官・大和守・大和前司)22巻建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日、承久1年7月19日。脱漏嘉禄3年(1227)5月10日、6月15日・18日。27巻安貞2年(1228)7月23日、8月13日、寛喜1年(1229)8月15日。28巻寛喜3年(1231)1月9日、貞永1年(1232)4月11日、7月15日、8月15日。30巻文暦2年(1235)2月9日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月28日、6月5日

伊東祐朝(左衛門次郎)26巻承久4年(1222)1月7日

伊東祐長(六郎・兵衛尉)21巻建暦3年(1213)2月16日。26巻貞応2年(1223)10月13日

伊東祐広(八郎)21巻建暦3年(1213)2月16日

伊東祐泰(九郎)第1巻治承4年(1180)10月19日、

伊藤忠C(法師)6巻文治2年(1186)3月12日

伊東成親(四郎)9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)3月3日。15巻建久6年(1195)5月20日

伊藤武者次郎第1巻治承4年(1180)10月20日、22日、

伊東六郎兵衛尉26巻貞応1年(1222)7月3日

井殿盲目(安陪頼時息)9巻文治5年(1189)9月27日

稲河十郎27巻安貞2年(1228)7月23日・25日

稲木五郎17巻建仁2年(1202)6月25日

稲毛重成(三郎、小山田)第2巻治承5年(1181)4月20日、養和2年(1182)4月5日。寿永2年(1183)2月28日3巻寿永3年(1184)2月5日(稲毛)、元暦1年(1184)6月16日。5巻文治1年(1185)10月24日。7巻文治3年(1187)8月20日。8巻文治4年(1188)3月15日、4月9日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月19日10巻建久1年(1190)4月11日、11月7日・9日・11日・29日、12月2日。12巻建久3年(1192)11月25日。13巻建久4年(1193)5月8日(稲毛)・29日。14巻建久5年(1194)8月8日。15巻建久6年(1195)3月9日・10日・12日、4月10日・15日、5月20日、6月28日、7月1日・4日。16巻建久10年(1199)10月28日(入道)。18巻元久2年(1205)4月11日、6月20日・23日(死)、11月4日。20巻建暦2年(1212)2月28日。23巻建保6年(1218)2月4日

稲毛重成が妻15巻建久6年(1195)6月28日、7月4日(死)、8月9日

稲毛重成が女18巻元久2年(1205)11月3日

稲毛重成が孫娘→綾小路師季女

いなの兵衛21巻建暦3年(1213)5月6日

因幡局(女房)21巻建暦3年(1213)5月7日

因幡大夫判官32巻嘉禎4年(1238)2月17日

伊南常景(新介)第1巻治承4年(1180)10月3日、

犬武五郎12巻建久3年(1192)8月14日。19巻承元4年(1210)8月16日

井上光盛(太郎)3巻元暦1年(1184)7月10日(死)、25日、

猪俣範綱(平六)3巻寿永3年(1184)2月5日5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日・11日。15巻建久6年(1195)3月10日

猪俣範政(左衛門尉)25巻承久3年(1221)6月18日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

伊庭家忠(冠者)第2巻治承5年(1181)2月12日、

伊庭重親(彦三郎)第2巻治承5年(1181)2月12日、

いはなの二郎6巻文治2年(1186)3月27日

いはなの太郎6巻文治2年(1186)3月27日

いはなの平三6巻文治2年(1186)3月27日

廬原小次郎16巻正治2年(1200)1月23日

庵原仲次25巻承久3年(1221)6月18日

伊北常仲(庄司)第1巻治承4年(1180)10月3日、

今井兼平(四郎)3巻寿永3年(1184)1月20日26日、

今泉弥三郎兵衛尉25巻承久3年(1221)6月18日

今泉五郎25巻承久3年(1221)6月18日

今堀三郎10巻建久1年(1190)11月7日

今泉七郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

今泉須賀五郎25巻承久3年(1221)6月18日

今泉須賀次郎25巻承久3年(1221)6月18日

今泉太郎脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

今泉堤五郎25巻承久3年(1221)6月18日

井門重仲(太郎)18巻元久2年(1205)閏7月29日

弥源次(いやげんじ)6巻文治2年(1186)3月27日

弥源太兵衛尉24巻建保7年(1219)1月27日

いや五郎6巻文治2年(1186)3月27日

いや四郎6巻文治2年(1186)3月27日

弥次郎親盛(左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)1月2日、嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

弥平太三郎27巻寛喜1年(1229)9月9日

いや六郎6巻文治2年(1186)3月27日

伊予玉井四郎資重→玉井四郎資重

色部進平内28巻寛喜3年(1231)6月15日

岩瀬与一太郎第1巻治承4年(1180)11月8日、

岩国兼季(三郎)7巻文治3年(1187)3月10日

岩国兼秀(二郎)7巻文治3年(1187)3月10日

岩崎左衛門尉31巻嘉禎2年(1236)11月23日

岩田八郎五郎25巻承久3年(1221)6月18日

岩田政広(七郎)25巻承久3年(1221)6月18日

岩手左衛門尉29巻天福1年(1233)8月15日

岩原経直(源八)25巻承久3年(1221)6月18日。28巻寛喜3年(1231)4月2日

岩原平三6巻文治2年(1186)2月6日

岩平小四郎25巻承久3年(1221)6月18日

岩平五郎25巻承久3年(1221)6月18日

岩平余一25巻承久3年(1221)6月18日

石見資能(左衛門尉)28巻貞永1年(1232)8月13日

岩屋太郎15巻建久6年(1195)3月10日

印東四郎5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

印東太郎27巻安貞2年(1228)7月23日

印東常義(次郎)第1巻治承4年(1180)10月20日、

印東八郎27巻安貞2年(1228)5月8日・13日。31巻嘉禎2年(1236)10月5日

員部家綱(大領)7巻文治3年(1187)6月29日、10月13日、9巻文治5年(1189)7月10日

印部行綱(進士)18巻建仁3年(1203)12月25日、建仁4年(1204)2月10日、元久1年(1204)5月8日

上田重康(太郎)第2巻治承5年(1181)2月12日、

上田楊八郎10巻建久1年(1190)11月7日

上田原平三父子三人21巻建暦3年(1213)2月16日

植野次郎25巻承久3年(1221)6月18日

うえはらの九郎6巻文治2年(1186)3月27日

右衛門督局24巻承久1年(1219)7月19日

右衛門佐局6巻文治2年(1186)3月12日、8巻文治4年(1188)2月2日、

右衛門太郎10巻建久1年(1190)11月7日

右衛門兵衛尉10巻建久1年(1190)11月7日

浮穴社高茂(大夫)18巻元久2年(1205)閏7月29日

宇佐那木遠隆(上七)4巻元暦2年(1185)1月26日

宇佐美小平次10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日

宇佐美実政(平次)第1巻治承4年(1180)8月20日、24日、10月23日、第2巻治承5年(1181)4月7日、7月20日、養和2年(1182)4月5日、寿永2年(1183)9月7日4巻元暦2年(1185)6月9日、6巻文治2年(1186)6月29日、9巻文治5年(1189)7月17日、8月13日、9月4日・7日・9日、10巻文治6年(1190)1月6日(死)・18日。

宇佐美実政(右衛門尉)22巻建保2年(1214)7月27日

宇佐美三郎兵衛尉26巻貞応2年(1223)10月13日

宇佐美祐時(与一左衛門尉)31巻嘉禎3年(1237)4月22日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日、                                                                                                                                                                        6月5日

宇佐美祐長(左衛門尉)24巻建保7年(1219)1月27日

宇佐美祐秀(藤内左衛門尉)31巻嘉禎3年(1237)6月23日

宇佐美祐政(左衛門尉)21巻建暦3年(1213)8月26日。27巻安貞2年(1228)7月23日。28巻寛喜3年(1231)8月15日、貞永1年(1232)4月11日、7月15日。8月15日

宇佐美助茂(三郎、祐茂、左衛門尉)第1巻治承4年(1180)8月6日、20日、24日、10月23日、12月12日。第2巻治承5年(1181)1月1日。寿永2年(1183)2月17日、28日4巻元暦2年(1185)3月11日。5巻文治1年(1185)10月24日。7巻文治3年(1187)4月29日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日。13巻建久4年(1193)3月21日、8月6日・10日・15日・17日14巻建久5年(1194)2月2日。15巻建久6年(1195)3月10日・12日・27日、4月10日、5月20日。16巻正治2年(1200)2月26日。18巻元久1年(1204)10月14日、元久2年(1205)6月22日。20巻建暦2年(1212)9月15日。22巻建保4年(1216)7月29日

宇佐美祐成(右衛門尉)14巻建久5年(1194)10月9日

宇佐美祐泰(藤内左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日・9日。32巻嘉禎4年(1238)2月23日

宇佐美平太郎左衛門21巻建暦3年(1213)5月6日

宇佐美平三5巻文治1年(1185)10月24日

宇佐美平左衛門21巻建暦3年(1213)5月6日

宇佐美兵衛尉脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

宇佐美政光(平太)第1巻治承4年(1180)8月20日、

宇佐美与一18巻元久2年(1205)6月23日

宇治蔵人三郎10巻建久1年(1190)11月7日

宇治次郎(又は波多野)25巻承久3年(1221)6月18日

宇治忠文〔宇治民部卿〕3巻寿永3年(1184)4月10日

宇治義定(蔵人三郎)5巻文治1年(1185)10月24日、7巻文治3年(1187)5月26日

氏家公頼(五郎・太郎)13巻建久4年(1193)8月16日、11月27日14巻建久5年(1194)4月16日、10月9日15巻建久6年(1195)3月12日、5月20日、8月16日

氏家公信(太郎)10巻建久1年(1190)11月7日。26巻承久4年(1222)2月6日。27巻安貞2年(1228)3月9日、7月23日・24日、8月13日、寛喜1年(1229)6月27日。30巻文暦2年(1235)6月29日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

潮田実季(三郎)21巻建暦3年(1213)5月2日

潮田四郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

潮田六郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

臼井十郎21巻建暦3年(1213)2月16日

臼井常忠(太郎・入道)11巻建久2年(1191)1月1日。25巻承久3年(1221)6月3日

臼井常安(六郎)5巻文治1年(1185)10月24日、10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

臼井与一10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

臼杵惟隆(二郎)4巻元暦2年(1185)1月12日、26日、5巻文治1年(1185)10月16日、9巻文治5年(1189)3月20日

臼杵八郎13巻建久4年(1193)5月28日

宇田五郎(死)13巻建久4年(1193)5月28日

宇田左衛門尉30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月22日

右大臣(?)19巻承元2年(1208)5月29日

歌官寮頭7巻文治3年(1187)4月29日

雅楽允景光17巻正治3年(1201)9月15日

内島三郎25巻承久3年(1221)5月22日、6月18日

内島七郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

内田四郎25巻承久3年(1221)5月30日

右中弁5巻文治1年(1185)12月6日

宇津幾三郎10巻建久1年(1190)11月7日

宇津木十郎25巻承久3年(1221)6月18日

宇津幾十郎25巻承久3年(1221)6月18日

宇津幾平太25巻承久3年(1221)6月18日

宇都宮弥三郎13巻建久4年(1193)5月29日

宇都宮上条四郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

宇都宮左衛門尉31巻嘉禎2年(1236)8月4日

宇都宮四郎11巻建久2年(1191)8月6日・18日(頼業カ)

宇都宮時綱(美作前司)31巻嘉禎2年(1236)8月4日

宇都宮朝重(兵衛尉・四郎息)11巻建久2年(1191)8月6日

宇都宮朝綱(左衛門尉、藤原)2巻寿永1年(1182)8月13日、3巻元暦1年(1184)5月24日、11月14日、4巻元暦2年(1185)7月7日、5巻文治1年(1185)10月24日、7巻文治3年(1187)11月10日、9巻文治5年(1189)7月19日、8月10日、10巻建久1年(1190)4月11日、11月7日・9日・11日、12月1日、11巻建久2年(1191)1月5日、6月9日。13巻建久4年(1193)4月2日、14巻建久5年(1194)5月20日(法師)、6月28日7月28日

宇都宮朝時(新右衛門尉)31巻嘉禎3年(1237)6月23日

宇都宮朝業(五郎)14巻建久5年(1194)7月28日。

宇都宮朝基(新左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

宇都宮業綱(次郎)9巻文治5年(1189)7月19日

宇都宮信房(所)寿永2年(1183)2月23日7巻文治3年(1187)9月22日。8巻文治4年(1188)2月21日、3月5日、5月17日。15巻建久6年(1195)3月10日、5月20日

宇都宮宗朝(五郎左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

宇都宮泰綱(修理亮・修理進・下野守)27巻寛喜1年(1229)9月17日。28巻寛喜4年(1232)2月13日、貞永1年(1232)閏9月10日。29巻天福1年(1233)6月12日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日、6月5日

宇都宮行綱(四郎)31巻嘉禎3年(1237)6月23日

宇都宮頼綱(弥三郎・入道蓮生)14巻建久5年(1194)2月2日、7月28日16巻建久10年(1199)6月30日10月28日。18巻元久2年(1205)6月22日、8月7日・11日・16日(出家)・17日・19日。22巻建保2年(1214)5月7日、建保4年(1216)12月8日。25巻承久3年(1221)5月23日

宇都宮頼業(四郎兵衛尉・四郎左衛門尉・廷尉・判官)17巻建仁3年(1203)5月19日。27巻安貞2年(1228)7月23日・24日、10月15日、寛喜1年(1229)6月27日。30巻文暦2年(1235)2月9日、6月29日。31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・23日、4月16日、6月5日

宇都宮蓮生→宇都宮頼綱

海上胤有(五郎)27巻安貞2年(1228)7月23日

右兵衛尉為成→為成

右馬助31巻嘉禎3年(1237)8月15日

浦四郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

浦太郎25巻承久3年(1221)6月18日

浦野太郎10巻建久1年(1190)11月7日

海野左近21巻建暦3年(1213)5月6日

海野幸氏(小太郎・左衛門尉)3巻元暦1年(1184)4月21日。8巻文治4年(1188)2月28日、8月15日。9巻文治5年(1189)1月9日。10巻文治6年(1190)4月3日。13巻建久4年(1193)5月8日・16日・28日、8月9日・16日。14巻建久5年(1194)1月9日、閏8月1日、10月9日。15巻建久6年(1195)1月13日、3月10日・12日、8月16日。16巻正治2年(1200)閏2月8日、9月2日。17巻正治3年(1201)1月12日、5月14日、建仁2年(1202)1月3日、9月21日・29日、建仁3年(1203)1月3日。18巻建仁3年(1203)10月9日、建仁4年(1204)1月10日、2月12日。19巻承元4年(1210)5月21日、承元5年(1211)1月9日。20巻建暦2年(1212)1月11日。22巻建保4年(1216)10月5日。31巻嘉禎3年(1237)7月19日

永助→久万永助

永代六次(小山政光郎従)9巻文治5年(1189)9月20日

江田小太郎10巻建久1年(1190)11月7日

江田五郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

江田兵衛尉25巻承久3年(1221)6月18日

越後守頼房15巻建久6年(1195)5月20日

越後重家(次郎、越後平氏)第2巻治承5年(1181)2月12日、

越後重信(五郎、越後平氏)第2巻治承5年(1181)2月12日、

越後少将範茂→範茂

越後介高成(牧の方外甥)6巻文治2年(1186)6月17日、11巻建久2年(1191)11月12日、12月1日

越後局(比企朝宗妻)8巻文治4年(1188)1月22日

越中盛継(次郎兵衛、二郎兵衛尉盛継)3巻寿永3年(1184)2月7日4巻元暦2年(1185)2月19日、12巻建久3年(1192)2月22日。13巻建久4年(1193)3月16日

江戸景益(八郎太郎)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

江戸重継(太郎)9巻文治5年(1189)6月9日

江戸重長(太郎)第1巻治承4年(1180)8月26日、27日、9月28日、29日、10月4日、5日、養和2年(1182)1月28日、6巻文治2年(1186)1月3日、8巻文治4年(1188)4月9日、9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日、14巻建久5年(1194)2月2日、8月8日、15巻建久6年(1195)3月10日・12日

江戸重通(四郎)9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日、15巻建久6年(1195)3月10日

江戸重宗(七郎)5巻文治1年(1185)10月24日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

江戸四郎三郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

江戸高沢弥四郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

江戸忠重(太郎)18巻元久2年(1205)6月22日

江戸親重(次郎)9巻文治5年(1189)7月19日。16巻正治2年(1200)2月26日

江戸能範(左衛門尉)21巻建暦3年(1213)5月3日

江右近次郎9巻文治5年(1189)7月19日

江瀧口13巻建久4年(1193)8月18日

榎下重兼(前瀧口)14巻建久5年(1194)8月20日

荏原弥三郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

荏原貞政(七郎三郎)32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

荏原七郎25巻承久3年(1221)6月18日

荏原六郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

荏原六郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

海老名左衛門尉31巻嘉禎2年(1236)1月3日

海老名次郎(二郎)10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日

海老名季貞(源三)第1巻治承4年(1180)8月23日

海老名季綱(兵衛尉)4巻元暦2年(1185)4月15日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

海老名忠行(藤内左衛門尉・左衛門大夫)脱漏嘉禄2年(1226)10月18日。27巻安貞2年(1228)7月23日。32巻嘉禎4年(1238)3月18日

海老名太郎3巻寿永3年(1184)2月5日

海老名兵衛21巻建暦3年(1213)5月6日

海老名兵衛同太郎兵衛21巻建暦3年(1213)5月6日

海老名兵衛同次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

海老名兵衛同三郎21巻建暦3年(1213)5月6日

海老名兵衛同四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

海老名能季(四郎・義季)6巻文治2年(1186)6月25日、9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

恵美仲麿4巻元暦2年(1185)6月21日

恵美盛方(次郎)3巻寿永3年(1184)2月5日

遠藤左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

遠藤四郎脱漏元仁2年(1225)2月24日

遠藤為俊(左近将監)26巻貞応2年(1223)7月9日。脱漏元仁2年(1225)2月24日、嘉禄1年(1225)12月20日、嘉禄3年(1227)11月24日。27巻安貞2年(1228)7月23日、8月11日、10月15日 

遠藤兵衛尉27巻安貞2年(1228)7月23日・25日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

遠藤武者第2巻治承5年(1181)7月21日、

遠藤持遠(左近将監)6巻文治2年(1186)1月3日、

莚間三郎7巻文治3年(1187)4月29日

塩谷家光(太郎)9巻文治5年(1189)7月19日

塩谷惟廣(五郎)3巻寿永3年(1184)2月5日4巻元暦2年(1185)5月8日、

塩谷惟守(三郎)21巻建暦3年(1213)5月2日

塩谷小三郎25巻承久3年(1221)6月18日

塩谷五郎25巻承久3年(1221)6月18日

塩谷左衛門尉25巻承久3年(1221)6月18日

塩谷左衛門太郎25巻承久3年(1221)6月18日

塩谷三郎10巻建久1年(1190)11月7日。21巻建暦3年(1213)5月6日

塩谷太郎10巻建久1年(1190)11月7日。21巻建暦3年(1213)5月6日

塩谷朝業(兵衛尉)20巻建暦2年(1212)2月1日。21巻建暦3年(1213)8月20日。22巻建保2年(1214)7月27日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日

塩屋民部六郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

塩谷六郎10巻建久1年(1190)11月7日

塩谷六郎左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

王鶴12巻建久3年(1192)8月14日

王藤次(筥根山賊頭領)8巻文治4年(1188)9月21日

近江守頼茂→大内頼茂

近江三郎兵衛尉29巻天福2年(1234)7月26日

近江前司仲兼→仲兼

大炊(青墓宿長者・内記大夫行遠子息)10巻建久1年(1190)10月29日

大炊の姉(爲義妾・内記大夫行遠子息の姉)10巻建久1年(1190)10月29日

大井左衛門三郎25巻承久3年(1221)6月18日

大井実高(四郎)10巻建久1年(1190)11月7日

大井實春(兵衛次郎、兵三二郎・二郎・實治・入道)3巻寿永3年(1184)3月22日3巻元暦1年(1184)5月15日。5巻文治1年(1185)10月24日、11月12日。8巻文治4年(1188)3月15日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日・11日。11巻建久2年(1191)2月4日、閏12月7日。12巻建久3年(1192)11月13日。15巻建久6年(1195)3月10日。15巻建久6年(1195)3月10日(W出演)、5月20日。25巻承久3年(1221)5月23日

大井實久(二郎・實春に同一カ?)16巻建久10年(1199)10月28日、正治2年(1200)2月26日

大井実平(紀右衛門尉)21巻建暦3年(1213)8月26日。22巻建保2年(1214)7月27日。23巻建保6年(1218)6月27日

大井三郎〔武蔵〕32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大井五郎10巻建久1年(1190)11月7日

大井四郎10巻建久1年(1190)11月7日

大井四郎太郎10巻建久1年(1190)11月7日

大井光長(太郎)32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

大炊助入道脱漏嘉禄3年(1227)6月14日。29巻嘉禎1年(1235)12月24日。30巻文暦2年(1235)12月24日

大炊御門家嗣(内大臣)32巻嘉禎4年(1238)7月20日

大井光長(太郎)25巻承久3年(1221)6月18日

大泉氏平(二郎・左衛門尉)19巻承元3年(1209)5月5日。23巻建保6年(1218)6月27日

大内弥次郎25巻承久3年(1221)6月18日

大内小次郎16巻正治2年(1200)1月23日

大内惟信(帯刀長・左衛門大夫・駿河左衛門大夫・大夫判官)18巻元久2年(1205)9月20。21巻建暦3年(1213)8月14日・20日・26日。22巻建保2年(1214)8月13日。24巻承久2年(1220)10月11日、12月20日。25巻承久3年(1221)5月21日、6月3日・5日

大内惟義(右衛門尉、冠者、相模守、美濃守護・駿河前司)3巻寿永3年(1184)2月5日、3月20日、元暦1年(1184)5月15日、7月5日、18日、8月2日、3日。4巻文治1年(1185)8月29日。5巻文治1年(1185)9月3日、10月24日。7巻文治3年(1187)3月3日。9巻文治5年(1189)5月19日、6月9日、7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日・11日。11巻建久2年(1191)2月4日、3月4日、6月9日、11月27日。12巻建久3年(1192)6月20日、7月27日、11月25日、11月25日・29日、12月5日。13巻建久4年(1193)一月1日、12月1日、14巻建久5年(1194)2月2日、閏8月10日、12月26日。15巻建久6年(1195)1月1日、3月6日・10日・12日、4月15日、5月3日・20日、6月3日・28日、10月17日、16巻正治2年(1200)1月6日・24日、2月26日。20巻建暦2年(1212)3月20日、7月7日・9日。21巻建暦3年(1213)6月3日、8月20日・26日。22巻建保2年(1214)5月7日、7月27日、10月3日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日。24巻建保7年(1219)1月27日、承久2年(1220)4月3日

大内十郎25巻承久3年(1221)6月18日

大内信家(三郎)18巻元久2年(1205)閏7月29日

大内義信(武藏守、平賀冠者)3巻元暦1年(1184)5月21日、6月20日、21日、7月20日、8月17日。4巻元暦2年(1185)6月7日。5巻文治1年(1185)9月3日、10月24日。6巻文治2年(1186)1月3日、7月28日。7巻文治3年(1187)8月15日。8巻文治4年(1188)1月20日、7月10日・15日。9巻文治5年(1189)4月18日、5月19日、6月9日、7月19日。11巻建久2年(1191)6月7日、7月28日、8月6日。12巻建久3年(1192)7月26日、8月10日、11月25日・29日、12月5日。13巻建久4年(1193)3月13日、6月1日、7月2日14巻建久5年(1194)2月2日、8月8日、12月26日。15巻建久6年(1195)7月16日。17巻建仁2年(1202)3月14日。18巻建仁3年(1203)10月8日(前武蔵守)、建永2年(1207)2月20日(故)。19巻建暦1年(1211)11月3日。20巻建暦2年(1212)2月14日

大内義信の妻12巻建久3年(1192)4月2日。17巻建仁2年(1202)3月14日(亡妻)

大内頼茂(近江守)21巻建暦3年(1213)5月3日、8月14日

大内介弘成12巻建久3年(1192)1月19日

大江朝臣(主典代織部正兼皇后宮大属)4巻元暦2年(1185)8月13日、8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

大江朝臣(正六位上行左少史)6巻文治2年(1186)11月24日

大江朝臣(権介)7巻文治3年(1187)4月23日

大江景国(長門江太)12巻建久3年(1192)4月3日、5月19日

大江景遠12巻建久3年(1192)4月3日

大江景節(左衛門尉)15巻建久6年(1195)11月10日

大江公朝(江判官)4巻文治1年(1185)8月30日、5巻文治1年(1185)9月1日、4日、10月19日、6巻文治2年(1186)5月2日、14日、6月21日、7巻文治3年(1187)1月21日、3月15日、25日、8月27日、10月3日、12月18日、8巻文治4年(1188)2月2日、8日、9巻文治5年(1189)6月5日・6日・11日、10巻建久1年(1190)6月23日、8月3日、11巻建久2年(1191)5月12日

大江惟光22巻建保4年(1216)閏6月14日

大江四郎25巻承久3年(1221)6月18日

大江季厳(別当・廣元弟)12巻建久3年(1192)10月15日

大江佐房(少輔判官代・広元孫・左近大夫将監)25巻承久3年(1221)6月6日。26巻貞応2年(1223)7月26日、9月16日、貞応3年(1224)5月16日、閏7月28日、元仁1年(1224)12月19日。脱漏嘉禄1年(1225)5月22日、12月20日、寛喜2年(1230)1月4日、5月24日、10月6日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)1月24日、寛喜4年(1232)3月3日、貞永1年(1232)閏9月20日。29巻天福2年(1234)3月5日。30巻文暦2年(1235)2月15日、6月29日。31巻嘉禎2年(1236)6月11日

大江祐政(少輔左近大夫将監)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大江祐行→大江能行

大江高信(所)7巻文治3年(1187)4月23日

大江帯刀左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大江經広第2巻治承5年(1181)2月9日、

大江時広→長井時広

大江俊行(中務丞)29巻天福2年(1234)7月6日

大江成季(左衛門大夫)15巻建久6年(1195)10月7日

大江信任(二郎大夫)18巻元久2年(1205)閏7月29日

大江範親(右衛門尉)21巻建暦3年(1213)7月23日。22巻建保2年(1214)7月27日。23巻建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日。31巻嘉禎3年(1237)3月8日

大江久家(山城江次・右近將監)11巻建久2年(1191)12月19日、12巻建久3年(1192)3月4日。13巻建久4年(1193)7月18日、10月7日、11月5日、14巻建久5年(1194)11月4日

大江久康(右近次郎)31巻嘉禎3年(1237)7月8日・10日

大江兵衛尉(能範カ)21巻建暦3年(1213)2月2日。25巻承久3年(1221)6月18日。脱漏嘉禄3年(1227)3月24日

大江広元(安芸介、因幡守・中原・掃部頭・陸奥守・覚阿)3巻元暦1年(1184)6月1日、8月20日、28日、10月6日、24日、11月21日、23日、26日、12月24日。4巻元暦2年(1185)1月22日、3月6日、4月11日、13日、5月7日、8日、16日、24日、6月7日、13日。5巻文治1年(1185)9月5日、10日、10月3日、21日、24日、11月12日、12月6日、30日。6巻文治2年(1186)2月7日、3月4日、29日、6月21日、7月27日、閏7月19日。7巻文治3年(1187)4月14日、29日、5月20日、6月21日、8月19日、25日、10月25日、29日、11月28日、12月12日。9巻文治5年(1189)6月5日・9日、10月24日、11月7日・8日。10巻文治6年(1190)3月14日・24日、4月2日・建久1年4月19日、6月29日、9月15日・21日、11月2日・7日。11巻建久2年(1191)1月15日、4月5日、5月2日(大夫尉)・12日、6月9日、10月10日・20日、11月3日、12月24日。12巻建久3年(1192)2月4日、3月2日、6月20日、8月5日(家司別当)・9日・14日、9月12日、11月25日・29日、12月28日。13巻建久4年(1193)2月3日・7日、6月22日、8月2日、11月12日・30日14巻建久5年(1194)4月21日、5月29日、8月8日、9月28日、10月25日、11月14日、12月2日・26日。15巻建久6年(1195)3月10日、4月12日、5月20日、9月23日。16巻建久10年(1199)2月6日、3月6日・23日4月2日・27日、5月7日・16日、6月26日・30日、8月15日・19日、9月9日・17日・24日、10月28日、11月10日・12日、正治2年(1200)1月4日・7日・20日・23日24日、2月6日・22日・26日、4月10日・11日、5月5日、6月16日・17日、8月10日・15日・21日、9月2日、12月28日。17巻正治3年(1201)2月1日・3日、建仁1年4月3日・13日、9月7日・9日・15日、10月27日、建仁2年(1202)2月29日、8月18日、9月11日、閏10月15日、11月9日、建仁3年(1203)2月11日、3月10日、8月15日・16日・29日、9月2日・12日。18巻建仁3年(1203)9月21日、10月8日・9日、11月9日・15日、建仁4年(1204)2月9日、元久1年(1204)3月29日、4月1日・18日、5月5日・10日・19日、7月26日、10月17日、12月17日、元久2年(1205)6月22日、閏7月20日、8月7日・11日、9月19日、元久3年(1206)2月20日22日、3月2日・13日、建永1年(1206)5月6日・22日、6月21日、7月3日、建永2年(1207)1月22日、6月24日、8月17日、承元1年(1207)12月3日。19巻承元2年(1208)2月3日、閏4月26日、7月5日、9月3日、11月7日・14日、12月17日、承元3年(1209)2月3日、5月23日、10月10日・15日・17日、11月7日、12月15日、承元4年(1210)1月26日、2月21日、5月6日・25日、7月20日、8月12日、9月14日、10月15日、11月24日、承元5年(1211)1月2日・15日、3月3日、建暦1年(1211)4月3日、8月8日、12月1日・10日・20日・25日。20巻建暦2年(1212)1月2日・19日、2月28日、3月9日、4月18日、6月15日、7月2日、11月8日、12月29日。21巻建暦3年(1213)1月1日、2月15日、3月9日、4月1日・20日・28日、5月2日・3日・4日・5日・6日・7日・8日・9日・17日、6月12日・25日・26日、7月11日、8月1日・17日・20日、8月20日・29日、10月3日・14日、11月23日、12月1日・建保1年12月15日。22巻建保2年(1214)1月22日、4月18日、7月27日、11月25日、12月12日、建保3年(1215)3月5日、5月5日、8月16日、12月16日、建保4年(1216)4月7日・17日、6月8日、閏6月14日(大江性へ)・24日、7月29日、9月18日・20日、10月29日、11月24日。23巻建保5年(1217)5月12日・20日・25日、11月8日・9日・10日・17日、12月10日、建保6年(1218)2月10日、3月18日。24巻建保7年(1219)1月7日・27日、3月12日、承久2年(1220)5月20日、6月12日。25巻承久3年(1221)4月29日、5月19日・21日・23日、6月8日・23日、閏10月29日。26巻承久4年(1222)1月3日、貞応3年(1224)6月28日、閏7月3日。脱漏嘉禄1年(1225)6月10日(死)。28巻貞永1年(1232)12月5日

大江広元の息女(死)21巻建暦3年(1213)8月29日

大江惟弘19巻承元2年(1208)5月29日

大江通国(大学頭)12巻建久3年(1192)4月3日

大江木工助32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大江以基(弾正忠)29巻天福2年(1234)7月6日

大江以康(散位)29巻天福2年(1234)7月6日

大江盛行(大膳進)29巻天福2年(1234)7月6日

大江安任(四郎大夫)18巻元久2年(1205)閏7月29日

大江行義(蔵人所)の女13巻建久4年(1193)5月7日

大江能範(江内・兵衛尉・左衛門尉・判官)12巻建久3年(1192)5月19日、14巻建久5年(1194)8月8日、閏8月1日、12月26日。21巻建暦3年(1213)8月26日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保3年(1215)9月21日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月22日。25巻承久3年(1221)7月2日(死)

大江能広(左近将監)17巻正治3年(1201)1月15日

大江能行(兵衛尉・判官・廷尉)脱漏嘉禄3年(1227)8月18日。27巻安貞2年(1228)7月23日、10月15日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、4月16日、6月5日

大岳時親(判官)17巻建仁3年(1203)9月2日大岡時親(備前守)18巻元久2年(1205)8月5日

大鹿兼重(散位)7巻文治3年(1187)4月29日

大鹿国忠(惣大判官代散位)7巻文治3年(1187)4月29日

大鹿俊光(介)7巻文治3年(1187)4月29日

大方小次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

大方十郎6巻文治2年(1186)3月27日

大方遠政(太郎)21巻建暦3年(1213)5月2日

大方政直(五郎)21巻建暦3年(1213)5月2日・6日

大方余一→弁覚

大河兼任(次郎)10巻文治6年(1190)1月6日・7日・18日・19日・27日、2月6日・12日・23日、3月1日・10日(死)・25日、建久1年9月9日

大河忠季(二藤次・大河兼任弟)10巻文治6年(1190)1月7日

大河鶴太郎(大河兼任息)10巻文治6年(1190)1月6日

大河戸小四郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

大河戸重澄(太郎)16巻正治2年(1200)閏2月8日

大河戸重行(下総權守)第2巻治承5年(1181)2月18日、

大河戸秀行(次郎、C久)第2巻治承5年(1181)2月18日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

大河戸広行(太郎・兵衛尉)第2巻治承5年(1181)2月18日。3巻寿永3年(1184)2月5日3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日。5巻文治1年(1185)10月24日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日。27巻安貞2年(1228)7月23日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大河戸民部大夫32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大河戸民部太郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大河戸行平(四郎、葛浜)第2巻治承5年(1181)2月18日、10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日

大河戸行元(三郎、高柳)第2巻治承5年(1181)2月18日。3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日。18巻元久2年(1205)6月23日

大河戸六郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

大河原次郎10巻建久1年(1190)11月7日

大串小次郎9巻文治5年(1189)7月19日、8月10日・11日

大倉小次郎25巻承久3年(1221)6月18日

大蔵丞頼平→武藤頼平

大胡弥次郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大胡左衛門次郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大胡重俊(太郎)10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日、5月15日

大塩次郎(信濃)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

大島八郎15巻建久6年(1195)3月10日

大須賀左衛門尉31巻嘉禎2年(1236)1月3日

大須賀胤氏(左衛門次郎)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大須賀胤信(千葉四郎)第1巻治承4年(1180)9月17日。2巻寿永1年(1182)8月18日。5巻文治1年(1185)10月24日。9巻文治5年(1189)6月9日、8月12日、11月17日・18日。10巻建久1年(1190)9月15日、12月5日。11巻建久2年(1191)1月1日、7月28日。13巻建久4年(1193)一月1日。15巻建久6年(1195)3月10日、4月10日。18巻元久2年(1205)6月22日。20巻建暦2年(1212)1月19日。21巻建暦3年(1213)5月7日

大須賀胤秀(次郎左衛門尉)27巻安貞2年(1228)1月2日。27巻安貞2年(1228)3月9日、7月23日、安貞3年(1229)1月2日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日

大須賀範胤(八郎)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

大須賀通信(四郎)14巻建久5年(1194)2月2日

大須賀道信(太郎・四郎と同一人カ?)21巻建暦3年(1213)8月20日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保4年(1216)1月28日。23巻建保6年(1218)6月27日、7月8日。24巻建保7年(1219)1月27日

大曽四郎10巻建久1年(1190)11月7日、

大曽根時長(九郎藤次)10巻文治6年(1190)1月3日、建久1年11月7日。21巻建暦3年(1213)9月12日

大曽根長泰(太郎兵衛尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日、6月5日

大曽根盛経(次郎兵衛尉)31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

太田管五寿永2年(1183)2月23日

大田五郎25巻承久3年(1221)6月18日

大田次郎31巻嘉禎2年(1236)12月19日

太田太郎10巻建久1年(1190)11月7日

太田廣綱(源・駿河守)元暦1年(1184)5月21日、6月20日、21日、7月20日。4巻元暦2年(1185)6月7日。5巻文治1年(1185)10月24日。7巻文治3年(1187)8月15日。8巻文治4年(1188)3月15日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月6日・9日、7月19日。10巻文治6年(1190)1月3日、建久1年11月7日・11日、12月14日。11巻建久2年(1191)6月24日、11月27日

太田師衡(冠者・俊衡長男)9巻文治5年(1189)9月15日・18日、11月8日

太田行朝(小權守)寿永2年(1183)2月23日

太田之式(兵衛尉)17巻建仁1年(1201)9月15日

太田康連(玄番允・三善氏)脱漏嘉禄3年(1227)2月19日。28巻寛喜3年(1231)10月27日、11月18日、12月26日、寛喜4年(1232)1月23日、貞永1年(1232)5月14日、7月10日・12日。29巻天福1年(1233)11月10日、天福2年(1234)7月6日

太田六郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

大多和左衛門尉28巻貞永1年(1232)10月5日

大多和四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

大多和同五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

大多和義成(義久子息・次郎)3巻元暦1年(1184)8月22日。3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、3月9日、

大多和義久(三郎、五郎)第1巻治承4年(1180)8月22日・26日、2巻寿永1年(1182)11月10日、12巻建久3年(1192)3月23日

おほちはの三郎21巻建暦3年(1213)5月6日

大舎人助8巻文治4年(1188)3月15日。25巻承久3年(1221)6月18日(死)

大伴祐兼(四郎)18巻建永2年(1207)9月24日

大友親秀(能直子息・次郎・豊前大炊助)26巻貞応2年(1223)11月27日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

大友能直(左近將監・古庄・豊前守)8巻文治4年(1188)12月17日。9巻文治5年(1189)7月19日、8月9日。10巻文治6年(1190)1月13日、2月23日、4月9日、建久1年9月9日。12巻建久3年(1192)8月9日。13巻建久4年(1193)3月13日、5月16日(大友)・28日・29日。14巻建久5年(1194)5月24日。15巻建久6年(1195)3月10日・29日、4月15日、5月20日、6月3日、10月21日。16巻建久10年(1199)5月7日、正治2年(1200)2月26日。21巻建暦3年(1213)5月22日、7月23日、8月20日・22日、11月30日。23巻建保6年(1218)9月29日。26巻貞応2年(1223)11月27日(死)

大中臣秋家(甲斐四郎、甲斐小四郎)3巻元暦1年(1184)10月6日、4巻元暦2年(1185)4月13日、5巻文治1年(1185)9月5日、7巻文治3年(1187)10月29日、

大中臣宣長(大和守)12巻建久3年(1192)7月26日

大中臣隆宗(祭主大副)25巻承久3年(1221)4月17日、8月6日

大中臣以通(藏人)第2巻治承5年(1181)5月19日、

大中臣能隆(祭主)6巻文治2年(1186)6月7日

大中臣能親第2巻治承5年(1181)3月6日、

大ぬきの五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

大貫三郎25巻承久3年(1221)6月18日

多好氏(舞人)29巻文暦2年(1235)8月18日。30巻文暦2年(1235)8月18日

多好方(右近将監)11巻建久2年(1191)11月19日・21日・22日、12月19日。13巻建久4年(1193)7月18日、10月7日、11月12日。16巻建久10年(1199)11月8日。27巻寛喜1年(1229)9月9日、12月17日、寛喜2年(1230)閏1月7日

多好継30巻文暦2年(1235)閏6月24日

多好節(左近将監好方子息・右近将監)11巻建久2年(1191)11月22日。12巻建久3年(1192)3月4日。13巻建久4年(1193)10月7日、11月4日。16巻建久10年(1199)11月8日。30巻文暦2年(1235)閏6月24日。31巻嘉禎2年(1236)2月14日

大野家基(六郎)第2巻治承5年(1181)2月29日、

大野右近入道24巻承久2年(1220)9月25日

大野新右近将監26巻貞応1年(1222)12月13日

大野藤八12巻建久3年(1192)5月19日。15巻建久6年(1195)3月10日。18巻建永1年(1206)6月21日

大庭景兼(小次郎)21巻建暦3年(1213)5月2日・6日

大庭景親(三郎)第1巻治承4年(1180)8月2日、9日、11日、23日、24日、25日、26日、27日、9月3日、29日、10月18日、22日、23日、26日、11月12日、26日、5巻文治1年(1185)10月29日、9巻文治5年(1189)8月12日、10巻建久1年(1190)8月16日、14巻建久5年(1194)3月5日

大庭景宗(大庭景能父)8巻文治4年(1188)11月27日

大庭景能(平太)第1巻治承4年(1180)8月20日、10月9日、11日、12日、15日、23日、26日、11月20日、12月12日。第2巻治承5年(1181)1月1日、4月1日、5月13日、24日、7月8日、養和2年(1182)2月8日、4月24日、寿永1年(1182)8月12日、9月26日。3巻元暦1年(1184)8月28日。4巻元暦2年(1185)3月6日、8月27日。6巻文治2年(1186)11月12日。8巻文治4年(1188)4月3日、10月20日、11月1日・18日・27日。9巻文治5年(1189)6月30日、7月17日。10巻建久1年(1190)8月16日、9月3日、10月3日。11巻建久2年(1191)8月1日。13巻建久4年(1193)8月24日、14巻建久5年(1194)12月2日。15巻建久6年(1195)2月9日、3月10日。17巻建仁1年(1201)3月10日。19巻承元4年(1210)4月9日(死)

大原宿弥C廉 7巻文治3年(1187)4月23日

大姫(姫君)第2巻治承5年(1181)5月23日。3巻元暦1年(1184)4月21日、26日、6月27日。6巻文治2年(1186)5月17日、5月27日、9月16日。7巻文治3年(1187)2月23日。8巻文治4年(1188)6月1日。11巻建久2年(1191)10月17日、11月8日。13巻建久4年(1193)8月12日・17日・23日、9月18日、14巻建久5年(1194)7月29日、8月8日・18日、閏8月1日、11月10日。15巻建久6年(1195)2月14日、3月29日、4月2日・17日、6月18日、10月15日。26巻貞応2年(1223)8月20日

大見小平次13巻建久4年(1193)5月28日

大見実景(左衛門尉)31巻嘉禎3年(1237)4月22日。32巻嘉禎4年(1238)2月28日

大見平三5巻文治1年(1185)10月24日

大見家秀(平次)第1巻治承4年(1180)8月20日、10月23日、9巻文治5年(1189)7月19日、10巻文治6年(1190)1月18日(死)

大見政光(平太)第1巻治承4年(1180)8月24日、

大宮御局8巻文治4年(1188)2月2日

大屋家重(中太)脱漏嘉禄2年(1226)10月9日・12日

大矢中七8巻文治4年(1188)3月15日

大宅政光脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

大屋安資(中三郎)第2巻治承5年(1181)3月19日。第3巻壽永3年(1184)4月3日。15巻建久6年(1195)3月10日

大山弥藤次25巻承久3年(1221)6月18日(死)

岡三郎貞重18巻元久1年(1204)4月21日

岡頼基(冠者)14巻建久5年(1194)9月25日。15巻建久6年(1195)9月18日

岡崎惟平(先次郎)9巻文治5年(1189)7月19日

岡崎先法師丸8巻文治4年(1188)8月23日

岡崎実忠(左衛門尉・佐那田余一義忠子)21巻建暦3年(1213)5月2日・6日(死)

岡崎余一左衛門尉子次郎21巻建暦3年(1213)5月6日(死)

岡崎政宣(先次郎)14巻建久5年(1194)8月8日

岡崎与一太郎15巻建久6年(1195)3月10日・12日。21巻建暦3年(1213)5月3日・6日(死)

岡崎義實(四郎・岳崎・平四郎)第1巻治承4年(1180)8月6日、12日、20日、27日、10月7日、21日、23日、12月12日。第2巻治承5年(1181)6月19日、7月5日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)7月25日、9月7日、12月1日。7巻文治3年(1187)7月23日、10月2日。8巻文治4年(1188)8月23日、9月21日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)1月2日、7月18日、8月1日。13巻建久4年(1193)8月24日14巻建久5年(1194)2月2日。15巻建久6年(1195)3月10日。16巻建久10年(1199)10月28日正治2年(1200)閏2月12日、3月14日、6月21日(死)。21巻建暦3年(1213)5月3日

小笠原景清(次郎)22巻建保4年(1216)12月25日

小笠原時長(六郎)24巻承久1年(1219)7月19日。26巻承久4年(1222)1月7日、貞応1年(1222)7月3日。脱漏嘉禄2年(1226)9月22日。27巻安貞2年(1228)3月9日、5月10日、6月26日、7月23日・24日、寛喜1年(1229)6月27日、9月17日、10月22日、寛喜2年(1230)閏1月23日、2月19日。31巻嘉禎2年(1236)8月6日、嘉禎3年(1237)1月11日、4月19日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日、2月17日・28日

小笠原長清(二郎、加々美・兵衛尉・四郎)第1巻治承4年(1180)10月19日、12月12日、12月19日、第2巻治承5年(1181)2月1日、3巻元暦1年(1184)5月1日、8巻文治4年(1188)9月21日。13巻建久4年(1193)5月8日・29日、8月16日、14巻建久5年(1194)6月28日、10月9日。21巻建暦3年(1213)8月20日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)5月25日・26日、6月5日・11日・18日・24日、7月29日

小笠原長経(阿波弥太郎)16巻正治2年(1200)9月2日。17巻建仁2年(1202)9月21日。26巻貞応2年(1223)5月27日、貞応3年(1224)10月28日。脱漏嘉禄3年(1227)2月13日

小笠原頼直(平五)第1巻治承4年(1180)9月7日、

小笠原長経(弥太郎)8巻文治4年(1188)7月10日。16巻建久10年(1199)4月20日、7月20日・26日、8月19日、正治2年(1200)2月26日。17巻建仁1年(1201)9月18日、建仁3年(1203)9月4日

緒方惟榮(三郎)4巻元暦2年(1185)1月12日、26日、5巻文治1年(1185)10月16日

緒方惟能(三郎、惟栄)第2巻治承5年(1181)2月29日、

岡舘次郎10巻建久1年(1190)11月7日

岡乃次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

岡辺弥三郎13巻建久4年(1193)5月28日

岡部右馬允10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

岡部小三郎10巻建久1年(1190)11月7日、15巻建久6年(1195)3月10日

岡部左衛門四郎27巻安貞3年(1229)1月15日、寛喜2年(1230)1月10日。30巻文暦2年(1235)2月9日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日

岡部三郎13巻建久4年(1193)5月8日

岡部忠綱(忠嗣。二郎。小二郎)寿永2年(1183)2月17日、28日5巻文治1年(1185)10月24日、9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日。15巻建久6年(1195)3月10日

岡部忠澄(六弥太・岳辺六野太)7巻文治3年(1187)4月29日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

岡部時綱(左衛門尉)26巻貞応1年(1222)7月3日

岡部平六19巻承元4年(1210)8月16日

岡邊泰綱(權守)5巻文治1年(1185)11月12日。6巻文治2年(1186)1月3日。7巻文治3年(1187)3月21日。13巻建久4年(1193)6月22日

岡部与一太郎10巻建久1年(1190)11月7日

岡村次郎兵衛尉25巻承久3年(1221)6月15日・18日

岡村太郎5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

小河馬太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

小河馬允4巻元暦2年(1185)4月15日

小河小二郎11巻建久2年(1191)2月4日

小河重C(兵衛尉)第2巻治承5年(1181)2月12日、

小河右衛門尉脱漏嘉禄2年(1226)7月1日

小河左衛門尉脱漏嘉禄2年(1226)7月1日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

小河左衛門次郎32巻嘉禎4年(1238)2月28日

小河次郎10巻建久1年(1190)11月7日(先陣5番)

小河次郎10巻建久1年(1190)11月7日(先陣20番)

小河兵衛尉(三浦被官)25巻承久3年(1221)6月18日

小河祐義(小次郎、小二郎)3巻寿永3年(1184)2月5日5巻文治1年(1185)10月24日

小川直行(三郎兵衛尉)31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・22日・23日・28日、6月5日

小河原(雲藤三郎)3巻元暦1年(1184)25日、

隠岐式部大夫31巻嘉禎3年(1237)3月8日、4月22日

隠岐基行→二階堂基行

荻窪六郎25巻承久3年(1221)6月18日

興津紀太25巻承久3年(1221)6月18日

興津左衛門三郎25巻承久3年(1221)6月18日

興津左衛門四郎25巻承久3年(1221)6月18日

興津八郎十郎25巻承久3年(1221)6月18日

興津八郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

興津六郎25巻承久3年(1221)6月18日

荻野景員(二郎)23巻建保6年(1218)12月26日

荻野景継(三郎・梶原景高子)20巻建暦2年(1212)11月21日

荻野太郎25巻承久3年(1221)6月18日

荻野俊重(五郎)第1巻治承4年(1180)10月18日、11月12日、

をきのゝ八郎21巻建暦3年(1213)5月6日

をきのゝ弥八郎21巻建暦3年(1213)5月6日

をきのゝ弥八郎同太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

隠岐式部丞31巻嘉禎3年(1237)1月6日

隠岐判官代惟繁6巻文治2年(1186)3月12日

荻野景員(次郎)18巻元久2年(1205)1月3日。24巻建保7年(1219)1月27日

荻生右馬允20巻建暦2年(1212)6月8日

荻原小太郎25巻承久3年(1221)6月18日

小串右馬允15巻建久6年(1195)3月10日

小串馬允32巻嘉禎4年(1238)2月17日

小串五郎25巻承久3年(1221)6月18日

小国頼継(源兵衛三郎)20巻建暦2年(1212)1月11日

奥田四郎21巻建暦3年(1213)2月16日

奥田太郎21巻建暦3年(1213)2月16日

奥山三郎10巻建久1年(1190)11月7日

小倉野三10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)1月13日

小栗重成(十郎)第1巻治承4年(1180)11月8日、養和2年(1182)1月28日、寿永1年(1182)8月11日、3巻元暦1年(1184)4月23日、5巻文治1年(1185)10月24日、8巻文治4年(1188)3月15日、9巻文治5年(1189)8月22日、13巻建久4年(1193)5月1日、7月3日

小栗重広(次郎)10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

小越有弘(右馬允)9巻文治5年(1189)7月19日、10巻建久1年(1190)11月7日

小越右馬太郎25巻承久3年(1221)6月18日

小越四郎10巻建久1年(1190)11月7日。25巻承久3年(1221)6月18日

小越四郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

長田五郎10巻建久1年(1190)11月7日

長田實經(兵衛尉、因幡國、後に廣經)3巻寿永3年(1184)3月10日、

長田四郎10巻建久1年(1190)11月7日

長田資家(藤七)3巻寿永3年(1184)3月10日、

長田資經(高庭介)3巻寿永3年(1184)3月10日、

長田忠致(庄司)第1巻治承4年(1180)8月9日、10月13日、14日、9巻文治5年(1189)9月7日

長田太郎脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

長内左衛門尉31巻嘉禎3年(1237)6月23日

小澤三郎10巻建久1年(1190)11月7日(先陣14番)

小澤三郎10巻建久1年(1190)11月7日(後陣5番)

小澤重政(次郎)17巻正治3年(1201)1月12日。18巻元久2年(1205)6月23日(死)

小澤太郎入道25巻承久3年(1221)6月18日

小澤藤次太郎25巻承久3年(1221)6月18日

小澤信重(左近将監)18巻元久2年(1205)11月3日

忍五郎10巻建久1年(1190)11月7日

忍三郎10巻建久1年(1190)11月7日

鴛三郎15巻建久6年(1195)3月10日

押垂時基(三郎兵衛尉・左衛門尉)25巻承久3年(1221)6月18日。31巻嘉禎2年(1236)4月23日、8月4日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

おしたりの三郎(上と同一人かも)21巻建暦3年(1213)5月6日

鴛四郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

をしぬきの野三21巻建暦3年(1213)5月6日

をしぬきの野三同太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

押松丸(秀康所従)25巻承久3年(1221)5月19日・27日、6月1日

小田切奥太25巻承久3年(1221)6月18日(死)

小田切太郎10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

小槻国宗(左大史宿祢・大夫史)21巻建暦3年(1213)3月6日。22巻建保4年(1216)2月19日。24巻承久2年(1220)12月20日。25巻承久3年(1221)6月15日

小槻隆職(左大史)4巻元暦2年(1185)6月23日、5巻文治1年(1185)12月6日、6巻文治2年(1186)1月7日、2月23日、6月15日

小槻廣房(左大史・河内守)6巻文治2年(1186)1月7日、2月23日、12巻建久3年(1192)7月26日

女影四郎(武蔵)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

女景太郎25巻承久3年(1221)6月18日

鬼王12巻建久3年(1192)8月14日

鬼窪行親(小四郎)4巻元暦2年(1185)3月14日

麻祢屋四郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

麻祢屋次郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

小野家長(右馬允・義勝房成尋息)11巻建久2年(1191)1月24日

小野五郎8巻文治4年(1188)3月15日

小野次郎左衛門尉25巻承久3年(1221)6月18日

小野成時(野次郎、左衛門尉)16巻正治2年(1200)2月26日。25巻承久3年(1221)6月14日

小野成綱(野三刑部丞・成経)3巻元暦1年(1184)11月14日。7巻文治3年(1187)8月15日。8巻文治4年(1188)3月14日、8月20日。9巻文治5年(1189)7月19日。12巻建久3年(1192)4月3日、8月9日、11月25日。14巻建久5年(1194)8月8日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月10日、5月20日、6月29日。19巻建暦1年(1211)6月21日(故)

小野成経→小野成綱

小野小町20巻建暦2年(1212)10月11日、11月8日

小野時成(左兵衛尉)19巻承元2年(1208)8月20日

小野時信(蔵人)25巻承久3年(1221)6月8日

小野平七8巻文治4年(1188)3月15日

小野盛綱(下総前司・成綱子)25巻承久3年(1221)5月30日、6月3日・12日・14日・15日・18日

小野義成(野三左衛門尉・大夫判官・防鴨河使)12巻建久3年(1192)1月5日、8月9日、11月25日。19巻承元2年(1208)4月23日、閏4月3日(死)、8月20日

小野沢蔵人30巻文暦2年(1235)7月11日

小野沢時仲(次郎)30巻文暦2年(1235)6月29日

小野沢仲実(左近大夫)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

小野田国廉13巻建久4年(1193)11月23日

小野田国廉の姨母13巻建久4年(1193)11月23日

小野寺小次郎(左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

小野寺四郎(左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

小野寺中務丞25巻承久3年(1221)6月18日(死)

小野寺秀通(太郎・左衛門尉・入道)18巻元久2年(1205)6月22日。21巻建暦3年(1213)8月26日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)3月23日、6月27日。24巻建保7年(1219)1月27日。25巻承久3年(1221)6月18日

小野寺道綱(太郎)寿永2年(1183)2月23日3巻寿永3年(1184)2月5日3巻元暦1年(1184)8月8日、4巻元暦2年(1185)1月26日、8巻文治4年(1188)3月15日、9巻文治5年(1189)7月19日、10巻文治6年(1190)2月12日、建久1年11月7日、11巻建久2年(1191)2月4日、7月28日。13巻建久4年(1193)5月8日、14巻建久5年(1194)閏8月1日。15巻建久6年(1195)3月10日、5月20日

小野寺通時(四郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日

小野寺通業(小次郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日

尾前七郎7巻文治3年(1187)4月29日

小見野四郎10巻建久1年(1190)11月7日

麻続六郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

小山小四郎9巻文治5年(1189)8月20日

小山三郎12巻建久3年(1192)11月5日

小山四郎10巻建久1年(1190)11月7日

小山千法師丸7巻文治3年(1187)8月15日

小山太郎(相摸)10巻建久1年(1190)11月7日。21巻建暦3年(1213)5月6日

小山朝長(又四郎・新左衛門尉・朝政息)13巻建久4年(1193)8月16日。15巻建久6年(1195)8月16日。25巻承久3年(1221)5月25日、6月12日・24日、7月10日。26巻承久4年(1222)1月1日、2月6日

小山朝政(四郎、兵衛尉・左衛門尉・下野入道生西)第1巻治承4年(1180)9月3日。第2巻養和2年(1182)1月28日、2月2日、寿永1年(1182)8月14日。寿永2年(1183)2月20日、23日、27日、28日3巻寿永3年(1184)1月28日2月5日元暦1年(1184)5月15日、6月1日、9月2日。4巻元暦2年(1185)1月26日、3月11日、4月15日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)12月1日。7巻文治3年(1187)8月9日、15日、11月10日、15日。8巻文治4年(1188)3月15日、7月10日。9巻文治5年(1189)5月19日、6月9日・20日、7月8日・19日・20日、8月7日・10日・14日・20日。10巻建久1年(1190)4月11日、6月14日、11月7日・9日・11日・28日、12月1日・11日(右衛門尉)。11巻建久2年(1191)1月3日、2月4日、3月3日、7月28日、8月1日・18日。12巻建久3年(1192)7月28日、8月9日・15日、9月12日、10月19日、11月25日・29日、12月5日。13巻建久4年(1193)4月2日、5月8日・29日、9月11日。14巻建久5年(1194)2月2日、6月28日8月8日、10月9日、12月26日。15巻建久6年(1195)1月3日、3月9日・10日・12日、4月10日・15日、5月15日・20日、7月20日、8月15日。16巻建久10年(1199)6月30日、10月28日、12月29日、16巻正治2年(1200)1月7日、2月6日・22日・26日、10月21日。17巻正治3年(1201)2月3日、建仁1年6月28日、建仁3年(1203)9月2日。18巻建仁3年(1203)10月8日・9日、11月15日・23日、元久1年(1204)5月19日、元久2年(1205)1月1日、6月22日、8月7日・11日。19巻承元3年(1209)12月15日、承元5年(1211)1月3日、建暦1年(1211)7月8日。20巻建暦2年(1212)1月3日・19日。21巻建暦3年(1213)1月3日、2月16日、8月20日・26日、閏9月16日。22巻建保2年(1214)1月22日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)3月24日、12月26日。24巻承久1年(1219)7月19日、承久2年(1220)12月1日・2日・27日。25巻承久3年(1221)5月23日、6月5日、8月2日。26巻貞応3年(1224)閏7月1日、9月16日、10月1日。脱漏嘉禄1年(1225)12月20日、嘉禄2年(1226)9月22日、嘉禄3年(1227)3月24日。27巻安貞2年(1228)3月25日、4月25日・26日、10月10日・15日・16日28巻寛喜4年(1232)2月13日。29巻天福1年(1233)5月27日。30巻文暦2年(1235)2月10日。31巻嘉禎2年(1236)4月4日・14日、7月10日。32巻嘉禎4年(1238)3月30日(死84)

小山朝光→結城朝光

小山長村(五郎・左衛門尉)27巻安貞2年(1228)5月10日、6月26日、7月23日・24日、8月13日、12月30日、寛喜1年(1229)6月27日、9月17日、10月22日・26日、寛喜2年(1230)閏1月23日、2月19日。28巻寛喜3年(1231)9月25日。30巻文暦2年(1235)2月9日、6月29日、31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日、7月25日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日・28日

小山政光(下野大掾)第1巻治承4年(1180)10月2日、7巻文治3年(1187)12月1日、9巻文治5年(1189)7月20日(入道)、9月20日。16巻建久10年(1199)10月27日。19巻承元3年(1209)12月15日(亡父)

小山政光の妻→寒河尼さがに・小山政光の妻→網戸尼(同一人)結城朝光母

小山宗政→長沼宗政

小山田有重(別當)3巻元暦1年(1184)6月16日、4巻元暦2年(1185)7月7日

小山田有高(太郎)4巻元暦2年(1185)4月13日、5巻文治1年(1185)9月5日

小山田四郎重朝→榛谷重朝

小山田三郎重成→稲毛重成

小山田行重(五郎)3巻寿永3年(1184)2月5日10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日。15巻建久6年(1195)3月10日

於呂五郎25巻承久3年(1221)6月18日

於呂左衛門五郎25巻承久3年(1221)6月18日

於呂左衛門四郎25巻承久3年(1221)6月18日

於呂七郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

尾張中務丞21巻建暦3年(1213)2月16日

inserted by FC2 system inserted by FC2 system