吾妻鏡入門第五十一巻  

弘長三年癸亥各頁のを押すとこの目次へ戻ります

弘長三年(1263)正月小 垸飯時頼・長時・政村 宗孝親王参詣 鞠奉行 弓始め 読下し完了

弘長三年(1263)二月大 雪で和歌 政村の常盤邸で千首和歌 掛物無点は箸無し 読下し完了

弘長三年(1263)三月小 大蔵薬師堂の修復供養 時頼長野の郷を買い善光寺に寄付 読下し完了

弘長三年(1263)四月大 岩屋堂そばの群盗捕獲 二所参詣 河野経通小侍番帳入り 読下し完了

弘長三年(1263)五月小 二所参詣から帰る 武田七郎次郎鷺を射殺す 地震    読下し完了

弘長三年(1263)六月大 駿河六郎北条有義没 寒くて綿衣着る 上洛の諸役を充てる 読下し完了

弘長三年(1263)七月小 放生会供奉人指定する 500首の和歌を定家の子為家に送る 読下し完了

弘長三年(1263)八月大 大風民家倒壊 放生会 大風被害で上洛延期 大風被害で船難破 読下し完了

弘長三年(1263)九月大   大江政茂卒 切銭の禁止 落雷 金沢流北条実泰没   読下し完了

弘長三年(1263)十月大 二階堂行方中風 権門領は守護に依頼せよ 重時の三回忌 読下し完了

弘長三年(1263)十一月小 清原光定没 時頼重病 二階堂行頼没 将軍妻着帯 時頼没 読下し完了

弘長三年(1263)十二月大 仙洞から使者 後追い出家禁止 若宮大路&荏柄社前火事 読下し完了

吾妻鏡第五十一巻終

欠落 文永元年(1264)
文永元年(1264)四月二十九日 惟康親王 生
文永元年(1264)五月三日 大仏朝直 死
文永元年(1264)七月三日 極楽寺長時執権辞任
文永元年(1264)八月九日 退耕行勇 高野山金剛三昧院別当
文永元年(1264)八月十一日 連署北條政村→執権 小侍所所司時宗→連署
文永元年(1264)八月二十一日 長時 死亡35才
文永元年(1264)十月 時輔六波羅探題南方
文永元年(1264)十二月九日 かん王集 成る 

吾妻鏡入門第五十一巻  

inserted by FC2 system