吾妻鏡入門 

氏名出演一覧 氏名は、訓読みの五十音順にしております。

皇室・将軍  公卿武家の あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら・わ行雜色・庶民・神主 僧侶・他国人

波賀小太郎25巻承久3年(1221)6月18日

賀次郎大夫(宇都宮朝綱郎従)9巻文治5年(1189)8月10日、9月20日

筥王丸10巻建久1年(1190)11月7日

筥田太郎10巻建久1年(1190)11月7日

土師宿弥國方7巻文治3年(1187)4月23日

土師宿弥助遠7巻文治3年(1187)4月23日

土師宿弥弘正7巻文治3年(1187)4月23日

土師宿弥弘安7巻文治3年(1187)4月23日

土師宿弥安利7巻文治3年(1187)4月23日

長谷部右衛門尉31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

長谷部四郎左衛門尉30巻文暦2年(1235)6月29日

長谷部為連(長馬新大夫)23巻建保6年(1218)10月27日

長谷部太郎右衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

長谷部朝連(三郎左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日

長谷部内左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

長谷部長泰(三郎左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日

長谷部信連(長兵衛尉・左兵衛尉)第1巻治承4年(1180)5月10日。6巻文治2年(1186)4月4日。23巻建保6年(1218)10月27日(死)

長谷部秀達(掃部左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

長谷部兵衛三郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

蓮池家綱(権守)2巻寿永1年(1182)9月25日、11月20日。4巻元暦2年(1185)3月27日。10巻建久1年(1190)7月11日

秦兼平(府生)10巻建久1年(1190)5月29日、11月26日、12月1日・2日・3日

秦兼峯(兼平男)10巻建久1年(1190)12月1日。11巻建久2年(1191)10月2日。24巻建保7年(1219)1月27日

秦清種23巻建保6年(1218)6月27日

秦頼澄23巻建保6年(1218)6月27日

秦頼任(頼文男)10巻建久1年(1190)12月1日

秦頼文(頼任父)10巻建久1年(1190)12月1日

畠山三郎(源性)31巻嘉禎3年(1237)4月19日

畠山重清→長野重清

畠山重忠(次郎)第1巻治承4年(1180)8月24日、26日、10月4日、6日、12月12日。第2巻治承5年(1181)1月1日、7月20日、養和2年(1182)1月3日、4月5日、寿永1年(1182)8月13日。3巻寿永3年(1184)1月20日2月5日元暦1年(1184)6月1日、11月6日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)4月8日。7巻文治3年(1187)6月29日、8月9日、9月27日、10月4日、13日、11月15日、21日。8巻文治4年(1188)3月15日、4月9日、7月10日、9月14日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月10日・17日・19日、8月7日・8日・9日・10日・11日・20日、9月6日・7日・20日。10巻建久1年(1190)4月11日、10月2日、11月7日・9日・11日、12月1日。11巻建久2年(1191)2月4日、3月3日、7月28日、8月1日・18日、11月19日。12巻建久3年(1192)6月13日、7月28日、9月11日、11月13日・25日・29日。13巻建久4年(1193)2月9日・18日、5月8日・29日、11月15日・27日。14巻建久5年(1194)2月2日、6月28日8月8日、9月11日、11月4日、12月2日。15巻建久6年(1195)2月10日・14日、3月9日・10日・12日、4月5日、5月20日。16巻建久10年(1199)5月7日、6月30日10月28日治2年(1200)1月18日、2月2日・6日、5月28日、7月1日17巻建仁1年(1201)6月28日、建仁3年(1203)9月2日。18巻建仁3年(1203)11月15日、元久2年(1205)6月21日・22日(死)・23日、7月8日、9月2日。19巻建暦1年(1211)4月2日。21巻建暦3年(1213)9月19日・26日。28巻寛喜3年(1231)4月20日

畠山重忠が後家19巻承元4年(1210)5月14日

畠山重綱(出羽権守)脱漏嘉禄2年(1226)4月10日

畠山重秀(小次郎)18巻元久2年(1205)6月22日(死)

畠山重宗→長野重宗

畠山重保(六郎)18巻元久1年(1204)10月14日、11月20日、元久2年(1205)6月20日・21日・22日(死)

畠山重能4巻元暦2年(1185)7月7日

波多野有常(有經、馬允)第1巻治承4年(1180)10月17日、11月20日。4巻元暦2年(1185)4月15日。8巻文治4年(1188)4月3日、

波多野弥藤次25巻承久3年(1221)6月18日

波多野小六郎27巻安貞2年(1228)7月23日

波多野實方(余三)9巻文治5年(1189)7月19日

波多野三郎21巻建暦3年(1213)5月6日

波多野三郎同太郎21巻建暦3年(1213)5月6日

波多野三郎同弥次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

波多野忠綱(小次郎・中務丞)第2巻治承5年(1181)1月5日。5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日。16巻建久10年(1199)10月28日、16巻正治2年(1200)1月18日。17巻建仁3年(1203)9月6日。18巻元久2年(1205)6月22日。21巻建暦3年(1213)5月2日・4日・7日、8月20日・26日。22巻建保4年(1216)7月29日

波多野經家(四郎、大友)4巻元暦2年(1185)4月14日、

波多野経朝(次郎・中務次郎)16巻正治2年(1200)1月18日、閏2月8日。18巻建仁3年(1203)10月8日。20巻建暦2年(1212)3月16日。21巻建暦3年(1213)2月2日、5月2日・4日・7日、6月25日。24巻承久2年(1220)12月1日。25巻承久3年(1221)6月6日・18日。脱漏嘉禄3年(1227)3月9日・19日。29巻天福1年(1233)5月5日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日

波多野遠義(筑後権守)8巻文治4年(1188)8月23日

波多野朝定(弥次郎・次郎)21巻建暦3年(1213)5月3日・4日。22巻建保4年(1216)2月1日。23巻建保6年(1218)2月12日、3月16日。24巻承久1年(1219)7月19日、承久2年(1220)12月1日。25巻承久3年(1221)3月22日、4月17日。28巻貞永1年(1232)11月29日。31巻嘉禎3年(1237)3月9日

波多野中務五郎25巻承久3年(1221)6月18日

波多野盛通(三郎)16巻正治2年(1200)2月2日・6日。21巻建暦3年(1213)5月3日

波多野義景(五郎)8巻文治4年(1188)8月23日。9巻文治5年(1189)7月14日・19日。11巻建久2年(1191)2月4日。12巻建久3年(1192)11月2日。13巻建久4年(1193)5月8日。15巻建久6年(1195)3月10日。18巻建永1年(1206)6月21日

波多野義定(三郎)第2巻治承5年(1181)1月5日。3巻元暦1年(1184)5月15日。15巻建久6年(1195)3月10日

波多野義重(五郎・義景と同一人カ?)25巻承久3年(1221)6月6日

波多野義常(右馬允)第1巻治承4年(1180)7月10日、7月23日、10月17日、11月20日、第2巻治承5年(1181)1月5日。8巻文治4年(1188)4月3日、

波多野義常の姨母第1巻治承4年(1180)10月17日、

波多野義通第1巻治承4年(1180)10月17日、第2巻治承5年(1181)1月5日。8巻文治4年(1188)8月23日

八条実清(少将)29巻天福2年(1234)1月1日、天福2年(1234)3月5日

八条光盛(三位)24巻建保7年(1219)1月27日

八田三郎15巻建久6年(1195)8月16日。21巻建暦3年(1213)2月16日

八田知家(武者所、右衛門尉・筑後入道)寿永2年(1183)2月23日、28日3巻元暦1年(1184)6月1日、8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、4月15日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)1月3日、5月10日、14日。7巻文治3年(1187)1月2日、8月15日。8巻文治4年(1188)3月15日、5月20日、12月11日。9巻文治5年(1189)2月26日、4月18日、6月3日・9日、7月17日・19日、8月12日、9月15日・16日。10巻建久1年(1190)4月11日、9月15日、10月3日(前右衛門尉)、11月7日・9日・11日、12月1日・5日。11巻建久2年(1191)2月4日、6月9日、7月28日、8月1日・6日。12巻建久3年(1192)11月25日・29日。13巻建久4年(1193)一月1日、4月2日、5月1日、6月5日・12日・22日、12月13日。14巻建久5年(1194)1月2日、2月2日8月8日、12月19日・26日。15巻建久6年(1195)1月8日、3月10日、5月20日、8月15日。16巻建久10年(1199)2月6日4月2日、5月7日・13日、6月30日正治2年(1200)1月5日。17巻建仁3年(1203)6月23日。21巻建暦3年(1213)12月1日。25巻承久3年(1221)5月23日

八田知定→筑後知定

八田知重→筑後朝重

八田知尚→筑後知尚

八田宗綱(武者)第1巻治承4年(1180)10月2日、

埴生盛兼(弥太郎)第2巻養和1年(1181)11月11日、

馬塲資幹(次郎・二郎・小次郎)10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日。13巻建久4年(1193)6月22日、7月3日、9月1日。15巻建久6年(1195)3月10日

馬場入道浄賢18巻元久1年(1204)10月17日

垣生清員(太郎)18巻元久2年(1205)閏7月29日

祝部成茂(日吉禰宜)25巻承久3年(1221)閏10月29日

葉室光親(上卿・按察使・西親)20巻建暦2年(1212)7月8日。21巻建暦3年(1213)3月6日。22巻建保4年(1216)3月22日。25巻承久3年(1221)5月19日、6月24日、7月12日(死)・13日

葉室光親の童僕25巻承久3年(1221)7月13日

葉室光俊(右少弁)24巻承久2年(1220)12月20日

葉室光雅(頭弁)3巻寿永3年(1184)1月26日。4巻元暦2年(1185)6月23日、

葉室朝俊(右衛門佐)25巻承久3年(1221)6月14日

葉室宗頼(大蔵卿)5巻文治1年(1185)12月6日

早川遠平→土肥遠平

林次郎25巻承久3年(1221)6月8日

林太郎21巻建暦3年(1213)5月6日。26巻貞応3年(1224)3月19日

林内藤次21巻建暦3年(1213)5月6日

葉山介宗頼9巻文治5年(1189)10月28日

原右衛門尉31巻嘉禎2年(1236)1月1日

原景房(宗三郎)第1巻治承4年(1180)8月23日。15巻建久6年(1195)3月10日

原C益(三郎)3巻寿永3年(1184)2月5日

原五郎31巻嘉禎2年(1236)1月1日

原三郎31巻嘉禎3年(1237)1月11日

原二郎5巻文治1年(1185)10月24日

原高春(大夫、尾張國)3巻寿永3年(1184)3月13日、

原忠益(小三郎)10巻建久1年(1190)11月7日

原忠康(左衛門尉)25巻承久3年(1221)12月11日。26巻貞応1年(1222)7月3日、12月13日、貞応2年(1223)1月5日。27巻安貞2年(1228)3月9日

原宗房(三郎)5巻文治1年(1185)10月29日。13巻建久4年(1193)5月28日。14巻建久5年(1194)12月15日。16巻正治2年(1200)1月20日

原行能(宗四郎)7巻文治3年(1187)8月8日。11巻建久2年(1191)2月4日。

原泰綱(左衛門四郎)31巻嘉禎3年(1237)1月2日

原義行(四郎)第1巻治承4年(1180)8月23日。15巻建久6年(1195)3月10日。行能に同一人かもしれない。

原田種直(大夫、太宰少貳)第2巻治承5年(1181)2月29日。4巻元暦2年(1185)2月1日、3月2日(死記事)、5月9日、6月14日、7月12日。5巻文治1年(1185)12月6日。6巻文治2年(1186)5月2日、

播磨貞直23巻建保6年(1218)6月27日

播磨貞弘(番長)10巻建久1年(1190)11月26日、12月1日

播磨局6巻文治2年(1186)3月12日

榛澤六郎9巻文治5年(1189)7月19日

板額御前17巻建仁1年(1201)5月14日、6月28日・29日(越州女囚)

榛谷重季(太郎)18巻元久2年(1205)6月23日(死)

榛谷重朝(四郎、元小山田)第2巻治承5年(1181)4月7日(榛谷)寿永1年(1182)6月7日。3巻寿永3年(1184)2月5日元暦1年(1184)6月16日。5巻文治1年(1185)10月24日。7巻文治3年(1187)8月20日、10月2日。8巻文治4年(1188)1月6日。9巻文治5年(1189)1月3日・9日、7月19日、10月1日10巻建久1年(1190)4月11日、8月15日、11月7日。11巻建久2年(1191)1月5日、2月4日、9月21日。12巻建久3年(1192)1月5日(榛谷)、11月25日。13巻建久4年(1193)3月21日、5月8日・29日、8月16日、11月19日。14巻建久5年(1194)1月9日、2月2日8月8日、閏8月1日、10月9日、11月21日。15巻建久6年(1195)3月10日・27日、5月20日、6月3日、8月16日。16巻建久10年(1199)10月28日、正治2年(1200)1月7日、2月26日。17巻正治3年(1201)1月12日、建仁2年(1202)1月3日、9月21日・29日、建仁3年(1203)9月2日。18巻建仁3年(1203)10月9日、建仁4年(1204)1月10日、2月12日、元久2年(1205)6月23日(死)。21巻建暦3年(1213)9月26日

榛谷季重(次郎)18巻元久2年(1205)6月23日(死)

盤五家次→柏木家次

榛沢成清(六郎)18巻元久2年(1205)6月22日

稗垂時基(左衛門尉)30巻文暦2年(1235)6月29日

日置宿弥高元(散位)7巻文治3年(1187)4月23日

比企尼2巻寿永1年(1182)10月17日。6巻文治2年(1186)6月16日。7巻文治3年(1187)9月9日、

比企掃部允第1巻治承4年(1180)8月9日、2巻寿永1年(1182)10月17日、

比企五郎17巻建仁3年(1203)9月2日(死)

比企三郎16巻建久10年(1199)4月20日、7月25日・26日、8月19日、11月19日。17巻建仁2年(1202)9月21日、11月21日、建仁3年(1203)9月2日(死)

比企四郎16巻建久10年(1199)11月19日(時員カ)。17巻建仁3年(1203)9月2日(死)

比企藤次5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)2月6日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日。15巻建久6年(1195)3月10日、7月20日

比企時員(弥四郎)8巻文治4年(1188)7月10日。12巻建久3年(1192)8月20日。16巻建久10年(1199)4月20日、11月18日、正治2年(1200)5月12日、6月16日。17巻建仁1年(1201)7月6日、9月11日・18日、10月1日・21日、建仁2年(1202)1月10日、4月13日、5月20日、6月25日、7月29日、9月10日、17巻建仁3年(1203)1月2日、3月4日・26日、4月21日、5月20日、7月18日

比企朝宗(藤内)3巻元暦1年(1184)7月25日、8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、2月16日、3月11日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)6月17日、8月4日、9月25日、10月10日、12月15日。7巻文治3年(1187)3月21日。8巻文治4年(1188)1月22日、9月9日・17日。11巻建久2年(1191)3月4日、11月14日。12巻建久3年(1192)9月25日。13巻建久4年(1193)3月13日、11月27日。14巻建久5年(1194)2月2日、12月10日

比企朝宗の妻→越後局

比企兵衛尉(与一)16巻正治2年(1200)1月20日・25日。17巻建仁3年(1203)9月2日(死)

比企宗員(判官四郎)16巻正治2年(1200)2月26日

比企能員(四郎、藤四郎・右衛門尉・新判官)2巻寿永1年(1182)10月17日、寿永2年(1183)2月27日3巻元暦1年(1184)5月1日、8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、2月16日、3月11日、6月7日。5巻文治1年(1185)9月1日、10月24日。8巻文治4年(1188)3月15日、7月10日。9巻文治5年(1189)6月9日、7月17日・18日、8月13日、9月4日。10巻文治6年(1190)1月3日・8日・11日、建久1年12月1日・11日(右衛門尉)。11巻建久2年(1191)1月2日、3月4日、7月28日、8月1日。12巻建久3年(1192)7月26日、11月25日13巻建久4年(1193)11月8日。14巻建久5年(1194)2月2日、8月8日15巻建久6年(1195)2月12日、3月10日・12日、4月15日、5月20日、8月15日、10月1日・26日。16巻建久10年(1199)2月6日4月2日、10月28日、11月18日・19日正治2年(1200)2月26日、8月1日。17巻建仁1年(1201)6月28日、9月15日、建仁2年(1202)3月8日、建仁3年(1203)8月27日、9月2日(死)・3日・4日・5日・6日。18巻建仁3年(1203)9月19日、元久2年(1205)6月21日

比企能員が妻妾17巻建仁3年(1203)9月3日

比企能員が二才の男子17巻建仁3年(1203)9月3日

樋口兼光(次郎)3巻寿永3年(1184)1月21日26日、2月2日(死)

肥後守資隆→資隆すけたか

肥後四郎左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

肥後坊良西18巻元久1年(1204)10月17日

久兼(武者所)4巻元暦2年(1185)5月27日、

久兼(山城介)4巻元暦2年(1185)7月23日。6巻文治2年(1186)3月16日。7巻文治3年(1187)4月29日、10月13日。9巻文治5年(1189)2月21日、7月10日

久實(源頼兼家人)5巻文治1年(1185)10月21日

尚友→惟宗尚友

久長(久實息)5巻文治1年(1185)10月21日

尚光(内蔵允・尚友子息)21巻建暦3年(1213)9月8日

火せんの江次6巻文治2年(1186)3月27日

肥前房(安東の手)25巻承久3年(1221)6月18日

肥多三郎兵衛尉27巻安貞3年(1229)1月1日

肥多又太郎26巻貞応2年(1223)1月25日

肥多宗直(八郎)16巻正治2年(1200)6月16日。17巻建仁1年(1201)7月6日、9月11日、10月1日・21日、17巻建仁2年(1202)1月10日、4月13日、7月29日、9月10日、建仁3年(1203)2月16日、3月4日・26日、4月21日、7月18日。21巻建暦3年(1213)1月3日。27巻安貞3年(1229)1月1日。28巻寛喜3年(1231)9月25日

飛騨景綱(三郎左衛門尉)3巻寿永3年(1184)2月7日

飛騨經景(左衛門尉)4巻元暦2年(1185)4月11日

常陸介朝俊→朝俊

常陸資綱(三郎)→伊佐資綱

常陸為家(四郎)→伊佐為家

常陸為重(次郎)→伊佐為重

常陸太郎7巻文治3年(1187)4月29日

常陸為宗(冠者)→伊佐為宗

常陸入道念西→伊佐時長

常陸平四郎5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。12巻建久3年(1192)5月19日

常陸坊昌明6巻文治2年(1186)3月27日、5月25日、9月13日。8巻文治4年(1188)6月14日。9巻文治5年(1189)7月19日

常陸六郎7巻文治3年(1187)4月29日

ひちかたの次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

樋爪兼衡(次郎・俊衡次男)9巻文治5年(1189)9月15日・18日

樋爪季衡(五郎・俊衡弟)9巻文治5年(1189)9月15日・18日

樋爪俊衡(太郎・法師)9巻文治5年(1189)9月4日・15日・16日・18日、10月19日

備中蔵人31巻嘉禎3年(1237)8月15日

備中重氏(左近大夫)29巻嘉禎1年(1235)12月24日。30巻文暦2年(1235)12月24日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日

秀澄→藤原秀澄

秀康→藤原秀康

秀能22巻建保4年(1216)6月14日

尾藤景氏(太・太郎)27巻寛喜2年(1230)1月4日。31巻嘉禎2年(1236)12月19日

尾藤景綱(次郎・左近将監・左近入道・道然)21巻建暦3年(1213)5月3日。25巻承久3年(1221)5月22日、6月13日・14日。26巻貞応3年(1224)2月23日、6月27日・28日、閏7月29日、8月28日、11月18日。脱漏嘉禄1年(1225)10月27日、嘉禄2年(1226)10月12日、12月13日、嘉禄3年(1227)5月10日、6月15日・18日、11月4日。27巻安貞2年(1228)5月21日、寛喜2年(1230)1月17日、2月30日、10月16日。28巻寛喜3年(1231)10月16日、貞永1年(1232)8月9日。29巻天福2年(1234)3月5日、4月5日、8月21日(死)

尾藤次知景10巻建久1年(1190)11月7日。17巻建仁3年(1203)9月2日

尾藤太知宣3巻寿永3年(1184)2月21日、

尾藤太知平9巻文治5年(1189)7月19日

人見八郎25巻承久3年(1221)6月18日

人見行経(小三郎)10巻建久1年(1190)11月7日

日野家實(蔵人大輔・左衛門権佐)9巻文治5年(1189)12月26日。10巻建久1年(1190)8月9日

日野兼光(卿)5巻文治1年(1185)12月6日

日奉実直(在庁・散位)28巻寛喜3年(1231)4月20日

姫前(比企朝宗女)12巻建久3年(1192)9月25日

姫宮10巻建久1年(1190)6月23日

姫宮母(九条院官女)10巻建久1年(1190)6月23日

日向権守清実→C実

日向介19巻建暦1年(1211)12月17日。脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

兵衛判官代脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

平井久重(紀六)第1巻治承4年(1180)8月24日、第2巻治承5年(1181)1月6日、4月19日(死)、

平出弥三郎25巻承久3年(1221)5月22日、6月14日

平出左衛門尉28巻貞永1年(1232)11月13日

平岡左衛門尉30巻文暦2年(1235)6月29日

平賀三郎兵衛尉31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)3月8日、嘉禎3年(1237)6月23日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

平賀朝信(三郎)5巻文治5年(1189)7月19日10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

平賀朝雅(武蔵守)16巻正治2年(1200)2月26日。17巻建仁3年(1203)9月2日。18巻建仁3年(1203)10月3日・19日、元久1年(1204)3月9日・10日・29日、4月21日、5月6日・10日、11月20日、元久2年(1205)6月21日・23日、閏7月19日・20日・26日(死)、8月2日、9月2日・20日、建永1年(1206)7月1日

平河刑部太郎25巻承久3年(1221)6月18日

平河刑部又太郎25巻承久3年(1221)6月18日

平佐古爲重(太郎)第1巻治承4年(1180)8月20日。3巻寿永3年(1184)2月5日10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

平田家繼(太郎、入道)3巻元暦1年(1184)8月2日、

平田俊遠(太郎)2巻寿永1年(1182)9月25日、11月20日、

平塚兵衛尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

平野与一21巻建暦3年(1213)5月6日

平山小次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

平山次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

平山季重(武者所、右衛門尉、左衛門尉)第1巻治承4年(1180)11月4日、7日。3巻寿永3年(1184)2月5日・7日4巻元暦2年(1185)4月15日。9巻文治5年(1189)7月19日。12巻建久3年(1192)8月9日。15巻建久6年(1195)3月10日

平山重村(小太郎)10巻建久1年(1190)11月7日

蛭河刑部三郎25巻承久3年(1221)6月18日

蛭河刑部三郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

蛭河四郎左衛門尉32巻嘉禎4年(1238)2月17日

広川五郎27巻安貞3年(1229)1月3日。31巻嘉禎3年(1237)1月11日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日

美六美八25巻承久3年(1221)6月18日

広沢実方(余三)10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

広沢実高(三郎・左衛門尉・実方子)4巻文治1年(1185)8月24日。5巻文治1年(1185)10月24日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日。21巻建暦3年(1213)6月25日、8月20日

広沢実能(三郎・実高子・三郎左衛門尉)脱漏嘉禄3年(1227)11月25日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日

広沢重義(三郎)14巻建久5年(1194)11月21日

火ろさハの二郎6巻文治2年(1186)3月27日

広瀬助弘(四郎・相州の侍)18巻建永1年(1206)6月21日。19巻承元4年(1210)8月16日

廣田邦房(次郎)8巻文治4年(1188)3月15日。11巻建久2年(1191)3月3日。13巻建久4年(1193)3月13日

廣田維業(大和守)11巻建久2年(1191)3月3日

廣綱(七太、惟仲後胤)9巻文治5年(1189)9月6日

広俊(京都陰陽師)貞応2年(1223)12月20日

広仲(大膳亮)26巻貞応3年(1224)7月11日、元仁1年(1224)12月19日。脱漏嘉禄1年(1225)5月22日、12月20日

廣房(日向守、左大史)5巻文治1年(1185)12月6日。9巻文治5年(1189)閏4月1日

広光(左衛門尉)脱漏嘉禄2年(1226)12月10日。27巻寛喜2年(1230)閏1月17日

弘持(在庁)28巻寛喜3年(1231)4月20日

弘元(豊西郡司)6巻文治2年(1186)8月5日

深草六郎(伊具被官)25巻承久3年(1221)6月18日

深沢景家(三郎)21巻建暦3年(1213)5月2日参考深澤三郎景家は、細川重男氏の研究によると五月六日条の虜捕人々のふかさわの次郎と同一人で鎌倉党。三郎は二郎の転写間違いであろうとしている。湯山学氏も同じだそうな。
ふかさわの次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

深栖四郎8巻文治4年(1188)3月15日。10巻建久1年(1190)11月7日

深栖太郎10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日

深浜木平六10巻建久1年(1190)11月7日

深沼五郎23巻建保5年(1217)4月5日

福王(九条道家子、頼経弟)32巻嘉禎4年(1238)4月10日、5月16日、6月23日

福原五郎太郎32巻嘉禎4年(1238)2月17日

冨士四郎21巻建暦3年(1213)5月6日

藤井国貞(藤平)22巻建保4年(1216)9月10日

藤井俊長(鎌田新藤次・案主)8巻文治4年(1188)4月21日。11巻建久2年(1191)1月15日。12巻建久3年(1192)6月20日、8月5日(案主)、9月12日。15巻建久6年(1195)9月19日

藤澤C親(次郎・四郎)7巻文治3年(1187)8月20日。9巻文治5年(1189)1月9日、7月19日、8月9日。10巻文治6年(1190)4月3日、建久1年11月7日。11巻建久2年(1191)1月5日、9月21日。12巻建久3年(1192)1月5日。13巻建久4年(1193)3月21日・25日、5月8日。14巻建久5年(1194)1月9日、閏8月1日、10月9日、11月21日。15巻建久6年(1195)3月10日・12日。16巻正治2年(1200)1月7日。17巻建仁1年(1201)5月14日、6月28日。18巻建仁3年(1203)10月9日、建仁4年(1204)2月12日、元久2年(1205)1月3日。19巻承元5年(1211)1月9日。20巻建暦2年(1212)1月11日・19日。25巻承久3年(1221)5月21日。27巻安貞3年(1229)1月15日。31巻嘉禎2年(1236)8月6日、嘉禎3年(1237)7月19日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日

藤澤盛景(余一)6巻文治2年(1186)11月8日

藤嶋三郎11巻建久2年(1191)6月23日

藤田新兵衛尉25巻承久3年(1221)6月18日

藤田友実(斉藤一族、検非違使)5巻文治1年(1185)11月2日

藤田兵衛尉25巻承久3年(1221)6月18日

藤田行康(三郎)3巻寿永3年(1184)3月5日(死)、

藤田能國(小三郎・三郎)3巻寿永3年(1184)3月5日。12巻建久3年(1192)6月3日。15巻建久6年(1195)3月10日。25巻承久3年(1221)6月15日

伏見廣綱(伏見冠者、藤原)第2巻養和2年(1182)5月12日、寿永1年(1182)7月14日、11月10日、12月16日

伏見民部大夫15巻建久6年(1195)3月10日

藤原章綱(兵庫頭)5巻文治1年(1185)12月6日

藤原朝臣(紀伊守)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原朝臣(散位)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原朝臣(土佐守)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原朝臣(木工頭)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原朝臣(少納言兼侍従)8巻文治4年(1188)12月11日

藤原敦基(上野介)17巻建仁2年(1202)1月14日

藤原有家18巻元久2年(1205)9月2日

藤原家實(蔵人宮内大輔・右少弁)9巻文治5年(1189)9月9日。10巻建久1年(1190)11月24日

藤原家隆(越中守)6巻文治2年(1186)1月7日。18巻元久2年(1205)9月2日

藤原家嗣→大炊御門家嗣

藤原家恒(備前守)が女26巻貞応3年(1224)10月29日

藤原家通(別当)6巻文治2年(1186)1月7日

藤原伊勢人32巻嘉禎4年(1238)閏2月16日

藤原景通(修理少進)12巻建久3年(1192)4月3日

藤原景衡9巻文治5年(1189)12月6日

藤原兼家(大殿)28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原兼實→九条兼実

藤原兼佐(藤内所)26巻貞応2年(1223)9月5日、12月20日

藤原兼隆(中宮大進)22巻建保3年(1215)1月20日

藤原兼忠→壬生兼忠

藤原兼衡9巻文治5年(1189)12月6日

藤原兼雅(権大納言・右大臣)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。10巻建久1年(1190)9月20日、11月24日(右大将辞)・26日・30日

藤原兼光(左大弁、権中納言)4巻元暦2年(1185)8月14日。6巻文治2年(1186)1月7日。8巻文治4年(1188)4月9日。9巻文治5年(1189)閏4月1日、5月29日。12巻建久3年(1192)12月14日

藤原鎌足(大織冠)4巻元暦2年(1185)6月21日。5巻文治1年(1185)11月22日

藤原C長(判官代河内守)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原清衡9巻文治5年(1189)9月9日・10日・11日・17日、12月28日。脱漏嘉禄2年(1226)11月8日。28巻貞永1年(1232)11月23日

藤原C基(伯耆少将)16巻正治2年(1200)2月26日。17巻建仁2年(1202)4月13日、5月20日、6月25日、建仁3年(1203)1月2日、3月26日、4月21日、5月6日

藤原公明(美作守)6巻文治2年(1186)1月7日

藤原公国(左近衛権少將)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原公定(頭弁)16巻正治2年(1200)11月1日

藤原公佐(右馬頭・右馬権頭)6巻文治2年(1186)1月7日。12巻建久3年(1192)9月5日

藤原公時(左中将)4巻元暦2年(1185)4月24日。10巻建久1年(1190)8月13日、11月24日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原公雅(西園寺の分家)29巻天福1年(1233)6月19日

藤原公頼(参議)24巻承久2年(1220)12月20日

藤原邦道(藤判官代)第1巻治承4年(1180)6月22日、8月4日、6日、19日、2巻寿永1年(1182)11月14日、3巻寿永3年(1184)1月1日、8日、17日、3月13日、元暦1年(1184)4月20日、10月6日、11月21日。4巻元暦2年(1185)4月11日、13日。5巻文治1年(1185)9月1日、5日、10月24日、12月6日、28日。6巻文治2年(1186)1月8日、5月1日、14日、29日、6月15日、9月9日。7巻文治3年(1187)2月23日、10月29日、11月25日。8巻文治4年(1188)3月15日。9巻文治5年(1189)1月19日、6月9日、7月17日。10巻建久1年(1190)7月21日。12巻建久3年(1192)8月5日、8月14日。13巻建久4年(1193)3月13日。14巻建久5年(1194)閏8月8日。

藤原維定脱漏嘉禄1年(1225)12月21日

藤原伊周4巻元暦2年(1185)6月21日

藤原権左中弁22巻建保4年(1216)2月19日

藤原定家(朝臣・京極中将・侍従三位・参議・明静)18巻元久2年(1205)9月2日。19巻承元3年(1209)7月5日、8月13日。20巻建暦2年(1212)9月2日。21巻建暦3年(1213)8月17日、11月23日。22巻建保3年(1215)1月20日。29巻天福1年(1233)10月19日

藤原定員(藤内左衛門尉・大夫判官・伊勢守・伊勢前司)脱漏嘉禄3年(1227)3月27日。27巻安貞2年(1228)2月3日、6月25日、7月23日・26日、10月15日、安貞3年(1229)1月13日。28巻寛喜3年(1231)10月16日・20日、貞永1年(1232)6月7日、11月29日。29巻天福1年(1233)6月27日、天福2年(1234)7月26日、文暦2年(1235)6月30日、嘉禎1年(1235)12月30日。30巻文暦2年(1235)6月30日、7月11日、8月16日、12月30日。31巻嘉禎2年(1236)4月4日、5月24日、7月10日、8月4日・16日、嘉禎3年(1237)2月1日、5月15日・19日、6月23日、8月15日、9月15日、10月25日、12月2日。32巻嘉禎4年(1238)閏2月13日

藤原定輔(修理大夫・内蔵頭)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。10巻建久1年(1190)12月1日(内蔵頭)。11巻建久2年(1191)12月24日。25巻承久3年(1221)6月8日

藤原定經(勘解由次官兼皇后宮權大進・右少弁)4巻元暦2年(1185)8月13日。8巻文治4年(1188)4月9日、10月4日・25日。9巻文治5年(1189)4月22日、5月17日

藤原定長(右少弁、左少弁)4巻元暦2年(1185)8月13日。6巻文治2年(1186)1月7日、2月9日、3月1日、11月24日。8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。10巻建久1年(1190)8月9日

藤原定長(出雲守・経長子・頼経孫)21巻建暦3年(1213)5月3日

藤原定範(定員息)31巻嘉禎2年(1236)8月16日

藤原定能(権中納言)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原定頼(宮内少丞)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原實明(播磨守・頭中将)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。10巻建久1年(1190)12月1日(頭中将)・3日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原實家→河原實家

藤原實定→徳大寺實定

藤原実親→三条実親

藤原実任(少将)29巻天福1年(1233)6月19日

藤原實房→三条實房

藤原実雅→一条実雅

藤原實宗(権中納言・大宮大納言)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。10巻建久1年(1190)6月10日(大宮大納言)

藤原繁政(民部大夫)14巻建久5年(1194)12月26日

藤原重頼(宮内大輔・相模守)5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)1月3日。8巻文治4年(1188)7月13日、9月3日、11月22日。13巻建久4年(1193)9月27日。14巻建久5年(1194)12月20日・26日。17巻建仁1年(1201)10月21日

藤原季經(宮内卿)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原季範8巻文治4年(1188)11月9日

藤原季範第1巻序文、(が女、頼朝母の父)8巻文治4年(1188)11月9日。13巻建久4年(1193)9月26日

藤原季範(が女、頼朝母の父)第1巻序文、2巻寿永1年(1182)9月25日。

藤原季衡9巻文治5年(1189)12月6日

藤原季能(右京大夫)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原資家(従三位)23巻建保6年(1218)3月16日

藤原資定9巻文治5年(1189)5月17日

藤原資実(中納言)

藤原資親(散位)3巻寿永3年(1184)3月22日

藤原祐範(頼朝母弟)8巻文治4年(1188)11月9日。11巻建久2年(1191)8月7日

藤原資頼(筑後前司・入道是仏)28巻貞永1年(1232)8月13日

藤原純友31巻嘉禎2年(1236)2月22日

藤原隆季6巻文治2年(1186)3月12日

藤原高衡(秀衡息)9巻文治5年(1189)12月6日

藤原隆衡(高衡息)9巻文治5年(1189)12月6日。

藤原隆衡(中納言)22巻建保4年(1216)閏6月14日

藤原隆房(左兵衛督・右衛門督)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。9巻文治5年(1189)7月12日、12月26日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原孝通(修理)20巻建暦2年(1212)12月21日

藤原隆保(左馬頭)15巻建久6年(1195)3月7日・9日・12日、6月3日

藤原忠明(尾張守)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原忠実(知足院・大将殿)23巻建保6年(1218)4月29日。28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原忠実の母23巻建保6年(1218)4月29日

藤原忠隆第1巻序文、

藤原忠隆の女第16巻序文

藤原忠親(堀河権大納言・内大臣)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。9巻文治5年(1189)5月29日。26巻貞応3年(1224)7月24日

藤原忠綱(朝臣・内蔵頭)20巻建暦2年(1212)9月2日。23巻建保6年(1218)6月20日・21日、7月1日。24巻建保7年(1219)3月8日・9日・11日・12日・15日

藤原忠衡(秀衡三男)9巻文治5年(1189)9月17日、12月6日

藤原忠文(民部卿)3巻寿永3年(1184)1月10日17巻建仁1年(1201)4月6日

藤原忠雅第1巻序文、

藤原忠通(法性寺・知足院)第1巻序文。6巻文治2年(1186)2月27日。9巻文治5年(1189)9月17日。28巻寛喜3年(1231)7月16日

藤原忠光→上総忠光

藤原忠良(忠通孫・基實息)11巻建久2年(1191)12月24日

藤原忠行(藤内左衛門尉)27巻安貞2年(1228)7月22日

藤原為遠(豊前守)3巻寿永3年(1184)1月22日

藤原為久(下総權守)3巻寿永3年(1184)1月22日

藤原親季(左近中将)32巻嘉禎4年(1238)2月22日・23日

藤原親經(判官代宮内權少輔、右少弁、権右中弁)4巻元暦2年(1185)8月13日。5巻文治1年(1185)12月6日。6巻文治2年(1186)1月7日。8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日・24日。10巻文治6年(1190)2月22日、建久1年6月10日・29日、8月13日

藤原近仲(右近将監)24巻承久1年(1219)7月25日(死)

藤原親信(備前守、参議)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原親雅(藏人左衛門權佐兼皇后宮大進、右中弁)4巻元暦2年(1185)4月24日、8月13日。8巻文治4年(1188)12月11日

藤原親康(従五位上)20巻建暦2年(1212)12月21日

藤原經家(内蔵頭・六条三位)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原経長(左衛門佐・頼経子・定長父)21巻建暦3年(1213)5月3日

藤原經成(石見守)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原經衡(高衡息)9巻文治5年(1189)12月6日

藤原經房→吉田經房(藤中納言、師中納言)

藤原經宗(左府)5巻文治1年(1185)11月5日、10日、12月17日、26日。6巻文治2年(1186)1月17日。8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原遠景→天野遠景

藤原時長→伊佐時長

藤原俊兼(筑後權守)養和2年(1182)1月28日、3巻元暦1年(1184)4月23日、7月2日、20日、10月20日、28日、11月21日、26日。4巻元暦2年(1185)3月12日。4巻元暦2年(1185)4月11日、26日、5月8日、6月7日、13日、20日、7月15日。5巻文治1年(1185)9月29日、10月3日、24日、12月6日。6巻文治2年(1186)3月6日、21日、4月7日、5月29日、7月11日、28日、8月15日、11月24日。7巻文治3年(1187)3月3日、10日、7月3日、8月1日、12月27日。8巻文治4年(1188)3月15日、5月4日、6月14日。9巻文治5年(1189)5月8日・19日、12月23日。10巻建久1年(1190)4月19日。11巻建久2年(1191)1月15日、2月15日、4月3日・30日、5月2日・3日、6月9日、10月25日、11月14日。12巻建久3年(1192)3月20日、7月28日、8月5日。13巻建久4年(1193)3月4日・13日、6月22日、11月11日

藤原利仁9巻文治5年(1189)9月28日。12巻建久3年(1192)4月3日

藤原朝方(葉室・院御厩別当・按察大納言)5巻文治1年(1185)12月6日。8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。9巻文治5年(1189)2月22日、3月20日、4月19日、閏4月1日、11月3日。10巻建久1年(1190)10月9日・12日。13巻建久4年(1193)11月8日

藤原朝定(朝臣)25巻承久3年(1221)8月6日

藤原知忠(玄番頭)26巻貞応3年(1224)閏7月29日

藤原朝綱→宇都宮朝綱

藤原朝俊(右衛門権佐)25巻承久3年(1221)6月12日

藤原朝房(遠江守)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原朝雅(左少弁)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原知康(左衛門少尉)6巻文治2年(1186)1月7日、12月11日

藤原長定(朝臣・出雲守・齋藤兵衛入道浄円)21巻建暦3年(1213)3月28日、5月3日・10日、8月20日・26日、9月12日・22日、10月2日。27巻寛喜2年(1230)10月16日

藤原仲経(玄馬助)13巻建久4年(1193)9月21日

藤原長經(丹波守)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原長房(和泉守)6巻文治2年(1186)1月7日。8巻文治4年(1188)4月9日、)12月11日

藤原仲光第1巻序文、

藤原長茂(一條)第1巻治承4年(1180)10月21日、

藤原成範(民部卿)4巻元暦2年(1185)8月13日。5巻文治1年(1185)12月7日

藤原成通19巻承元2年(1208)4月27日

藤原業宗(陸奥守)6巻文治2年(1186)1月7日

藤原信清→坊門信清

藤原信定(長門守)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原信隆第1巻序文、

藤原信盛(検非違使)6巻文治2年(1186)1月7日。7巻文治3年(1187)10月3日、

藤原信頼第1巻治承4年(1180)4月27日、3巻寿永3年(1184)2月20日。8巻文治4年(1188)3月17日、

藤原範有(侍従)23巻建保6年(1218)3月16日

藤原教定(石山侍従)脱漏嘉禄3年(1227)6月30日。27巻安貞2年(1228)2月3日。28巻貞永1年(1232)閏9月20日。30巻文暦2年(1235)1月26日

藤原教重(三位判官代)14巻建久5年(1194)11月13日

藤原範季(木工頭)3巻寿永3年(1184)1月10日。4巻元暦2年(1185)8月13日。6巻文治2年(1186)8月26日、9月25日、10月16日、11月5日、17日。9巻文治5年(1189)11月3日。

藤原範高(安芸権守・熱田範雅子)19巻建暦1年(1211)4月29日。20巻建暦2年(1212)1月19日。21巻建暦3年(1213)5月2日。23巻建保6年(1218)3月16日

藤原範綱(兵庫頭)6巻文治2年(1186)1月7日

藤原範経(大宮司)13巻建久4年(1193)12月1日。15巻建久6年(1195)7月1日

藤原範朝(前中納言)23巻建保6年(1218)5月9日。

藤原範信(前上野守、憲信)5巻文治1年(1185)10月24日。14巻建久5年(1194)8月8日

藤原範盛(督典侍・越後法橋範智)23巻建保6年(1218)5月9日

藤原教長9巻文治5年(1189)9月17日

藤原秀郷第1巻治承4年(1180)9月19日、寿永2年(1183)2月23日9月7日3巻寿永3年(1184)2月21日、4月10日。6巻文治2年(1186)8月15日。7巻文治3年(1187)8月15日。9巻文治5年(1189)7月8日・10日。18巻元久2年(1205)8月7日。19巻承元3年(1209)12月15日。26巻貞応3年(1224)閏7月29日。27巻寛喜1年(1229)3月26日

藤原秀実(藤四郎左衛門尉)31巻嘉禎2年(1236)8月4日

藤原秀澄(河内判官)25巻承久3年(1221)5月26日、6月3日・12日、10月12日・16日

藤原秀朝(筑後介・前山城守)25巻承久3年(1221)12月11日。29巻天福2年(1234)7月6日

藤原秀衡(陸奥守、入道)第1巻治承4年(1180)8月9日、10月21日、第2巻治承5年(1181)8月13日、養和2年(1182)4月5日。4巻元暦2年(1185)4月15日。6巻文治2年(1186)4月24日、5月10日、8月16日、9月22日、10月1日、3日。7巻文治3年(1187)2月10日、3月5日、9月4日、10月29日(死)。8巻文治4年(1188)4月9日、10月25日、12月11日。9巻文治5年(1189)8月26日、9月3日、7日・8日・9日・17日・18日・23日、10月1日、12月23日。10巻建久1年(1190)6月23日。12巻建久3年(1192)10月29日。16巻正治2年(1200)5月28日、8月10日。19巻建暦1年(1211)4月2日。21巻建暦3年(1213)4月4日

藤原秀衡後家15巻建久6年(1195)9月29日

藤原秀康(北面)19巻承元2年(1208)5月29日、承元4年(1210)7月20日。21巻建暦3年(1213)1月2日25巻承久3年(1221)5月19日

藤原不比等(淡海公)28巻貞永1年(1232)8月10日

藤原雅隆(藤三位)11巻建久2年(1191)12月24日

藤原雅經(近江守)6巻文治2年(1186)1月7日。18巻元久2年(1205)9月2日

藤原雅長(参議、藤宰相・近江国司)5巻文治1年(1185)12月6日。6巻文治2年(1186)1月7日。7巻文治3年(1187)10月7日

藤原道家→九条道家

藤原通資(頭中将)4巻元暦2年(1185)4月24日

藤原道長(御堂)28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原通憲(信西)19巻建暦1年(1211)11月4日

藤原光隆6巻文治2年(1186)3月12日

藤原光親(上卿)21巻建暦3年(1213)3月6日。22巻建保4年(1216)3月22日。25巻承久3年(1221)5月19日

藤原光経(左衛門尉)24巻承久1年(1219)7月19日

藤原光俊(正五位下)20巻建暦2年(1212)12月21日

藤原光長(左中弁、蔵人頭、中宮権大進)第1巻治承4年(1180)5月10日。5巻文治1年(1185)12月6日。6巻文治2年(1186)1月7日、3月14日、7月1日、11月24日。7巻文治3年(1187)7月19日

藤原光雅(右大弁兼皇后宮亮)3巻寿永3年(1184)3月9日。4巻元暦2年(1185)8月13日。5巻文治1年(1185)10月18日、12月6日。6巻文治2年(1186)6月9日、

藤原光能6巻文治2年(1186)3月2日

藤原宗家(権大納言)6巻文治2年(1186)3月12日。8巻文治4年(1188)12月11日

藤原宗經(右少弁)8巻文治4年(1188)12月11日

藤原宗朝(駿河守)14巻建久5年(1194)12月26日

藤原宗長(御家人)8巻文治4年(1188)7月17日、8月17日

藤原宗長(左少將)9巻文治5年(1189)2月22日、3月20日。22巻建保2年(1214)2月10日

藤原宗長の娘(刑部卿典侍)6巻文治2年(1186)5月29日、6月2日

藤原宗信第1巻治承4年(1180)4月9日、

藤原宗頼(蔵人頭大蔵卿兼中宮亮)6巻文治2年(1186)1月7日。8巻文治4年(1188)12月11日。10巻建久1年(1190)11月9日。11巻建久2年(1191)5月8日、12月24日

藤原基實第1巻序文。6巻文治2年(1186)4月20日、

藤原基成(前民部少輔)8巻文治4年(1188)4月9日、8月9日、10月25日、12月11日。9巻文治5年(1189)3月20日、5月22日、8月25日、9月18日・25日

藤原基成女9巻文治5年(1189)9月3日

藤原基成子息三人9巻文治5年(1189)8月25日、9月18日・25日

藤原基衡9巻文治5年(1189)9月9日・10日・17日・23日。19巻承元4年(1210)5月25日

藤原基衡妻(宗任女)9巻文治5年(1189)9月17日

藤原基房(松殿)第1巻序文、3巻元暦1年(1184)11月23日。6巻文治2年(1186)4月20日、5月18日、

藤原基通→近衛基通

藤原盛兼(少将)23巻建保6年(1218)3月16日

藤原師家第1巻序文、

藤原師実(京極太閤)18巻元久1年(1204)9月15日。28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原師重(大外記)23巻建保6年(1218)3月23日

藤原師長(太政大臣)4巻元暦2年(1185)6月21日

藤原師衡(高衡息)9巻文治5年(1189)12月6日

藤原師通(宇治入道)28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原保家(若狭守)12巻建久3年(1192)7月26日

藤原康定(院庁官)10巻建久1年(1190)8月28日

藤原泰經→高階泰經

藤原泰衡7巻文治3年(1187)10月29日。8巻文治4年(1188)2月29日、4月9日、6月11日、8月9日、10月25日、12月11日。9巻文治5年(1189)2月22日・25日・26日、3月20日・22日、閏4月21日・30日、5月22日、6月13日・24日・26日・28日・30日、7月7日・12日・16日・19日、8月7日・9日・10日・13日・14日・18日・20日・21日・22日・23日・25日・26日、9月2日・3日(死)・4日・6日・7日・8日・9日・17日・18日、10月1日・24日、11月2日、12月6日・9日・28日。10巻文治6年(1190)1月6日、3月9日。13巻建久4年(1193)7月3日。15巻建久6年(1195)9月3日。16巻正治2年(1200)8月10日。19巻建暦1年(1211)5月10日。25巻承久3年(1221)6月8日

藤原保房(出羽守)8巻文治4年(1188)4月9日

藤原泰通→白河泰通

藤原泰頼(大舎人)10巻建久1年(1190)11月6日

藤原行隆(右大弁)第1巻治承4年(1180)5月10日。6巻文治2年(1186)1月7日

藤原行政→二階堂行政

藤原行光→二階堂行光

藤原行光(右馬助)24巻承久1年(1219)7月19日

藤原良実→二条良実

藤原能成(侍従)5巻文治1年(1185)12月29日

藤原良通6巻文治2年(1186)3月12日

藤原能継(右近少将)23巻建保6年(1218)3月16日

藤原能宗11巻建久2年(1191)5月12日

藤原能盛(法師・周防守)8巻文治4年(1188)4月12日。12巻建久3年(1192)3月26日

藤原頼實(権中納言・右大将)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日。11巻建久2年(1191)12月24日

藤原頼輔(修理権大夫)8巻文治4年(1188)4月9日、12月11日

藤原頼隆(兵部権大輔)23巻建保6年(1218)3月16日

藤原頼隆(頼高・匂当)26巻貞応1年(1222)4月26日、5月24日。脱漏嘉禄1年(1225)6月12日、12月20日

藤原頼綱(前行部卿)6巻文治2年(1186)1月7日

藤原頼経(刑部卿・侍従・経長父・定長祖父)5巻文治1年(1185)11月10日、12月6日。6巻文治2年(1186)1月7日。6巻文治2年(1186)5月9日。9巻文治5年(1189)2月22日、3月20日、4月19日。21巻建暦3年(1213)5月3日

藤原頼俊29巻天福2年(1234)7月6日

藤原頼長(故左府)脱漏嘉禄1年(1225)12月9日

藤原頼房(越後守)15巻建久6年(1195)3月9日。15巻建久6年(1195)3月10日・12日

藤原頼通(宇治殿)16巻建久10年(1199)10月27日。28巻寛喜4年(1232)1月23日

藤原令左衛門少尉30巻文暦2年(1235)7月7日

藤巻藤太25巻承久3年(1221)6月18日

布施右衛門次郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

布施康定(左衛門尉・右衛門尉)22巻建保2年(1214)4月21日、建保3年(1215)12月20日。24巻建保7年(1219)1月27日

布施康高(左衛門太郎)30巻文暦2年(1235)6月29日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

豊前前司尚友→惟宗尚友

豊前太郎左衛門尉30巻文暦2年(1235)6月29日

豊前守尚友→惟宗尚友

豊前介実俊→実俊

豊前兵衛尉21巻建暦3年(1213)9月12日

懐島景能大庭景能

船越三郎16巻正治2年(1200)1月20日・23日

船所正利(五郎)4巻元暦2年(1185)3月21日

豊前介実景14巻建久5年(1194)12月2日

古郡四郎25巻承久3年(1221)6月18日

郡保忠(次郎・左衛門尉)10巻建久1年(1190)11月7日。15巻建久6年(1195)3月10日。17巻建仁2年(1202)8月15日・24日・27日。21巻建暦3年(1213)4月27日、5月2日・3日・4日(死)・5日・6日

古郡同五郎21巻建暦3年(1213)5月6日

古郡同六郎21巻建暦3年(1213)5月6日

古郡同甥21巻建暦3年(1213)5月6日

古郡弟21巻建暦3年(1213)5月4日(死)・6日

古郡弟21巻建暦3年(1213)5月6日

古郡弟同次郎21巻建暦3年(1213)5月6日

古庄次郎25巻承久3年(1221)6月18日(死)

古庄太郎25巻承久3年(1221)6月18日

古庄能成→近藤能成

古谷八郎25巻承久3年(1221)6月18日

古谷飯積三郎25巻承久3年(1221)6月18日

古谷飯積十郎25巻承久3年(1221)6月18日

豊三家康第1巻治承4年(1180)8月23日(死)。10巻文治6年(1190)1月20日

野康秀(相模丞・三河丞)20巻建暦2年(1212)10月11日

平一の三郎6巻文治2年(1186)3月27日

へいこ二郎6巻文治2年(1186)3月27日

平三真遠(内記大夫行遠子息)10巻建久1年(1190)10月29日

平次太郎(寺尾四郎兵衛尉の手)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

平太(相撲)脱漏嘉禄3年(1227)3月27日

平太弘貞第2巻治承5年(1181)4月20日、

平六(泰時の手)25巻承久3年(1221)6月18日(死)

別当19巻承元2年(1208)5月29日

別府次郎太郎25巻承久3年(1221)6月18日

別府義行(太郎)10巻建久1年(1190)11月7日

弁慶(法師、武蔵房)5巻文治1年(1185)11月3日、6日、

伯耆蔵人脱漏嘉禄1年(1225)12月20日

伯耆少将藤原清基

北条有時(陸奥六郎・大炊助・駿河守・前民部少輔)25巻承久3年(1221)5月22日、6月6日、8月2日、10月13日、26巻貞応3年(1224)6月18日。脱漏嘉禄1年(1225)5月12日、10月28日、12月20日、嘉禄2年(1226)1月1日・3日、9月2日・9日。27巻安貞2年(1228)1月1日、2月3日、7月23日、10月15日、安貞3年(1229)1月1日・2日・3日、寛喜1年(1229)9月17日、寛喜2年(1230)1月4日・10日・20日・25日、2月17日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)8月15日、貞永1年(1232)8月15日、閏9月20日。29巻天福1年(1233)8月15日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)4月22日、6月23日、8月15日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日、2月17日・28日

北条五郎(越後五郎・名越流)27巻安貞3年(1229)1月2日

北条三郎(越後三郎・名越流)27巻安貞3年(1229)1月3日

坊条三品19巻承元2年(1208)11月1日

北条実時(陸奥五郎息・太郎・陸奥掃部助)29巻天福1年(1233)12月29日、天福2年(1234)6月30日、8月1日、嘉禎1年(1235)12月24日。30巻文暦2年(1235)6月29日、30巻文暦2年(1235)12月24日。31巻嘉禎2年(1236)3月14日、8月4日、嘉禎3年(1237)1月2日、4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日、2月7日・16日、6月5日

北条実泰(実義・相模五郎・陸奥五郎)22巻建保2年(1214)10月3日。25巻承久3年(1221)5月22日。26巻貞応2年(1223)10月13日、貞応3年(1224)6月18日。脱漏嘉禄1年(1225)12月20日。27巻安貞2年(1228)1月3日、7月23日・24日、12月30日、安貞3年(1229)1月1日・2日、寛喜1年(1229)3月15日、5月5日、寛喜2年(1230)1月4日、3月2日。28巻貞永1年(1232)閏9月10日、11月29日。29巻貞永2年(1233)1月1日、天福1年(1233)12月29日、天福2年(1234)6月30日。31巻嘉禎2年(1236)3月14日、6月5日

北条重時(陸奥三郎・修理亮・六波羅駿河守・相模守)24巻承久1年(1219)7月19日・28日。26巻承久4年(1222)1月3日・8日、2月12日、貞応2年(1223)1月2日、5月19日、8月20日、9月16日、10月4日・13日、貞応3年(1224)1月1日・21日、4月27日、5月16日、6月13日・18日、元仁1年(1224)12月15日。脱漏嘉禄1年(1225)5月12日、9月8日、10月28日、12月20日・29日、嘉禄2年(1226)1月2日、9月2日、嘉禄3年(1227)1月3日・9日・15日。27巻安貞2年(1228)1月1日・3日・8日・23日、2月3日、7月23日、8月13日・15日、10月15日、12月30日、安貞3年(1229)1月1日・2日・3日・7日・21日、寛喜1年(1229)3月15日、6月29日、12月10日、寛喜2年(1230)1月4日・10日・19日、3月2日・11日、4月11日。29巻天福1年(1233)6月19日。30巻文暦2年(1235)7月27日。31巻嘉禎2年(1236)12月29日、32巻嘉禎4年(1238)6月5日

北条資時(相模三郎・真照・真仏・入道)24巻承久2年(1220)1月14日(出家)。25巻承久3年(1221)7月11日。27巻寛喜1年(1229)10月26日。28巻寛喜3年(1231)9月25日。29巻天福1年(1233)4月17日、5月5日。31巻嘉禎3年(1237)3月9日、4月11日、8月15日。32巻嘉禎4年(1238)9月27日

北条親時(越後太郎)31巻嘉禎3年(1237)4月19日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日、2月17日

北条経時(泰時孫・弥四郎・左近大夫将監)29巻天福2年(1234)3月5日、8月1日。30巻文暦2年(1235)6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日・9日、12月26日、嘉禎3年(1237)1月2日、4月22日、6月23日、7月25日。32巻嘉禎4年(1238)1月2日、2月17日・28日、6月5日

北条時章(越後二郎)29巻貞永2年(1233)1月3日、天福2年(1234)1月1日

北条時氏(武蔵太郎・修理亮・匠作)25巻承久3年(1221)5月22日・25日、6月6日・12日・14日・18日・19日。26巻貞応3年(1224)6月29日、閏7月27日、8月29日。脱漏嘉禄2年(1226)10月18日、嘉禄3年(1227)5月23日、7月4日・11日、8月18日。27巻安貞2年(1228)7月23日、寛喜2年(1230)4月11日、5月27日、6月18日(死)・22日、9月18日。28巻貞永1年(1232)5月18日。31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月1日

北条時兼(介)13巻建久4年(1193)2月25日

北條時定(平六謙仗、兵衛尉)第1巻治承4年(1180)8月20日。6巻文治2年(1186)3月24日、27日、5月25日、6月28日、7月1日、9月13日、25日、29日、10月16日、11月17日。8巻文治4年(1188)2月2日。10巻建久1年(1190)8月3日。11巻建久2年(1191)11月14日。13巻建久4年(1193)2月25日(死48)。14巻建久5年(1194)閏8月22日

北条時定(相模六郎)29巻貞永2年(1233)1月1日、天福2年(1234)1月1日。30巻文暦2年(1235)6月29日31巻嘉禎2年(1236)1月1日、嘉禎3年(1237)1月1日、3月8日、4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日、2月17日・28日、6月5日

北条時実(武州次郎)脱漏嘉禄1年(1225)12月20日、嘉禄2年(1226)12月21日、嘉禄3年(1227)6月18日(死)・19日、7月4日。27巻寛喜2年(1230)6月18日

北条時直(相模五郎)27巻安貞2年(1228)5月16日、6月26日・30日、7月23日・24日、8月13日、10月15日、安貞3年(1229)1月1日・2日、寛喜1年(1229)12月10日、寛喜2年(1230)2月19日。28巻貞永1年(1232)7月15日。29巻貞永2年(1233)1月2日。30巻文暦2年(1235)2月9日。31巻嘉禎2年(1236)1月1日、嘉禎3年(1237)1月1日

北条時直室(三浦家連女)27巻安貞2年(1228)5月16日

北条時尚(陸奥七郎)32巻嘉禎4年(1238)1月3日

北条時長(越後三郎・遠江三郎・右衛門権少尉)29巻貞永2年(1233)1月3日、31巻嘉禎3年(1237)4月22日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日、2月17日、6月7日

北条時連→北条時房

北条時房(五郎時連・武蔵守・相模守・匠作)9巻文治5年(1189)4月18日(15歳元服時連)、6月9日、7月19日、12月18日。11巻建久2年(1191)2月4日。12巻建久3年(1192)10月19日。13巻建久4年(1193)8月9日・16日・29日、11月27日。14巻建久5年(1194)8月8日、11月1日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月9日・10日、4月10日、5月20日、10月7日・26日、11月21日。16巻建久10年(1199)11月18日・19日、正治2年(1200)2月26日、閏2月8日、6月16日、10月21日。17巻建仁1年(1201)7月6日、9月11日・15日・20日、10月1日・21日、11月2日、建仁2年(1202)1月10日、2月20日、4月13日、5月5日・20日、6月25日(時連)、7月17日29日、9月10日・18日(時房)、10月29日17巻建仁3年(1203)1月2日・20日、2月16日、3月4日・26日、4月21日、7月18日。18巻建仁3年(1203)10月9日、11月15日、12月14日・22日、建仁4年(1204)2月12日、4月18日、元久2年(1205)6月21日・22日(式部丞)、建永2年(1207)1月22日(武州)、2月20日(武蔵守)、3月3日・20日、8月17日。19巻承元2年(1208)3月2日、7月5日、10月10日、承元3年(1209)8月15日、10月10日・13日、12月11日・17日、承元4年(1210)5月6日、6月8日、10月13日、承元5年(1211)1月1日、閏1月7日、建暦1年(1211)5月18日、6月2日、7月8日、12月28日。20巻建暦2年(1212)1月1日、2月3日・14日、3月1日・6日・9日、4月18日、8月18日。21巻建暦3年(1213)1月2日・3日・22日、2月1日・2日、4月3日、5月3日・5日・7日、6月26日、8月20日・26日、9月10日・22日、10月2日、12月1日。22巻建保2年(1214)1月22日、4月27日、7月27日、建保3年(1215)1月1日建保3年(1215)10月30日、11月24日、建保4年(1216)3月3日、5月18日、7月29日、11月12日。23巻建保5年(1217)1月26日(相州)、5月15日、建保6年(1218)1月15日、2月4日、5月4日・5日、6月27日、7月8日・9日、12月2日・20日。24巻建保7年(1219)1月27日、3月12日・15日・28日、承久1年7月19日、11月21日、承久2年(1220)5月20日、12月1日。25巻承久3年(1221)1月27日、5月19日・22日・25日・29日・30日、6月5日・7日・12日・13日・14日・15日・16日・17日・24日・29日、7月11日・24日、10月12日。26巻承久4年(1222)3月3日、貞応2年(1223)5月18日、貞応3年(1224)6月26日・28日・29日、閏7月1日・3日・28日、8月1日、9月15日、10月28日。脱漏元仁2年(1225)1月1日、6月13日・21日、7月23日、10月3日・4日・19日・20日、11月8日、12月5日・21日・23日・29日、嘉禄2年(1226)1月1日、4月4日・19日、6月7日・14日・20日、7月1日・11日、8月1日、9月22日、12月21日、脱漏嘉禄3年(1227)1月2日、2月8日、3月8日、4月2日、7月11日・25日、安貞1年(1227)12月10日。27巻安貞2年(1228)1月1日、2月3日、3月25日、5月10日、7月23日、安貞3年(1229)1月1日、寛喜1年(1229)4月17日、5月23日、7月11日、8月15日、9月17日、10月9日・22日・24日・26日、寛喜2年(1230)1月8日・10日・14日・15日、閏1月26日・29日、2月6日・19日、3月14日・15日・19日、6月6日・14日、12月9日・25日。28巻寛喜3年(1231)1月1日・9日、3月1日・15日、7月11日・15日、9月27日、10月6日・19日・25日・27日、12月5日、28巻寛喜4年(1232)1月1日、3月3日、貞永1年(1232)7月10日・12日、9月28日、閏9月8日・10日・20日、10月22日。29巻貞永2年(1233)1月1日、天福1年(1233)5月5日、6月8日、12月12日、天福2年(1234)1月1日、3月5日、7月26日、文暦2年(1235)1月1日、2月10日、嘉禎1年(1235)11月18日、12月24日・27日・28日。30巻文暦2年(1235)1月1日・21日、2月4日・9日・10日・18日、3月5日・18日、6月29日、7月5日・7日・8日・18日・27日、8月21日、10月2日、11月18日、12月24日・27日・28日・30日。31巻嘉禎2年(1236)1月1日・21日、2月2日・3日、3月8日、8月4日・5日・6日、10月13日、11月14日、12月6日、嘉禎3年(1237)1月1日、2月21日、3月21日、4月19日、6月23日、7月11日、10月19日、12月13日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日・18日、2月5日・16日・17日、6月5日

北条時房室(足立遠元女)24巻建保7年(1219)1月15日。28巻寛喜3年(1231)3月1日

北條時政(四郎・遠江守)第1巻治承4年(1180)4月27日、8月4日、6日、17日、20日、23日、24日、25日、27日、29日、9月8日、15日、24日、10月13日、18日、23日、12月12日、14日、第2巻治承5年(1181)1月6日、2月1日、3月1日、養和2年(1182)1月3日、3月15日、4月5日、寿永1年(1182)8月20日、11月10日、14日。3巻元暦1年(1184)12月3日。4巻元暦2年(1185)4月20日、5月15日、6月7日、文治1年8月24日。5巻文治1年(1185)10月24日、11月25日、28日、29日、12月1日、8日、15日、16日、17日、24日、29日。6巻文治2年(1186)1月7日、9日、11日、29日、2月1日、2月9日、13日、21日、22日、25日、27日、28日、3月1日、2日、4日、7日、16日、23日、24日、27日、4月1日、8日、13日、5月13日、15日、6月17日、7月27日、9月13日、11月5日7巻文治3年(1187)2月28日、8月8日、19日、9月13日、10月8日、11月25日。8巻文治4年(1188)6月4日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月6日、7月19日、11月2日・24日、12月9日。10巻建久1年(1190)9月7日・21日、12月26日。11巻建久2年(1191)2月4日、8月18日、11月23日、12月1日、閏12月2日。12巻建久3年(1192)7月28日、11月29日。13巻建久4年(1193)2月25日、5月2日・15日・29日、11月23日、12月13日。14巻建久5年(1194)2月2日、閏8月1日、11月1日・23日。15巻建久6年(1195)1月20日、6月28日、7月29日、8月13日、11月13日・20日。16巻建久10年(1199)2月6日4月2日、5月13日、11月8日、正治2年(1200)1月1日・13日・20日・25日、4月9日(遠江守)、10月21日(遠州)。17巻建仁1年(1201)4月3日、5月6日・13日、10月27日、建仁2年(1202)4月3日、6月1日、7月16日、8月18日、建仁3年(1203)2月11日、9月2日・4日・5日・6日・10日・15日。18巻建仁3年(1203)9月21日、10月8日・9日・27日、11月23日、元久1年(1204)2月20日・22日、4月18日、5月8日、6月8日、11月13日、元久2年(1205)1月1日、2月21日、4月11日、6月21日・22日・23日、閏7月19日・20日、8月5日、11月3日、承元1年(1207)11月19日、7月11日。22巻建保3年(1215)1月8日(死)

北条時政室→牧の方 火葬場混雑

北条時村(二郎・行念)23巻建保6年(1218)5月5日。24巻承久2年(1220)1月14日(出家)、10月11日

北条時盛(武蔵太郎・掃部助・時房長男・越後守)21巻建暦3年(1213)1月3日。26巻貞応3年(1224)6月29日、閏7月27日、8月29日。30巻文暦2年(1235)7月27日。32巻嘉禎4年(1238)2月28日、6月5日

北条時幸(越後四郎)27巻安貞3年(1229)1月3日。28巻寛喜3年(1231)1月25日。29巻貞永2年(1233)1月2日・3日

北条時頼(戎寿・五郎)31巻嘉禎3年(1237)4月22日、6月1日、7月19日、8月16日。32巻嘉禎4年(1238)1月2日

北条朝時(相摸次郎・陸奥次郎・式部丞・越後守)12巻建久3年(1192)11月5日。18巻建永1年(1206)10月24日(元服)。20巻建暦2年(1212)5月7日。21巻建暦3年(1213)4月29日、5月2日・4日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保6年(1218)12月2日。24巻承久1年(1219)7月19日。25巻承久3年(1221)5月19日・22日・25日、6月8日・24日、7月18日。26巻貞応2年(1223)8月20日、10月1日、貞応3年(1224)2月29日、6月18日。脱漏嘉禄1年(1225)5月11日、12月20日、嘉禄2年(1226)1月2日、安貞1年(1227)12月14日。27巻安貞2年(1228)1月3日・23日、2月3日、7月5日・23日、12月12日、安貞3年(1229)1月3日、寛喜2年(1230)1月4日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)9月27日、貞永1年(1232)7月15日。29巻貞永2年(1233)1月2日、天福1年(1233)5月5日、天福2年(1234)3月5日、文暦2年(1235)1月3日。30巻文暦2年(1235)1月3日・9日・20日、閏6月15日。31巻嘉禎2年(1236)1月3日、3月14日、8月4日、9月10日、嘉禎3年(1237)1月3日、12月13日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日

北条朝時室(大友能直女)27巻寛喜1年(1229)3月14日、寛喜2年(1230)4月9日(死)

北条朝直(相模式部大夫・四郎・武蔵守)20巻建暦2年(1212)3月6日。23巻建保5年(1217)12月25日。脱漏嘉禄1年(1225)12月20日、嘉禄2年(1226)1月1日、9月22日。27巻安貞2年(1228)3月9日、6月26日、7月23日・24日、10月15日、安貞3年(1229)1月1日・2日、寛喜1年(1229)10月22日、寛喜2年(1230)2月19日。28巻寛喜3年(1231)9月25日。29巻貞永2年(1233)1月1日、天福2年(1234)1月1日。30巻文暦2年(1235)1月1日、2月9日、6月29日31巻嘉禎2年(1236)1月1日・2日、3月14日、嘉禎3年(1237)1月1日・6日・17日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日、2月17日・23日、6月5日

北条朝直室(泰時女)28巻寛喜3年(1231)4月19日

北条業時(陸奥七郎)31巻嘉禎3年(1237)1月2日

北条信時(掃部助太郎)29巻天福2年(1234)1月1日

北條政子(御臺所・二品禅尼・二位家)第1巻治承4年(1180)8月18日、19日、28日、9月2日、10月11日、2巻養和1年(1181)12月7日、養和2年(1182)2月14日、3月9日、寿永1年(1182)7月12日、14日、8月11日、12日、10月17日、11月10日・12日、12月10日、16日。3巻元暦1年(1184)4月26日、6月27日。4巻元暦2年(1185)1月21日、2月19日、3月3日、5月1日。5巻文治1年(1185)10月24日、12月28日。6巻文治2年(1186)1月2日・28日、2月6日、2月26日、4月8日、6月16日、7月15日、閏7月29日、9月16日、10月23日、12月6日。7巻文治3年(1187)1月1日、5月5日、9月9日、12月16日。8巻文治4年(1188)1月26日、4月22日・23日、7月10日・15日。9巻文治5年(1189)1月24日、4月18日、閏4月2日、8月10日、10月17日、12月18日。10巻建久1年(1190)5月3日。11巻建久2年(1191)1月23日、4月8日、6月9日、9月3日。12巻建久3年(1192)4月2日、7月3日・8日・18日・23日、8月9日・15日、10月19日、11月20日。13巻建久4年(1193)5月22日、8月29日。14巻建久5年(1194)1月29日、2月3日・6日、7月8日、8月18日、閏8月1日・2日・8日、10月25日、11月15日。15巻建久6年(1195)2月14日、3月9日・29日、4月3日・17日、5月20日、6月18日、7月9日、8月9日・17日。16巻建久10年(1199)2月序文、3月5日(尼御台所)6月30日、7月6日・25日、8月19日・20日、正治2年(1200)1月13日、閏2月2日・12日、3月14日、5月25日、6月29日、7月6日・15日、11月3日。17巻建仁1年(1201)11月13日、建仁2年(1202)1月29日、2月29日、3月14日・15日、6月25日・26日、8月15日・24日・27日、建仁3年(1203)2月5日、9月2日・6日・7日・10日・15日18巻建仁3年(1203)11月6日・9日・10日、12月1日・3日・15日、元久1年(1204)2月21日、3月15日、5月16日、12月18日、元久2年(1205)1月4日、7月8日・20日、閏7月19日、8月7日、11月3日・4日、12月2日、元久3年(1206)2月8日、建永1年(1206)6月16日、10月20日。19巻承元2年(1208)1月11日、3月2日・3日、7月19日、8月16日、10月10日、12月20日、承元3年(1209)5月12日、10月10日・13日、12月13日、承元4年(1210)6月8日、8月16日、建暦1年(1211)6月7日、7月8日・9日、11月16日。20巻建暦2年(1212)2月3日、3月9日、8月15日。21巻建暦3年(1213)4月4日、5月2日・4日・6日、8月1日・20日、11月10日。22巻建保2年(1214)7月27日、建保4年(1216)3月5日、8月19日、12月13日。23巻建保5年(1217)6月20日、8月16日、9月30日、建保6年(1218)1月15日、2月4日、4月29日、5月4日、6月27日、10月26日(従二位)24巻建保7年(1219)1月27日・30日、2月13日・15日・19日・20日、閏2月29日、3月9日・12日・15日、承久1年7月19日、9月22日、12月17日・24日・27日、承久2年(1220)5月16日、12月1日・15日。25巻承久3年(1221)1月27日、3月22日、5月19日・21日、7月29日、8月1日・7日・10日、10月13日。26巻貞応1年(1222)10月15日・26日、貞応2年(1223)1月6日・23日、2月27日、3月3日、5月5日・18日・19日・24日、6月12日・26日・28日、7月9日・26日、8月27日、9月5日・24日、10月5日、貞応3年(1224)1月4日・5日、5月4日・16日、6月28日、7月11日・17日、閏7月1日・3日・28日・29日、8月1日・8日・29日、9月5日。脱漏元仁2年(1225)1月8日・14日、嘉禄1年(1225)5月1日・3日・29日、6月2日・8日・12日・16日・21日、7月6日・8日・11日(死)・12日・23日、8月15日・27日、10月4日・22日、嘉禄2年(1226)4月4日、6月14日、7月11日、嘉禄3年(1227)2月19日、3月19日、閏3月29日、4月2日・22日、7月11日・25日。27巻安貞2年(1228)2月4日、10月10日、寛喜1年(1229)7月11日、寛喜2年(1230)7月11日。28巻寛喜3年(1231)7月11日・15日、10月16日。29巻天福1年(1233)7月11日。30巻文暦2年(1235)7月18日、8月21日。31巻嘉禎3年(1237)3月10日、4月5日、6月11日、7月11日。32巻嘉禎4年(1238)5月5日、7月11日

北条政子の祖母8巻文治4年(1188)4月23日

北条政範(左馬権助・遠江左馬助)18巻元久1年(1204)10月14日、11月5日(死)・13日・20日

北条政村(左京兆息・陸奥四郎・常陸大掾・式部大夫・右馬権頭)18巻元久2年(1205)6月22日(出産)。21巻健保1年12月28日(元服)。26巻貞応2年(1223)9月16日、10月13日、貞応3年(1224)6月18日・28日、7月17日・18日。脱漏嘉禄1年(1225)5月12日、12月20日。27巻安貞2年(1228)1月3日、7月23日・25日、10月10日、12月30日、安貞3年(1229)1月1日・2日、寛喜1年(1229)3月15日、6月20日、寛喜2年(1230)1月4日・10日、2月17日、12月9日。28巻寛喜3年(1231)1月9日・19日、28巻寛喜4年(1232)1月1日、3月3日、貞永1年(1232)7月15日、閏9月20日、11月29日。29巻貞永2年(1233)1月1日・2日・3日、天福1年(1233)4月17日、5月5日、天福2年(1234)1月2日、3月5日。30巻文暦2年(1235)1月2日、2月9日、6月29日、7月11日。31巻嘉禎2年(1236)1月1日・3日、8月4日、嘉禎3年(1237)1月6日、4月22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日、2月17日・22日・23日・28日、6月5日、9月19日

北条光時(越後太郎)27巻安貞2年(1228)6月26日、安貞3年(1229)1月2日・3日、寛喜2年(1230)1月4日。29巻貞永2年(1233)1月2日・3日、天福2年(1234)1月1日・2日。30巻文暦2年(1235)1月2日、6月29日。31巻嘉禎2年(1236)1月1日・3日、嘉禎3年(1237)1月2日・3日、3月8日、4月19日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

北条光時(遠江式部大夫)31巻嘉禎3年(1237)4月19日・22日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月3日、6月5日

北條宗時(三郎)第1巻治承4年(1180)8月20日、23日、24日(死)、第2巻治承5年(1181)1月6日、4月7日、19日。17巻建仁2年(1202)6月1日

北条泰時(金剛・太郎頼時・修理亮・式部大夫・駿州・武州・左京兆・左京権大夫)12巻建久3年(1192)5月26日。13巻建久4年(1193)9月11日。14巻建久5年(1194)2月2日、8月16日15巻建久6年(1195)8月16日、16巻正治2年(1200)2月26日、4月10日、9月9日。17巻建仁1年(1201)7月6日、9月22日、10月3日・6日・10日、12月3日、建仁2年(1202)8月23日、建仁3年(1203)9月2日・10日。18巻元久3年(1206)2月4日。19巻承元4年(1210)8月16日、11月20日、建暦1年(1211)4月29日、10月22日。20巻建暦2年(1212)2月3日・14日、3月6日。21巻建暦3年(1213)2月1日・2日・8日・16日、5月2日・3日・4日・5日・7日・8日、7月7日、8月20日・26日、9月12日・22日、建保1年12月18日。22巻建保2年(1214)1月22日、3月9日、7月27日、建保3年(1215)1月1日、10月30日、建保4年(1216)7月29日。23巻建保5年(1217)3月3日、4月5日、5月15日、12月25日、建保6年(1218)1月17日、3月24日、6月27日、7月8日・9日・22日、9月13日、12月2日。24巻建保7年(1219)1月27日、3月12日・26日、承久1年7月19日、承久2年(1220)2月26日、12月1日。25巻承久3年(1221)3月22日、5月19日・21日・22日・25日・26日・28日・29日、6月5日・7日・8日・12日・13日・14日・15日・16日・17日・18日・23日・24日・29日、7月1日・5日・11日・12日・24日・25日、8月6日・10日、10月12日・13日・23日、11月3日、貞応2年(1223)1月25日、2月8日、5月18日、貞応3年(1224)6月26日・27日・28日・29日、7月5日・17日・18日、閏7月1日・23日・29日、8月1日・28日、9月5日、10月1日・28日、元仁1年(1224)12月2日・14日・15日・17日・19日・20日・26日。脱漏元仁2年(1225)1月8日、2月21日、嘉禄1年(1225)5月3日・6日・12日、6月2日・12日・13日・21日・26日、9月3日・8日・20日、10月3日・4日・19日・20日・22日・27日、11月8日・20日・22日、12月5日・9日・20日・21日・29日、嘉禄2年(1226)1月1日・9日、2月1日・14日、3月1日・18日・27日、4月27日、6月13日、7月11日、8月1日、9月22日、10月27日、11月4日、嘉禄3年(1227)1月1日、2月8日・15日・19日・27日、4月2日・22日・24日・27日、5月2日・10日・23日、6月18日、7月11日・25日、11月4日、安貞1年(1227)12月28日。27巻安貞2年(1228)1月2日・8日・19日・23日、2月3日、3月3日、4月16日、5月21日、6月26日・28日・30日、7月16日・23日・26日・29日、10月8日・15日、11月9日・13日・25日、12月4日、安貞3年(1229)1月2日・3日・9日・13日・15日、2月11日・22日・23日、寛喜1年(1229)3月25日、4月17日、5月23日、6月27日、7月11日、8月4日・15日・16日、9月9日・17日、10月9日・24日、11月3日・18日・24日、12月10日・17日・27日、寛喜2年(1230)1月4日・10日・26日、閏1月7日・26日、2月6日・8日・19日・30日、3月1日・15日・19日、4月17日、5月5日・6日・27日、6月6日・14日・16日・28日、8月15日、9月18日、10月16日、11月11日、12月9日・25日。28巻寛喜3年(1231)1月9日、3月1日・15日・19日、4月2日、5月17日、6月1日・22日、7月11日・15日、9月27日、10月6日・16日・19日・27日、12月5日、寛喜4年(1232)1月23日、3月3日・9日、貞永1年(1232)5月14日・18日、7月10日・12日、8月10日、9月11日・28日、閏9月8日・10日・11日・20日、10月5日・22日、11月13日・28日・29日、12月5日。29巻貞永2年(1233)1月2日・13日、天福1年(1233)4月17日、5月5日・27日、6月8日・19日、7月9日・11日、8月15日、9月13日・29日、10月19日、11月10日、12月12日、天福2年(1234)1月2日・3日、3月5日・10日、4月5日、6月30日、8月21日、文暦2年(1235)1月2日、2月10日、9月2日、嘉禎1年(1235)11月18日、12月18日・24日・27日・28日・29日。30巻文暦2年(1235)1月2日・21日、2月4日・9日・10日・18日、3月5日・16日・18日・25日・28日、5月5日・27日、6月29日、閏6月3日、7月5日・7日・8日・18日、8月21日、9月2日、10月2日、11月18日、12月18日・24日・26日・27日・28日・29日・30日。31巻嘉禎2年(1236)1月2日・21日、2月1日・2日・3日・14日、3月12日・13日・14日、5月25日・27日、6月5日・11日、7月10日・17日・24日、8月4日・5日・6日、10月13日・29日、11月14日、12月6日・19日・23日・26日、嘉禎3年(1237)1月2日、3月9日・21日、4月19日・22日・23日、6月1日・11日・23日、7月11日・19日、)10月19日。32巻嘉禎4年(1238)1月2日・9日・18日・20日・28日、2月3日・6日・7日・10日・16日・17日、5月5日・11日、6月5日・24日、7月11日、9月1日・13日

北条泰時室27巻安貞3年(1229)2月11日、寛喜1年(1229)3月14日、8月15日。28巻寛喜3年(1231)3月1日。31巻嘉禎3年(1237)12月13日。32巻嘉禎4年(1238)1月20日、2月3日

北条泰時室の母尼31巻嘉禎3年(1237)12月13日

北条泰時息女→三浦泰村妻

北條義時(小四郎、江間・相模守・右京権大夫・奥州・前奥州禅門)第1巻治承4年(1180)8月20日、23日、24日、27日、10月13日、12月12日。第2巻治承5年(1181)4月7日(江間)、寿永1年(1182)11月14日。3巻元暦1年(1184)8月8日。4巻元暦2年(1185)1月26日、2月1日、16日、3月11日。5巻文治1年(1185)10月24日。6巻文治2年(1186)7月19日。8巻文治4年(1188)7月10日。9巻文治5年(1189)4月18日、6月9日、7月5日・19日。10巻建久1年(1190)11月7日・11日・28日、12月1日11巻建久2年(1191)1月5日・28日、2月4日、3月3日・4日、7月28日、11月21日。12巻建久3年(1192)6月13日、8月9日、9月25日、11月29日。13巻建久4年(1193)一月1日、3月12日・21日、5月8日・16日・29日、10月1日。14巻建久5年(1194)2月2日、6日、18日、7月23日、8月8日、閏8月7日、11月10日・18日・23日、12月26日。15巻建久6年(1195)3月10日・12日・27日、4月15日、5月20日、7月9日、8月13日、10月7日。16巻建久10年(1199)4月2日、6月30日正治2年(1200)3月3日、4月10日、5月25日、9月2日。17巻正治3年(1201)1月4日、建仁1年7月6日、9月15日、建仁2年(1202)9月10日、建仁3年(1203)2月4日、4月3日、9月2日・6日・15日。18巻建仁3年(1203)10月8日、11月15日、18巻建仁4年(1204)1月18日・22日、2月12日・元久1年(1204)2月25日、4月18日、9月15日、元久2年(1205)2月17日、6月21日・22日・23日・29日、閏7月19日・20日、8月7日・11日、元久3年(1206)2月4日、3月13日、建永1年(1206)5月6日・16日・21日、10月24日、12月23日、建永2年(1207)1月22日、4月16日、8月17日、承元1年(1207)12月3日。19巻承元2年(1208)7月5日、12月17日、承元3年(1209)3月3日、5月20日、8月15日、10月10日・13日・17日、11月4日・5日・7日・8日・14日、承元4年(1210)1月1日、2月5日、5月6日、6月3日、7月20日、8月15日・16日、9月9日、11月24日、承元5年(1211)1月1日・3日・15日、建暦1年(1211)4月13日・21日、8月15日・16日、10月22日、12月17日。20巻建暦2年(1212)1月1日、2月3日・28日、3月9日、4月6日・8日・18日、5月7日、7月2日、10月11日、12月29日。21巻建暦3年(1213)1月1日・2日・4日・10日・22日、2月15日・16日、3月6日(正五位相模守)、3月9日、4月2日・4日・27日・28日・29日、5月2日・3日・4日・5日・6日・7日・8日・9日・10日・17日、6月26日、7月7日・11日、8月1日・3日・20日・26日、9月12日、10月2日・3日、健保1年12月28日。22巻建保2年(1214)1月22日、2月23日、4月18日、7月27日、9月29日、10月2日・3日、建保3年(1215)1月1日、3月5日、8月22日、9月15日、10月1日・30日、11月8日・24日、12月16日、建保4年(1216)3月30日、5月18日、7月29日、8月24日、9月18日・20日、10月29日、11月12日・24日。23巻建保5年(1217)2月19日、4月17日、6月21日、11月9日・17日、12月24日(陸奥守)、建保6年(1218)3月23日、6月27日、7月8日・9日、8月21日、12月2日・20日。24巻建保7年(1219)1月23日・27日・30日、2月1日・2日・8日・14日・19日、3月9日・12日、承久1年7月19日、承久2年(1220)5月20日、9月25日、12月1日・15日。25巻承久3年(1221)1月27日、5月19日・21日・22日・23日・25日・26日、6月8日・9日・16日・24日、8月2日・7日・10日、9月16日、閏10月1日・29日。26巻承久4年(1222)1月1日・10日・16日、2月12日、貞応1年(1222)5月25日、9月22日、10月15日、貞応2年(1223)1月1日・2日・20日・23日・24日・25日・26日、2月8日、4月29日、5月5日・14日・18日、6月20日・28日、7月25日、8月20日、9月25日、10月4日・6日、11月29日、12月3日・20日、貞応3年(1224)1月1日・4日・6日・15日・21日、2月11日・23日・29日、3月19日、4月27日・28日、5月8日、6月12日・13日(死)・18日・28日、7月5日・17日・18日、8月1日・15日・22日、9月5日、11月18日。脱漏嘉禄1年(1225)5月12日、6月13日、7月23日、嘉禄2年(1226)6月13日、嘉禄3年(1227)2月19日、寛喜2年(1230)6月14日28巻寛喜3年(1231)1月14日、10月25日、寛喜4年(1232)1月5日。31巻嘉禎2年(1236)5月27日、6月5日。32巻嘉禎4年(1238)5月5日

北条義時女→一条実雅室

北条義時妻・姫前(比企朝宗女)12巻建久3年(1192)9月25日

北条義時妾(伊佐の女)16巻正治2年(1200)5月25日

北条義時室(二階堂行政女の女=伊賀女・奥州後室禅尼)19巻承元4年(1210)3月22日、建暦1年(1211)10月22日。22巻建保4年(1216)8月19日。23巻建保5年(1217)2月19日(二階堂行政女の女・伊賀局)建保6年(1218)6月27日、12月2日。24巻承久1年(1219)7月19日。25巻承久3年(1221)閏10月29日、11月3日・13日・23日、12月11日。26巻貞応1年(1222)11月25日、12月12日、貞応3年(1224)6月13日・28日、7月5日、閏7月3日、8月29日、元仁1年(1224)12月24日

北条義時室の母(山城前司藤原行政女)23巻建保5年(1217)2月19日(死在京)

北条相模六郎29巻貞永2年(1233)1月2日

某大夫26巻貞応1年(1222)11月25日

坊門忠清(大納言入道)21巻建暦3年(1213)5月22日。32巻嘉禎4年(1238)5月5日

坊門忠信(中納言・左衛門督・新黄門・新大納言)19巻建暦1年(1211)9月12日、10月20日、11月4日。22巻建保2年(1214)2月10日、22巻建保3年(1215)7月6日、建保6年(1218)12月20日。24巻建保7年(1219)1月23日・24日・27日。25巻承久3年(1221)6月8日・12日・25日、8月1日

坊門親信(中納言)11巻建久2年(1191)12月24日

坊門信清(右馬頭・内府)15巻建久6年(1195)3月9日。18巻元久1年(1204)10月14日、元久2年(1205)3月16日、建永2年(1207)6月22日・24日、7月23日。19巻承元2年(1208)4月27日、閏4月25日、5月26日、7月22日、承元4年(1210)6月12日。22巻建保3年(1215)1月20日(出家)、2月2日、建保4年(1216)3月24日(死)、4月19日、8月19日。23巻建保6年(1218)5月5日

坊門姫(信清息女・御台所・西八条禅尼)18巻元久1年(1204)10月14日、11月13日(御台所)12月10日・22日、元久2年(1205)12月18日、建永2年(1207)1月9日。19巻承元2年(1208)2月3日、3月3日、7月19日、承元3年(1209)12月1日、承元4年(1210)6月12日、8月16日、承元5年(1211)2月4日、建暦1年(1211)5月18日、6月18日、7月8日・9日。20巻建暦2年(1212)3月9日、8月15日。21巻建暦3年(1213)5月2日・6日。22巻建保3年(1215)1月20日、2月2日、6月7日、建保4年(1216)1月13日、3月5日・16日・25日、7月15日、8月19日、10月29日。23巻建保5年(1217)3月10日、5月29日、8月16日、9月30日、建保6年(1218)6月27日。24巻建保7年(1219)1月24日・28日。25巻承久3年(1221)8月1日。27巻寛喜2年(1230)5月21日

坊門姫の乳母23巻建保5年(1217)1月11日

保志黒次郎(小山政光郎従)9巻文治5年(1189)9月20日

保志泰三郎寿永2年(1183)2月23日

保科次郎21巻建暦3年(1213)2月16日

保科太郎3巻元暦1年(1184)25日、

星崎判官代脱漏嘉禄3年(1227)3月24日

細野四郎兵衛尉16巻建久10年(1199)7月26日、8月19日、11月18日17巻建仁1年(1201)9月18日、建仁2年(1202)5月20日、6月25日、9月21日17巻建仁3年(1203)1月2日、9月4日

保土原三郎25巻承久3年(1221)6月18日

堀景光(弥太郎)4巻元暦2年(1185)6月21日。5巻文治1年(1185)11月3日、6日。6巻文治2年(1186)9月22日、29日、

堀助政(四郎)第1巻治承4年(1180)8月20日、24日。10巻建久1年(1190)11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日

堀親家(藤次)第1巻治承4年(1180)8月17日、20日、24日、養和2年(1182)2月15日。3巻元暦1年(1184)4月21日、26日、6月27日。7巻文治3年(1187)11月21日。8巻文治4年(1188)7月10日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻文治6年(1190)2月23日。建久1年9月15日、11月7日。11巻建久2年(1191)2月4日・17日。12巻建久3年(1192)3月20日。15巻建久6年(1195)3月10日。17巻建仁3年(1203)9月5日(死)

堀藤太5巻文治1年(1185)10月24日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日。13巻建久4年(1193)3月13日、5月28日

堀池實員(八郎法師)11巻建久2年(1191)4月30日、5月8日

堀江禅尼10巻文治6年(1190)4月4日

堀川忠親(亜相、中山)3巻寿永3年(1184)2月11日。5巻文治1年(1185)12月6日。6巻文治2年(1186)1月7日

堀川通具18巻元久2年(1205)9月2日

本庄時家(四郎左衛門尉)27巻安貞3年(1229)1月3日。29巻貞永2年(1233)1月3日。32巻嘉禎4年(1238)2月17日

本庄朝次(新左衛門尉)32巻嘉禎4年(1238)2月17日、6月5日

本多次郎9巻文治5年(1189)7月19日

本田近常(次郎)18巻元久2年(1205)6月22日

本間源太17巻建仁1年(1201)9月18日

本間左衛門尉29巻天福2年(1234)1月1日

本間忠貞(太郎左衛門尉)脱漏嘉禄2年(1226)7月1日、9月22日、寛喜2年(1230)1月10日。29巻貞永2年(1233)1月1日

本間信忠(次郎左衛門尉)27巻安貞2年(1228)7月23日、安貞3年(1229)1月15日。30巻文暦2年(1235)2月10日、6月29日。31巻嘉禎2年(1236)8月4日、嘉禎3年(1237)1月1日・11日、6月23日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日・20日、2月17日・22日・28日、6月5日

本間兵衛尉24巻承久1年(1219)7月19日。25巻承久3年(1221)6月20日

本間光忠(四郎・左衛門尉)26巻承久4年(1222)1月7日、貞応2年(1223)1月5日。29巻天福2年(1234)1月1日。30巻文暦2年(1235)2月10日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日

本間元忠(左衛門尉・三郎・式部丞)脱漏嘉禄3年(1227)7月12日(三郎左衛門尉)29巻貞永2年(1233)1月1日、天福2年(1234)1月1日。31巻嘉禎2年(1236)1月1日、嘉禎3年(1237)1月1日、3月8日、4月19日。32巻嘉禎4年(1238)1月1日

本間義忠(右馬允)4巻元暦2年(1185)4月15日。9巻文治5年(1189)7月19日。10巻建久1年(1190)11月7日・11日。11巻建久2年(1191)2月4日。15巻建久6年(1195)3月10日・30日

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system